NYで本格和食〜ひろ久

5月にNY出張した際、マンハッタンの南、ソーホー地区で本格的な和食を頂く機会があったので備忘メモします。

入り口が全く自己主張していないので最初は軽く通り過ぎてしまいました。かなりの隠れ家的雰囲気です。

(小さな窓から店内の雰囲気を覗くことは出来るので入店は怖くはないですよ)

■ ひろ久(→公式HP

2013年にこちらでオープンしたそうですが、積極的に広告など出されていないので口コミで静かに人気が広がっている穴場なのだとか。店内は大きな木目のカウンターが広がる開放的な空間。あのカウンターでじっくり飲みたいなぁ、、(会食では無理か)

本日はコースを頂きました。(詳細覚えてませんので画像だけ)

焼いた胡麻豆腐に雲丹を載せた一品目から心持っていかれました。あとは冷製のお椀とお造りが美味しかったなぁ。。〆の食事は選択制で焼いた鰻を選びましたが、もう片方のいくら丼にも惹かれました。(両方!という選択はダメか・・)

全体に和食器が美しくまとまっていて素敵。オーナーシェフのご出身の越前焼で揃えられているそうです。そういわれると日本酒や食材なども福井産のラインナップが多かった気が。

こうした正統派の和食がちゃんと評価され、お客が口コミだけで集まるというのがマンハッタンの懐の深さだなぁと改めて感心。大変ご馳走様でした。

ひるがえってヒューストンに高レベルの日本食が今のところ存在しないのは(ダラスにはあるけど)、やはりそこに住む我々(食べる側)の問題でもあるのか、、と。

テキサスサイズに慣れた当地住人からすれば、割烹の一品、一品のポーションの小ささ、繊細さに仰天するでしょうね。(最終的にコースを完食すると結構な量となります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です