ディズニーワールド2017まとめ

家族で思いっきり楽しんできました初ディズニーワールドの振り返りもこのまとめで終了です。

<事前準備〜カウントダウン編>

■ →ディズニーワールド2017まで60日

■ →ディズニーワールド2017〜マジックバンド

<旅行〜時系列編>

■ →出発前夜

■ →1日目ポリネシアン着

■ →2日目アニマルキングダム

■ →3日目マジックキングダム

■ →4日目エプコット&ハリウッドスタジオ

■ →5日目帰宅行

今回の旅行を企画したのは5月。そこから実際に予約したのが7月頭でしたので少々アクションは遅かったなと後で反省。11月後半のサンクスギビングというもっとも混む時期、特に飛行機はもっと早く取っていれば時間も良い時間を選べて値段も少し抑える事が出来たはず。(2018年の次のサンクスギビングの予定を早目に家族会議しないと・・)

ディズニー直営ホテルのうちの一つポリネシアンヴィッレジリゾートに今回宿泊しましたが、こちらも予約した時期が遅かったので殆ど他には良さげな選択肢がありませんでした(このホテル自体には大満足)。180日前からレストランの予約が可能となるので目安となるのはそれより前には!でしょうか。

飛行機、ホテル、人気レストラン予約の選択肢が少なかった事を除けば、そこからの手配はほぼ順調。60日前のファストパス+も狙い通りの予約が出来ましたし。

1日3つまで同一パークでの予約が出来るファストパス+。当日に3つを使い切った後もアプリで次の予約が出来るのでうまく活用して待ち時間を少なくすることが出来ました。(かなり習熟)

(ポリネシアンの朝食グリーティングに大満足)

(なにげに料理も美味しかった)

今回お得と聞いていたダイニングプランを付けたのですが(大人一人当たり70ドル/日ほどを先払い)、印象としてはちょっとだけ得したかな?ぐらいです。あとで聞けば、季節によっては限定でダイニングプランが無料で付いてくるキャンペーンがあるので、その時は確実にお得ですね。

(気合いで我が家はテーブル、クイック、スナック、全て残さずポイントを使い切りました・・・)

1日3食ともテーブルプランを選べるデラックスのダイニングプランとする必要は全くないですが(その場合レストランの予約をきっちりとるのが大変、遊ぶ暇もなくなる)、通常プランを選び少し足を出たところを追加で払うぐらいが丁度良いでしょうか。

(毎食クイックメニューというのはちょっと寂しい)

何回も行ける場所ではないという整理でクルーズ並みにドル資金をぶっこみましたが、今回の旅の思い出もやはりプライスレス。コト消費ならぬコト投資。背中を押してくれた妻に感謝です!

あー楽しかった!(妻はなかなか信じてくれませんが、僕は僕のペースで楽しんでます)

ユナイテッドの奴隷〜TSA Preの選考基準は?

TSAことTransportation Security Administration = 運輸保安庁は米国土安全保障省傘下の機関です。2001年9月の米同時多発テロに際して編成され、もともとは運輸省傘下の組織だったものが2003年に国土安全保障省に移管されました。(Wikiより)

公共交通機関の安全を保つことを目的としているだけあって、強面です。空港の保安検査場でやたらと威張っている輩(下っ端)も多いので出張族には要注意な存在、いや、もはや天敵。

このTSAが運営しており多くの空港でも導入されているTSA Preという優先チェック制度があります。事前審査をパスし5年間でUSD 85の会費を支払うことで通常よりもずっと簡便な保安検査で済ませることができるようになるという優れ制度。

但し、申し込み資格が米国市民か永住者に限られており、現在はVISAで暮らす外国人には門戸が開かれておりません。(昔は取れたという噂も聞きましたが??)

ところが利用する航空会社のステータスによっては、個々のフライトでこのTSA Pre資格が当たることがあります。自分の場合はまだ米国生活4年目で2回しか当たったことがないので、はぐれメタルよりも遭遇率は低いという整理。ところが・・・

 

なんでやねん。

今回のフロリダ、ディズニーワールドの旅では他の家族4人は全て行きも帰りもTSA Pre当選。家長であり予約者の僕だけが落選。

年間で往復60回近く飛んでいる私(一応プラチナステータス)をさしおいて、米国国内移動初の妻子達(ママも)が完全に優遇されるという展開。

「パパおそーい」

すっかり保安検査場通過で家族を待たせてしまうというダメな父親ぶりを発揮。こうして事ある毎にマウントポジションを取りに来るユナイテッド。さて奴らが仕掛ける次の罠は何なのか・・・

43歳になりました

ディズニーワールドへの旅行中に43歳になりました。歳は放っておいても自然にとっていくものですが、自らの年齢認識を更新にする際には毎年少々考えるものがあります。

(滞在中のホテルで妻子に祝って頂きました、感謝)

43歳というと53歳まで残り10年。父親が事故で53歳で亡くなったこともあり、自分は53歳を迎えられるのか、迎えられる時はどんな自分になっており、どんな環境なのだろうか、とこれまで良く考えてきました。

27歳の時には大分と遠く感じた53歳も、いまや僅か10年かと思うと両手の指で数えられる期間に。一方で10年あれば娘達も相当成長すると思うと(16歳と13歳に・・想像つかない!)やはりそれなりの時間でもあるな、と。

(重いと思ったら泡白赤の小瓶を妻が荷物に忍ばせてました)

健康、家族、仕事、どれも大事にしながら、妻にきちんと向き合いお互いを理解しあい思いやり、娘達と一緒に成長していきたいと思います。

そう、43歳になっても成長余地を残しまくり。(悲しいかな)

謙虚さをもちつつ、情熱、志をしっかりともった40代でいたい。そのためにはやはり日々少しずつでも成長する必要ありです。

ディズニーワールド2017〜5日目最終日 帰宅行

しつこく時系列で振り返ってきたディズニーワールド2017の記録も5日目の最終日です。

帰宅する際に飛行機を使う場合はオーランド空港からのフライト時間に合わせ送迎バス:マジカルエキスプレスを手配することが出来ます。さて、、ホテルからの指定ピックアップ時間を確認すると・・

朝5時20分・・の15分前までに準備をしておくように・・マ!?

前日22時半に終わるマジックキングダムの花火を最後に砂浜で鑑賞してからシャワーを浴び娘達を寝かせ、なんだかんだ24時を軽く過ぎてから入眠の4時半起床。釣りか・・・(釣りはもっと早いそうですが)

(まだ外は真っ暗)

意外と娘達はしっかり起きてきました。それにしてもわずか1週間前には二人ともインフルエンザ発症で学校を休んでいた訳ですので、よくもここまで体調を回復させ休暇に合わせてくれたものだと、娘達はもちろん、看病と娘達の体調調整を頑張ってくれた妻とママ(ばーば)には大感謝です。

ホテルから空港には40〜50分で順調に到着し荷物を預け保安検査を通過・・・搭乗口の前でかるーくフライト2時間半ほど前。。ディズニーの立場からすると空港にギリギリについてフライトに遅れては責任が取れないということでの時間設定なんでしょうね。

大人でも少々持て余す空港でのこうした退屈な待ち時間を行き帰りの往復(機内含め)でしっかりこなせたのも愛用のDVDプレーヤーとパパ(じーじ)が日本から愛情定期便にて送ってくれる女児向け番組達のおかげ。(ミラクルちゅーんずやソフィア等)

(機内では皆さん爆睡)

行きのようにフライトが数時間遅延するようなこともなかったのでヒューストンとオーランドはわずか2時間ちょっと。普段出張しているニューヨーク、シカゴ、ロス、どこよりも近い距離であっという間にヒューストン帰着。

お昼を近所のベトナム料理ですませ、13時前には我が家へ。やっぱり数日離れるだけで我が家はいいなぁと深呼吸。家族の皆さんには家でゆっくり身体を休めてもらい、溜まっていた仕事の返信を片付けに外出、夕食の食材を買い込んで帰宅。

自ら選んだ食材を好きに家で料理できるというこの幸せ。そんな幸せを感じられることも楽しい家族での旅行があったからこそ、ということなのかもしれません。

これで終わりでもいいのかもしれませんが、ファストパス+と、ダイニングプランを含めた会計編についても近々整理しておければと思います。

ディズニーワールド2017〜4日目 エプコット&ハリウッドスタジオ

ディズニーワールド2017 4日目、テーマパークで遊べるのは最終日。この日は駆け足でエプコットとハリウッドスタジオをチラ見しちゃおうという如何にも日本人的な欲張りプラン。

さらに妻子達は朝からホテルのプールで水遊び敢行(外は涼しいですが水はまぁまぁあったかいので)

少々の自由時間を許可された僕は隣のリゾート(ディズニーグランドフロリディアンリゾート)まで軽くジョグしてから自分のホテルに戻ってきたところで娘達が水遊びしているのが目に入り、

即時合流。

砂場大好き姫。

風邪をひかぬようにと小一時間で切り上げ熱いシャワーを浴びて、さぁエプコット出撃です。

遠くからでもよく見える銀色のゴルフボールみたいなシンボルの下でまずは家族写真。本日は年末クルーズ用に仕立てた家族Tシャツです。(我が家にこうしてディズニーな世界でしか使えない専用服が増えていきます・・最後は寝巻き)

エプコットは未来をテーマにしたパークで、未来的なアトラクションが並ぶフューチャーワールドと、世界各国のパビリオンが立ち並ぶワールドショーケースという常設の万博のイメージなエリアの二つで構成されています。確かに地図を見ると湖をぐるっと囲んで世界各国のテーマ館が立ち並んでいます。我々の最初の目的地は・・ノルウェー館のFrozen Ever After。

アナ雪の舞台は漠然と北欧と思っておりましたが、ノルウェーがモデルなんですね。ノルウェーの自然や建築物がアレンデールの世界観の土台になったそうで、観光や国自体のバリューアップにディズニー作品が一役かっていそうですね。(ノルウェーには昨年初上陸→44ヶ国目はノルウェー

3歳の次女も参加できるのでIt’s a small world的なアトラクションだと思っていたのですが、割と容赦ないスピードで動いたので次女は固まっておりました。

そこからはプラプラと周囲を見ながらの各国食べ歩き開始。

イタリア館周りでジェラートを食べて、

日本館では和食ランチ。

なんともいえず不思議な景色。

いわゆる普通のディズニーのテーマパークとは違う感じですが、もっとじっくり時間をかけて各国がプロデュースするショーや食事を楽しむのも面白そうだと感じつつ、今回は駆け足で一周。

そして一行が向かったのは今回最後の訪問先となるディズニーハリウッドスタジオ、映画をテーマとしたパークです。

いきなり雰囲気がガラリと変わりました。カリフォルニアのショービジネスの本場であるハリウッドがテーマ、それもちょっと古き良き時代?な感じの街並みが再現されています。

Beauty and the BeastのLive on stageを観てきました。今回の幾つか観てきたミュージカル仕立てのショーの中ではちょっと採点辛めです。構成上、まだ村娘の衣装のままで野獣と踊るシーンになるのはやはり頂けず。(その後に王子に戻った野獣とはいつもの黄色のドレスで踊るのですが)

妻に後で聞くと、ドレスが違う・・と3歳の次女がブツブツ文句をいっていたのだとか、怖いですディズニーこだわり家族。

子供達がジェダイの訓練をうけてベイダー卿やカイロとライトセイバーを振り回すアトラクションを食い入るように見守る自分。なんか子供達を見守る親世代の方が興奮している感じがします。うちの娘達はまだ関心がないようですが(妻も)、そろそろStarWars教育もはじめるか・・

パーク内での最後の食事はイタリアンで。

よく遊び、よく食べた丸3日間でした。いよいよ旅も終わりです。そして最後のショーは次女が大好きなアリエルが出てくる、Voyage of The Little Mermaid。

こ、これは素晴らしい。登場人物も舞台上での動きもかなり限定しながらも(何回もショーを繰り返せるように練られてる)、妥協なきクオリティ。そしてアリエルもめちゃ美しい。

もちろん広大な4つのテーマパークのショーやアトラクションを遊び尽くした訳ではありませんが、それでも3日間でググッと濃厚に楽しめました。

さてあとは明日帰宅するのみです。

ディズニーワールド2017〜3日目 マジックキングダム

ディズニーワールド2017 3日目、この日は旅の2つ目のテーマパークに向かう日。マジックキングダムはウォルトディズーワールドの最初のテーマパークで、開園は1971年。(カリフォルニアの元祖ランドは1955年!)

さぁ突撃・・・の前にホテルリゾート内でキャラクター朝食。

娘達が朝から大喜び・・・!と思わせておいて、

本当に喜んでいるのは大きな娘さん達でした。。

妻曰く、ミッキーをはじめとするキャラクター達は本当に自分達を好きなファンを正確に嗅ぎ分けられるとかで、確かにわざわざ妻を踊りに誘いに来たりマメでした。(僕のところには特に来ない)

そして軽く小雨も降る中でやってきたマジックキングダム。シンデレラ城を見ると我らが東京ディズニーランドを思い出しますね。(ママと妻は開園以来通い続けて現在に至るそうで)

この日はプリンセスグリーティングが主なテーマ。

ティンカーベル・・

ティアナ・・

ラプンツェル・・

年末のディズニークルーズでお会いできるであろう人気の大御所(シンデレラ、アリエル、ベルなど)避けつつの玄人セレクション。なにが玄人なのかというツッコミは置いておきつつ、ティアナが素敵で惚れ惚れ。

あとは14時のパレードのレベルがさすがに高くて興奮。ダンサー達の踊りの質が高かったのはもちろん、実写版プリンセス達がハズレなしの美しさ。気のせいか、エルサとアナは少し抑えめだった気も。(流石にアレンデールの姫達は新興扱いか)

そういえばティアナはいましたが、ポカホンタスはいたかなぁ。。どちらも地元、米国出身・・のはず。

まんまと長女の初ジェットコースター系デビューとなるSeven Dwarfs Mine Trainにも誘い出して充実の1日。最後は皆でIt’s a small worldで〆ました。

それにしても24時まで開園とは、まさにシンデレラタイム。

ディズニーワールド2017〜2日目 アニマルキングダム

ディズニーワールド2017 2日目、いよいよテーマパーク突撃です。4つのパークのうち最初に選んだのは・・

アニマルキングダム!

4つのパークの中では最も新しいパーク・・といっても開園は1998年ですからもうすぐ20年選手。私の社会人歴と同じ。

本日は気合を入れてこの旅のために妻が作成手配したお揃いの名前入りTシャツで。いかにもおのぼりさんな感じですが家族・親戚一同で揃いのTシャツを仕立てているグループ沢山。これが普通なのか・・・(ディズニーマニアの中では)

マジックバンドとパークチケットの紐付けがうまく出来ていなかったようで少し手間取りましたがなんとか入園。

途中で朝の腹越しらえをして向かったのがFestival of Lion Kingという30分のブロードウェイばりのミュージカルショー。これがとにかく素晴らしかったです。

(次女が目の前にライオン!ライオン!と大興奮)

(前日ショーに引き続き歌も踊りも最高レベル)

ファストパスをとって並んだので本当にかぶりつきな距離の席でホンモノを楽しむことが出来ました。これは必見では!

続いてKilimanjaro Safarisへ。ジープに乗って広大なパーク内で暮らす動物達を観て回ります。これは正直巨大な動物園のオリの中を走り回るようなものなので、好き好きか。

よくもまぁ、これだけ多種多様な動物をこの中に集めたものだ・・という点では感嘆に値します。ゾウからライオンまで本当に一通り揃っています。

(長女にフェイスペイントを施してもらいました)

途中ランチを食べ、Finding Nemo the Musicalを鑑賞。こちらも40分ほどのミュージカルですがかなり力の入った仕上がり。特にニモのお父さんを演じた役者さんが素晴らしかった。

いわゆる普通のアトラクションにも乗りたくなったので妻に次女をお願いし3人でKali River Rapidsという急流下りに。見事にずぶ濡れとなり皆で大騒ぎ。(そして妻に怒られました)

(風邪を引かぬよう長女とママは新しいTシャツを現地調達)

映画アバターの舞台となったパンドラエリアはまだ激混みでしたので今回は見送り(基本、ファストパスなしで並ぶぬは無しというマイルール)本日は夕方にスプリングスというショッピングエリアへ移動。

夕食前に妻とママには1時間ちょっとショッピングも楽しんでもらいました。僕は疲れて膝上で眠る次女を抱え長女と水辺でポケモンGO。コイキングのアメ、いつになったら400個たまるのでしょうか。

こうしてあっという間に2日目終了。さて明日も朝から思いっきり遊ぶので夜22時からの対岸の花火(マジックキングダム)をホテルの部屋からみたら寝ないと!

ディズニーワールド2017〜初日ポリネシアン着

これから数回に渡り家族で大満喫してきたディズニーワールドの旅の思い出を振り返り&メモさせて頂きます。まずは時系列でざっと全体をまとめ、そのあとは個別にダイニングプランやファストパス+など気になった仕組みの部分の備忘録を残すことで。

さて、待ちに待った旅行初日、我が家を9時過ぎに出る少しゆっくり目の流れでホリデースタート。荷物は大きなトランクが2つに機内持ち込み2つ。

順調にチェックインからの保安検査を抜け12時出発の機材に乗り込んだのですが・・

ここでトラブル。機体不良・・・?とかで再度乗客が全員降ろされ、結局3時間ほどフロリダ・オーランドの到着が遅れることに。さすがユナイテッド、オンオフ問わず安定の低クオリティです。

(自宅出発から計9時間超かけてオーランド着・・計6時間で来れるはずが。。。)

空港からはマジカルエクスプレスというディズニー側が用意してくれる送迎バスでホテルに向かいます。日本をはじめ世界各地から集まった家族連れがここに集結。あとはバスで小一時間。

ようやく! 19時半にディズニーポリネシアンビレッジリゾートに到着。湖沿いに建てられたリゾートで、対岸にはマジックキングダムのシンデレラ城が望めます。

今回4泊お世話になる部屋はクィーンベッド2つにエクストラベッドを入れたタイプ。メインの建物の周囲には低層の客室棟が複数広がっており、プールやマリーナ、ビーチなどがリゾート敷地内には点在。

休む間も無く初日の唯一の予定である、Disney’s Sprit of Aloha Dinner Showへ。晩御飯を頂きながらハワイやタヒチなどポリネシア各地のダンスショーを楽しんじゃいましょうというご機嫌な内容。フラダンサーなママがきっと喜ぶはずと予約しました。

ダンサーの方々のクオリティはこれまで幾つか見てきた中でも最上級。ダンスそのものは勿論、容姿スタイル共に大したレベル。

さらに観客参加型で楽しめる部分もある良い構成。さすがのディズニークオリティなエンターテイメントに家族興奮。

もっとディズニー色を全面に出してくるかと思ったのですが、スティッチの曲がラストにあったぐらいで、ほぼガチ。それだけ演目に自信があることの表れか。(モアナのテーマ曲もプログラムに加えて欲しいなぁ、、ダンスじゃないけど。。)

よし、明日から丸3日間遊び倒すぞぉ・・との気合を入れ直し初日終了です。

ディズニーワールド2017〜出発前夜

いよいよサンクスギビング休暇突入間近、今年は初めてのウォルトディズニーワールド(WDW)、聖地巡礼です。

(ネット上には何でもありますね、、妻が旅のしおりを製本)

公式アプリ、My Disney Experienceを携帯にダウンロードすると事前に予約しておいたファストパス(1日3つまで)の変更(modify)が出来るそうで、妻がレストランの予約変更と併せ細々とした調整を出発直前までしておりました。

今回は通常のダイニングプランを、ホテルとパークチッケトと共に選択しているのですが、レストレンのランクによってはテーブルサービスポイントが2食分必要なものが含まれており、全体を再精査。

通常のダイニングプランに含まれている、1泊あたりテーブルサービス1食、クイックサービス1食、スナックまたはドリンク2つ・・という基本条件で出来るだけ全行程を過不足なくカバーできるように細かな見直しを妻がかけておりました。

僕も普段の自分一人の出張とは勝手が違うので、飛行機に乗る際の娘達の身分証は・・パスポート、僕と妻は米国の免許証でOK、、飛行機、オーランドからの送迎バス(マジカルエキスプレス)は予約済み、、というように全旅程を再チェック。

横ではもはやテンションあがりまくりの娘達が自分たちのリュックを背負って駆け回り大騒ぎ、なかなか直ぐに寝付きませんでした。まさに遠足前夜。目を離したらいきなり次女が持っていくはずのお菓子食べだしてるし・・

それでは、本日から4泊5日行って参ります。

いよいよ公開減量生活2017も崖っぷち

いよいよ公開減量(できていない)生活2017も最終コーナー。

ほれぼれするほど痩せておりません。米国で美味しいものを探求する機会を日々探しながら、ごくたまに減量記事を書き流す程度の習慣と覚悟では当然か。

(16オンスステーキの後にデザートも食べられる男に進化)

ここのところ遺憾ながら我が体重は82〜83キロで高位安定、81キロの入り口に戻せない日々が続いています、しんどいなぁ。。じわじわと基礎代謝が落ちていそうです。

この2年ほどの平均体重推移を眺めると2016年後半で下がった分を2017年は明らかにV字回復するトレンド。回復しなくていいっつうの。。

(赤線は2017年末に目標としていた79キロ・・離れていく)

昨年12月を底に見事に右肩上がりに自重が増えております。

サンクスギビングの聖地巡礼(WDW訪問)のあとは、年末のバハマ遠征(クルーズ)でディズニーのダイニング攻撃が控えており、出発までに出来るだけ体重を落としておくとすると、12月前半のNY出張がやはり最大の鬼門か。

5Kランの出走実績は、10月が4本、11月が3本・・・ゼロよりはマシですが、、という状況。やはり昨年後半の方が真面目に走っていたのがしっかり体重推移の結果にも現れております。

膝を守る為にハーフマラソン前にもう少し軽くならねば!