2017年にできたこと

年末最終日は恒例のできたこと確認。

→2016年のできたこと
→2005〜2015年のできたことシリーズまとめ

一連の年末の振り返りをざっと読み返すだけで過去10年ちょっとの自分の軌跡が一望できる気がします。ブログの毎日更新が習慣化したのは2008年10月以降、来年2018年10月には丸10年の節目。これもしつこくブログを続けていることの効用の一つ。

それでは結婚生活7年目、米国生活4年目を迎えた2017年の振り返り、いってみます。

■ ハーフマラソン初出走

2017年1月のヒューストンマラソン、前年の2016年は5Kの部に出たのですがやや物足りなかったので背伸びして初ハーフ(→ハーフマラソン初出走)。最後の数キロで死にかけました。恐るべしは自重。なのにまた来年1月も参加するとは・・・。そして自重も79→83キロと大幅UP(現時点)。苦しい気づきの機会がやってくること必至です。まさに出ることに意味がある・・自らとの戦い。

■ 公開減量生活2017は完全敗北

年初が80.7キロ&22.8%だったので(→公開減量生活2017)、中長期に1年で1キロ&1%ずつ減らしたいと思い、2017年末は79キロ&22%・・と目標をおいたのですが、日々の体重は日経平均に連動してか、なにやら堅調な動きを示し年末時点で83キロ&24%という恥ずかしい結果に。今は狼中年と言われようが2018年末には78キロ&21%を目標に掲げ頑張ります。

■ 人生45ヶ国目はパナマ

人生45ヶ国目はパナマに初上陸(→45ヶ国目はパナマ)。どれだけ世界がITの進歩で身近になりバーチャルの精度が高くなっても、今しばらくはリアルな体験や感覚を大事にしたいと思います。普段は月一のNYを中心に米国内をウロウロ。でも50州制覇はまだまだ遠い。(→アメリカ何州いけるかな〜21州目

■ ヒルトンダイアモンド&ユナイテッドプラチナ

年間100日以上家をあけ家族には大きな負担をかける生活の結果、手元に残ったものがこの二つ。(→気がつけばダイアモンド〜〜ヒルトンHオーナーズ)(→ユナイテッドの奴隷〜次年度プラチナ維持)出張(仕事)をしんどいと思わないよう自らに暗示を与える小さなアメ(達成感)ですね。小学生の頃、夏休みのラジオ体操に参加して小さなハンコで出席を押してもらうのが楽しみだったのと似ています。

■ 一万冊プロジェクトは150冊

2017年は150冊とやや少な目(2016年に命名→一万冊プロジェクト)。小説とビジネス書の割合はだいたい半々ぐらいか。2018年はそれぞれ100冊で200冊に戻したいところ。地味に裏一万冊プロジェクト(漫画)が確実に進んでいるのが少々悩ましくもありますが、これはこれで評価(全てが良い学び=当たりではないのは活字でも同じですし)。

■ ヒューストン洪水騒ぎ&停電避難

今年は思いも寄らぬ洪水発生(→大雨洪水冠水浸水)からの停電騒ぎで2週間のプチ避難生活も経験。(→やっぱり我が家が一番)軽い不便の中で家族の結束が深まると共に周囲の方々の好意や優しさを体感する機会もありました。

■ 初ディズニーワールド

次女も3歳になったということで、義母(ママ)もお誘いし家族で初めての聖地訪問(フロリダのディズニーワールド)。貯えをきっちり放出しましたがそれだけの価値がありました。(→ディズニーワールド2017まとめ

■ 3度目のディズニークルーズ

そして米国生活4年目にして恒例となりつつある年末のディズニークルーズ。一応予定では年末のディズニークルーズは今回で最後、、のつもりでおりますが、果たして(クルーズ中に気が変わるか?)。2018年はせっかくの米国生活、東海岸と西海岸に家族で1回ずつは出かけてみるつもりでおります。

今年はようやくに5歳下の弟が結婚し家族が増え(→弟の披露宴)、ヒューストンにも一瞬だけ顔を出してくれ(→ヒューストン乗り換えの新婚さん)、ヒューストンへのお客といえば実の母が初めて遊びに来てくれましたし(→北海道の母が初ヒューストン)、友人T家が遊びに来てくれたのも本当に楽しい思い出。

家族皆が健康であるからこそこうして年末の休暇を楽しむこともできるわけで、当たり前のように今ある幸せをしっかりと大事にしなくてはとも思います。

2017年もお世話になりました。2018年もどうかよろしくお願いいたします。

2017年12月の読書ログ

12月は読書冊数こそ少ないものの、とても読み応えのある一冊との出会いがありました。

以前、国家の罠を拝読し気になっていた佐藤さんの若き頃、ソ連時代のモスクワの日本大使館の外交官時代を回想する自伝。とにかく凄味のある方です。

海外で諜報のプロとして目覚め、その後、外務省情報局主任分析官としてまさにインテリジェンスの真っ只中で活躍された方の頭の中はどうなっているんだろう・・・という怖れを感じさせるに十分な作品です。その後の獄中記とも併せ再読したい気持ちとなりました。知的な人ってこういう方なんですね。

そしてこちらも現代の賢者、出口さんの世界史講義。創業したライフネットを卒業し年明けからはAPUの学長に就任です。日経の記事だったかと思いますが、現APU学長の「学者ではないが賢者である」という評が選考理由の全てを物語る・・という下りがとても印象的でした。

幾つになっても文章修行。


有名どころから知らん酒まで結構な種類の日本酒が紹介されています。飲んだことがあるのは3割ぐらいか・・。以前、自分の→好きな日本酒〜まずは5選とまとめた中の山口の五橋以外は載っておりました。(まぁ、どれも有名どころなので)

先日NYで飲んだ佐賀の七田も美味しかったなぁ・・(遠い目)

いずれ本帰国しましたら、こうした本を片手に順次飲んで全国制覇していきたいと思います。(いまや妻も日本酒を嗜むようになったので家でも晩酌で飲めそう)

凄い人の仕事術をTTPするために。

何冊出されても主張は変わらず表現を変えるだけ、ある意味凄いものです。

さて、年内一掃を目指していたKindle内にも残すは中国の歴史小説の上下巻2冊のみ。(こちらはクルーズのお供に)

2017年はこれまでのベンチマークとする年間200冊には届かずの150冊。でも単にたくさん読めば良いという訳ではないのでそこは自然体で。(一定の量から質が生まれることを意識しつつ)

30歳から死ぬまでに一万冊読んでやろう・・という一万冊プロジェクト(→一万冊プロジェクト)は2006年スタート。これまでに丸12年が経過したところで・・2,038冊。もう少しどこかでペースアップして年間200冊ペースにのせていきたい気もしますが、電車通勤がない現在の環境ではまずまずの状況。

さて、来年も読んでいきます。

■ 150冊(2017年)

妻が今年も頑張りました

先週は長女が年内最終登校日。妻がクラスのルームママ(ママ代表)としてクラス単位の終業式パーチーの幹事役を引き受けることに。

クラスの生徒達の親に案内を出し・・会費を集め、先生へのプレゼントを準備し、当日の教室飾り付け、飲み物やお菓子の調達・・・僕なら考えるだけでタスクの多さにへこたれそうですが、、、着々と計画。

 

当日は他のママ達のサポートもあり(特に以心伝心な他の日本人ママ達やこうしたセッティングが得意そうなラテンママ)、参加する生徒とママ達が大喜びするような仕上がりになったとか。

教室内の飾り付けの演出とクオリティには皆大喜び。(確かに我が家にはテーブルセッティング好きな妻が色々買い込んだ色々なグッズがありますからね。。)ペットボトルの水なんかも全てトナカイ仕様にデコったり、これは完全にキャラ弁の国クールジャパン文化。

陸軍あがりの熱心な担任先生、長女曰くゲキコワ・・だそうな。でもうちの娘がよく見てもらえてるのは間違いなく妻のクラスへの貢献の対価の部分があると思います。

長女も母が頑張る姿を間近に感じきっと鼻高々だったことでしょう。週1回はボランティアで学校にも来てくれてましたし。

(次女は年内最終日を風邪で欠席)

なにかと便利な日本を離れ、なにかと不便な海外暮らしで苦労をかけておりますが、自分の得意なことを活かしながら2人の娘の子育てを頑張る妻には頭が下がります。

今年の自らのチャレンジとして設定した日本語教師資格ゲットの為のウェブ講座420時間受講も見事に年内にフィニッシュ。US CPAの通信講座に大枚はたき、その後本受験前に撤退した僕とは大違いの有言実行。(勉強したこと自体はちょこちょこ役に立ちましたが・・→US CPAにトライプロジェクト終了

いやぁ、たいしたものだ。やるなぁ。

妻からするとマイペースでスキだらけな父親・夫の自分ですが・・・自分なりに一歩ずつ前に進めればと思います。

来年も超整理手帳

年末ギリギリとなりましたが、パパ(義父)から娘達への愛情定期便(日本の子供向けTV番組の録画DVDや駄菓子など)に同梱いただき来年用の手帳リフィルを日本からゲット。

かれこれ10年以上愛用しています、野口先生の超整理手帳リフィルとRHODIAのメモの組み合わせ。2009年の時点で既に数年愛用している・・とあるので間違いなく10年以上→超手帳法hiroponスタイル。

最近は仕事のスケジュール管理は職場で共有されているOutlookに完全移行しておりプライベートもこちらにいれてますが、日々のちょっとしたメモや習慣計測はやはり紙の手帳でのアナログ管理がしっくりくるのは昭和の男でしょうか。

8週間(2ヶ月)の予定や過去を一気に眺め渡すことが出来る点はいまだに大きな利点だと考えています。

(それにしても毎年色々出てきますね)

手帳術とは少し違うのですが、2018年は「ゼロ秒思考」で有名な赤羽雄二さんのA4メモ書きを自分の習慣に再導入して、思考の書き出しや整理のスピードアップを進め生産性向上につなげることが出来ないか・・と考えています。

2014年頃に著作を初読みして以来、考えを紙に書き出すことは習慣化していたのですが、赤羽さんが推奨するように毎日10枚とはいってなかったので、もう少し量を増やす一段上のアウトプットにトライするつもり(下準備として一連の著作を再読中)

なにごとも試行錯誤で、朝令暮改を恐れずに。

ディズニークルーズ2017まであと2日〜フィッシュエクステンダー準備完了

これまで90日前、40日前とカウントダウンのブログを書いていて、次が2日前・・というのが我ながら適当でスミマセン。

(今回も専用アプリのお世話に)

前回乗船の1年前からカウントダウン機能しか使えなかった専用アプリ君を携帯内倉庫から一軍に引っ張り出しました。

今回が3回目の乗船となる我が家は前回以上に事前パッキングも始めず余裕ぶっこいておりまして(おそらく僕は前夜に実施)、妻は初めて参加するフィッシュエクステンダーの準備に余念がありません。

フィッシュエクステンダー、Fish Extender(FE)とは、簡単に言うと同じクルーズ旅程の客同士による私的なプレゼント交換アクティビティ・・で、船室の入り口の魚の形をしたフックのところにプレゼントを入れるウォールポケットをかけて行うのだとか。その起源は・・知りません(調べてません)。

妻がFacebookで調べて簡単に仲間に入れてもらうことが出来たそうです。(FB以外でも仲間を募集するサイトがあるようです) 10家族程度で1グループに割り振られるようで、我が家は8家族のグループに。もう既に10グループほど出来ているとか。

(ネットで妻がオーダーしたネーム入りウォールポケット)

各家族の自己紹介や構成を参考にしながら妻が買い込んできた細々としたグッズをそれぞれのプレゼント用にパッキングし整えているのを後ろからそっと眺める私。

(毎度ながら凄い情熱、子供達宛は男女や年齢で全て違う・・)

同じグループの皆さんの船室にプレゼントを配って回るのが今から楽しみです。(配っているのを見つかってはいけない、というルールもあるそうですが、ホントかな!?)

というわけで僕は全くなにもやっておりませんが、妻が楽しみにしているフィッシュエクステンダーの準備完了・・という話でした。現場からは以上です。

シックスポケットどころか

我が家の娘達はモノについては本当に恵まれているなぁ、、としみじみと感じるクリスマス前夜。

クリスマスツリーの下に並びきらないプレゼントの山達。

サンタさんのみならず、両親、それぞれの親達からのプレゼント、叔父伯母、果ては向かいの友人ご夫婦からまで・・どんだけ各地から集まるのか。シックスポケットとはよく言ったもの。

生まれた頃からわりと色々なモノが手に入るのが当たり前だからこそか、あまり一つ一つのモノにはさして執着がないように見えるところは興味深くも。自分の場合はどうだったかなぁ。。(思い出せない・・けど、基本はプレゼントは1つだったと思います)

とにかく将来、お金と上手に付き合える大人に育って欲しい・・という思いだけを深めています。

クリスマスのプレゼントを発見して朝から喜びいっぱいの娘達を見守る幸せ、いつまでも続いて欲しい。

クリスマスディナー2017

今年のクリスマスディナーはおそらく2014年以来二度目の家族だけでのこじんまり夕食。(→クリスマスディナー2014

定番のチキンの丸焼きは今月既に食べてしまったので・・(→家飲み72宴目)方向を変えて久しぶりの手巻きの日にすることに。

Seiwaで1週間前に要予約な69ドルのお刺身セット、本日も見栄え抜群です。これを上手に乗船させるのは僕の仕事。大根のつまと当地では高価な大葉がふんだんに使われているので簡単、簡単。

(ちょっと撮影が逆方向ですが)

本日の妻のテーブルセッティングは間近に迫ったディズニークルーズを意識。。って、どんだけ色々なグッズ(小物)が我が家にあるのか。

(家族で幸せ満点で69ドルとは安いもの・・)

Daidoの方がお刺身が美味しいという噂も聞いたことがありますが・・あちらはもう一段値段が高い印象で検証したことはありません。こうして米国生活でも手巻きを楽しめることに幸せを感じつつ・・・

武蔵小山で贔屓にしていた市場の魚屋のおまかせ刺し盛り三千円の圧倒的なコスパとクオリティをちらりと思い出したりも。。。(→手巻きタワー

いずれまた・・・の日本生活(での食事)を楽しみに、いまは家族で米国生活を満喫していきたいと思います。

ヒューストン近郊のベイエリア〜Kemah Boardwalk

クリスマス4連休は篭って過ごそうと決めた我が家。

篭るといっても文字通り家の中にいるだけでは娘達が暴動を起こしますので1日ぐらいは少し遠出しようかと、友人家族の外出企画に相乗りさせて頂きました。

やって来たのはヒューストンの南東、我が家から車で1時間ぽっきりのKemah Boardwalk。ウォーターフロントの遊園地やダイニングがあるエリア。お台場みたいなところ・・・でしょうか。

■ Kemah Boardwalk(→公式HP

着いた瞬間にお台場から花やしきにイメージを変更。入り口どまん前の駐車場(8ドル)が午前11時の段階でガラガラ。うーむあまり市民には人気ではないのかしら。。

(田舎のアミューズメントパークを彷彿させます)

遊具乗り放題券が大人25ドル、子供20ドルぐらいなのですが、娘達の身長をチェックすると、特に次女ズが殆ど何も乗れないので、園内を巡る列車のチケットをバラ買いして皆で乗ることに。これはオススメです。

(写真スポットもあちこちに)

小さな水族館が併設されており、エイへの餌やり体験をやってみたところ妻と娘が大興奮。そういえば娘達を連れ市内の水族館に行った時にもありましたエイへの餌やり。(→水族館と魔女

二家族でランチをご一緒(別途記事に)、少し遊具で遊んで現地解散。気がつけばお客さんも大分と午後には増えてました。

(湾ではクルーザーやヨットで楽しむ方々も多数)

移動遊園地よりは豪華ですし、最初は軽んじておりましたがそれなりに楽しめる空間でした。(先月のディズニーワールドと比べては間違い・・双方かけている費用が桁違いですから→ディズニーワールド2017まとめ

ゆるやかに糖質制限トライ

公開減量生活で何度目かの糖質制限に、まずはゆるやかに入っていくことを決めました。

83〜84キロという自分にとって人生最大体重ゾーンにここしばらく体重が張り付いて落ちてこなくなった足元の状況もさることながら、今回NY出張で複数名の方に「太った?」「太ったよね」と優しく連呼(かわいがり)頂きました。

ヒヤリ・ハット的にもここらで自己認識と生活習慣を大きく変えなくてはずるずると更に未踏の80キロ台後半に進んでいくこと必至。ただでさえカラダが少々重く、ちょっとジョギングするとあちこち膝や関節が悲鳴上げてますのでリセット要。

今回のNYショートステイは連夜のコリアン焼肉。〆の米や麺を頂かない限りはそれなりに糖質のはず・・・ちょっとタレに砂糖多めかもしれませんが。

糖質制限は、過去2012年に2ヶ月ほど初挑戦した際は80→78キロ(前年2011年に人生最高体重83キロ)、その後は2016年後半に妻が挑戦した際に横で一部併走し84→80キロ弱。好きなものを我慢する精神力が必要ですが、いずれも一定の結果が出ています。

だいたい83〜84キロになると慌てて80キロ切れるぐらいまで痩せる→しばらくするとまた増える→また痩せるのループが、この7年ぐらい、、結婚以来のトレンドです。

数値的には、2017年末の目標が79キロ&22%、同じベクトルでいけば2018年末には78キロ&21%・・となりたい。これから1年ちょいをつぎ込むのに十分な手強い目標です。(目の前の年末目標達成は・・・あと1週間ではさすがに無理と白旗!)

目指せ・・来年こそ、痩せる痩せる詐欺からの脱出!(いや、正確にはこれまでも一瞬は痩せている訳ですから、問題は維持のほうか・・)

そのための仲間(好敵手)作りも着々と仕込み中。

ユナイテッドの奴隷〜次年度プラチナ維持

2017年に続き、翌年2018年も無事にユナイテッドのプラチナステータスを維持することが出来ました。

2017年の実績、PQMは 約8万マイル、フライトは51回、PQDは1万5千ドルでした。あと2万マイル飛べば未踏の1Kですが、これが自分にはやはり遠い壁です。今年は日本に私用で2回飛んでもこの結果なので。

(年内最後のNY出張で虎の子のラウンジ利用クーポン使用)

チェイス銀行発行のクレジットカード、ユナイテッドエクスプローラーで毎年2枚貰えるラウンジ利用クーポンが翌年1月末期限だったのでここで使用。やっぱり小一時間とはいえ落ち着いてフライトを待てる気がします。(やっぱり来年はラウンジへのアクセスをマイルで初購入しようかな・・)

現在ユナイテッドのマイル残高は約15万マイル。これまで妻子の日本帰省でどかーんと消費し、更にダイソンの高級掃除機、アップルウォッチとゲット。色々と使い勝手があって有難い限りです。次はどうしようかと特典の交換リストを見ながら妄想中。

これまで4年間弱を、無印→シルバー→ゴールド→プラチナと順番にステータスの階段を一歩ずつ登ってきた感想として、やはりプラチナになってからの満足度はゴールドよりも一段高い気がします。

なんといっても、プラチナに上がるとグループ1で搭乗出来るようになるので、フライト前後での待ち時間が確実に少なくなりました。

腹の立つことも多いユナイテッドですが(特にサービス)、今年もなにやかにやとお世話になりました。そういえば遅延は当たり前でしたが、今年はロストバッゲージは自分には発生しなかったな、、(乗り換えもないのに荷物無くされていては困りますが、これまで2度ほど)