TOEICと私

TOEICとはかれこれ10年ほど付き合いました。

初めての出会いは22歳の就職前年。


(アタシ帰国子女予定)

内定した会社に受験を強要され1ミリも勉強せずに受けたところ550。

卒業前に2ヶ月ほどNZをプラプラして、就職直後に受けたら630。


TOEICスコアが昇格の条件になるらしいと聞きつけ通信教育教材で

少しやったら入社1年目の終わりに730。

入社4年目の年に数ヶ月海外出張して帰国後に受けたら815。

少し間が空いて入社8年目、それまで3年ほど海外で働いたところ860。

ここまで来たら大台へと一念発起して900超えを目指したのが入社9年目。

ようやく到達した940。それ以来、TOEICは卒業ということで受けておりません。

でも、5年間の予定の米国生活が終わったら(現在2年目)試しに受けてみても

いいかなとも思います。果たして成長は観測できるのか?

英語力(読み書き、話す聞く)の向上も引き続き課題の一つです。

それで結局何が言いたいかと言うと、

先日Unitedに乗った時に地上係員が何か言ってきたから分からず聞き返したところ、

「Do you speck English?」

と言われちゃう辱め。

妻曰く「語学は勉強じゃありません。コミュニケーションが成り立つかどうか。」

・・・はい、精進します。

(非常口の横の席だったので、脱出の際にはサポートして欲しいという例の定形お願いでした。お前の英語こそわからんっーちゅうねんという愚痴も。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です