2019年6月末迄の読書ログ

しばらく記録がご無沙汰となっておりました読書ログ。ログなんで淡々と。

元外務省の佐藤優さんの自伝研究もここで一区切り。中学生だった佐藤少年も高校、大学を経てとうとう若手外交官に。この先に時系列的には国家の罠、獄中記と続く訳ですから人生分からないものだとは思いつつ、どこかそんな危うさも若かりし日々の中にそのきっかけを感じさせる気もしたのは私だけでしょうか。

なんとなく目に入ったので濫読した幾つか。こうしたタイトルも少し時間を空けて眺めると何となく興味のある分野を反映しています。感情のコントロールに仮想通貨、派遣社員の気持ち・・。

そして、ジャケ買い。問題は何を食べるかではなく、どれだけ食べるかだ・・か。

日本帰国早々にやや長丁場の強制的学びの機会を与えられておりまして、こちらで読了した本達も、順次、頭の整理兼ねログを残していければと思います。

一万冊プロジェクトに繋がるこの読書ログ習慣を廃れさせたくなかったのが、ブログ継続の理由だったかも。

■ 25冊(2019年)
■ 2,240冊(2006年〜)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です