小田原で居酒屋〜小田原バル

日本一時帰国中の小田原遠征(→小田原攻め2018)で、ヒルトン小田原から市内まで出かけて晩御飯を頂いた時の備忘録。

そもそも家族(+私の母親)で居酒屋に出かけるなんてシチュエーションがレアなので、それだけでテンション上がりました。

カラオケを1時間楽しんだ後、お土産の蒲鉾を買ったすぐ隣のこちらのお店に開店と共に飛び込みました。

■ 小田原バル(→食べログHP

立派な箱盛りの刺身、うまし!

料理長渾身の八寸。

八寸というのは先付けの後に出てくる前菜・・ぐらいの理解でいいのかしら、多分。きっと懐石料理のご出身なんでしょうね。

上から順番に飲んでいきます・・

いいですねぇ、金目鯛の頭の煮付け。

そんで〆は焼きおにぎりと雲丹の塩辛のコンボ。

このレベルのお店が食べログ3.0の評価(ごくごく平均)なんですから、日本恐るべし、大迫半端ねぇ(関係ないが)と確かに言いたくなりますね。

これでパフェまで備えているのですからまさに死角なし!

(このお店でも初志貫徹でポテトフライを美味しそうに食べていた米国育ちの次女・・・対照的に全ての料理に箸をつけてみる好奇心旺盛な長女)

日本本帰国の際は是非近いところから家族で少しずつ攻めていきたいと思います、特に海岸線沿い。

「小田原で居酒屋〜小田原バル」への4件のフィードバック

  1. おお、そうだったんですね。失礼しました。長年行ってみたいと思って実現していないので思わずつい(笑)

    1. KCAさん、お気持ちよくわかります!私もdancyuなどで読んでいつかいきたいなーと思っただけで実現していないお店だらけです、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。