下町ロケットとか

池井戸先生、直木賞おめでとうございます。
過去の作品はほぼ目を通しているので嬉しい限り!

下町ロケット/池井戸 潤
¥1,785
Amazon.co.jp

俺達バブル入行組の話は胸をすく爽快さでしたが、今回はバルブの話で読者の心をわしづかみ。中小企業と大企業、夢と現実、意地とプライド、色々なものが交錯するリアルなドラマは読後感が最高です。

あとはいつもの濫読で、最近は小説多目。
そろそろ資格勉強もはじめないとですが。

竜の道〈上〉 (幻冬舎文庫)/白川 道
¥680
Amazon.co.jp
竜の道〈下〉 (幻冬舎文庫)/白川 道
¥680
Amazon.co.jp

名作サンクチュアリ的な表と裏の設定、蘇る金狼的なハードボイルド&アンダーグラウンドな感じ。妻のパパにお借りして一気読み。面白かった小説を回す関係って理想的。

魔王 (講談社文庫)/伊坂 幸太郎
¥650
Amazon.co.jp

伊坂幸太郎さんの作品って何かとても上質。うまく言えませんけど、美味しいコーヒーか、あるいはウィスキーでも手元に置きたい感じ。

九月が永遠に続けば (新潮文庫)/沼田 まほかる
¥660
Amazon.co.jp

デビュー作がホラーサスペンス対象受賞作というので手に取りました。のせられた本屋のポップほどは面白くなかったです、残念。

■ 119/200冊(2011年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。