ヒューストンでベトナム式ブッフェ

妻が何か美味しい外食がしたい・・というヒューストンではかなり難易度の高いお題を出してきたので、あまりあてもなく家族で中華街(ベルレア方面)へ。

定番の中華の四川料理では娘達が食べることが出来るのが炒飯ぐらいになってしまうので、いつもの香港式の飲茶でもなく、初挑戦のベトナム系のブッフェ(食べ放題)に。

市内に数店舗あるKim Sonの総本山!?(たぶん無関係)

(週末は大人18ドル、子供11ドル、まぁ妥当な線か)

ベトナム料理といえば僕の中では油が少なめな中華料理風が基本、いくつかオリジナルなメニューもありタイ方面の影響も少し受けている、という印象です。さほど辛くもありませんね。

店内は思いっきりどローカルなアジアの大衆食堂という感じで、ここが米国であることを忘れさせます。

調理された魚介があったり・・

鍋用の生の食材があったり・・

娘達はさっそく大好きな炒飯や焼きそば系をまずはゲット。妻は生春巻きやあまり見たことないベトナムの前菜系にトライ。

私は定番の甲殻類からスタート。

麺類も豊富。スパイシーなブンボーフエと魚介うどん風。

この日一番楽しかったのがデザート。ベトナムのローカルデザートであるチェーがあったのです。日本でいうところのあんみつ、ぜんざい的なものでしょうか。

甘く煮た豆や芋、寒天やデザート類を混ぜ合わせ自分だけのオリジナルチェーを作ります。

ココナツミルクを合わせ、お気に入りの味に。

いつもの中華とは目先が変わってとても楽しめたのですが、翌日妻がお腹を痛くするところまでしっかりと再現されていたので、本当にオススメなのかどうかはまだ判断の分かれるところ。

もう少し研究してみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。