藤春シェフのヴィーガンバター

先日お会いした際(→エピキュールが6周年)に頂きました藤春シェフのヴィーガンバター。早速家族で試食させて頂きました。

そもそもヴィーガンバターって何ですか?という知識レベルの私なんですが、動物性ではなく、植物由来の素材で作った代用のバターのこと。

ということは厳密にはバターではなく、マーガリンという呼称が正しいのでしょう。(さらに油脂含有率でマーガリンは80%以上のもの、それ以下はファットスプレッドと分類されるそうな)

マーガリンは必ずしも植物性油脂だけではなく動物性油脂を使うものもあるそうなんで、バターの主原料は牛乳、マーガリンは牛乳以外の動物性、植物性の油脂を使って製造したものを広くカバーする名称。

トーストやマフィンに合わせて早速頂くと、しっかりとバターの風味は感じさせつつ、あっさりとして脂肪分は軽く、マーガリン特有の味わいとは全く違う新食感。これは良い。

ヴィーガンといえば、卵や乳製品を含めて一切の動物性食品を口にしない方々のことですが、植物性油脂や植物性の素材しか使っていないこのバターであれば食べられる訳か。

まずは、ヴィーガンというか・・望んでもバターを食べられなかった牛乳アレルギーの方々に楽しんで欲しいと思います。(アレルギーの反応成分は人さまざまなんで一概には言えないのでしょうが・・)

マーガリンで気になるトランス脂肪酸も低くなるよう作られているというので(仕組みは分かりませんが)、何やら身体が喜びそうな逸品です。(→お店のHPから期間限定で販売中の様子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です