泊まればMIYAKO

先週は米国赴任以来、2回目となる貴重なLA出張。

以前から噂を聞いていたMIYAKO HYBRID HOTELに宿泊することになりました。UBERで空港(LAX)より向かった先は果たしてどんなホテル!?

IMG_7005

(ほぉ、なかなかシックな雰囲気の部屋構え・・)

IMG_7006

(な、なんとカーテンを開けるとそこに日系スーパーMITSUWAが)

きっと近所にあるんだろうなぁ・・ぐらいに思っていたMITSUWAがまさかの徒歩圏、というか直ぐ裏に。(→日系スーパーよ、早く来い

大TOYOTA様のテキサス・ダラス移転に伴う日系民族大移動の中でいずれは閉店されTOYOTAを追いかけるのでは?という噂のMITSUWAですが、当面はまだこの地(トーランス)に居残るご様子。(場所はいずれ移転するという話も)この立地は凄いインパクト。

さらに嬉しいサプライズがこちら。

IMG_7003

(日本的な深いお風呂と洗い場)

基本的に秒速行水派な自分ですが、たまには湯船で足を伸ばして風呂に浸かってみたいと思います。(米国式な浅い湯船では全身を浸けようとするとほぼ溺れる寸前の体勢になるので危険です)洗い場で座って体を洗うのもいつぶりでしょう。

住めば都、なんて言葉がありますが、泊まればMIYAKO。これは日本人としては抗しきれない魅力です。

こうして来年度のシルバー資格は確定したものの、その後は停滞中なヒルトンHオーナーズ〜ゴールドへの道プロジェクト(年間20回宿泊 or 40泊)がまた一歩遅れるのでした。

米国生活で電気が止まる?

電気料金を滞納して電気を止められる期間って日本だとだいたい3ヶ月ぐらいらしいですが(遅収の期間を過ぎてから2ヶ月程度が目安?)、米国で未だに信用状態が低い外国人の自分の場合はもっと短期間のようです。

IMG_6588

(娘達よ、甲斐性のない父親でスマン)

自動支払いでクレジットカード払いを設定して2年弱、今迄なんの問題もなかったのですが、先月末になぜかカードが使えず不払い。即ワーニングレター発信。このレターが発行されてから10日以内に支払いしないと電気を止める、との厳しいご通達。(もう3日ぐらいしか残されていない!)

封書は僕が中身を確認して選り分ける役なので、平日出張で家をあけてる場合は週に一回程度の頻度での確認。直ぐに気がつかなければ、あやうく留守中に電気が止まるところでした。(もっとちゃんと連絡して欲しいもの、メールも来ていないし。)

暑い時期に空調が止まると大変ですし、夜、明かりがないと現代人家庭ですので困ります。慌てて支払いを別カードで一旦かけて一安心。・・というところで気が付きました。

■ 連続期限内支払い記録が消えた

Bounce Energyという会社と自分は電気供給の契約をしているのですが、毎月支払い期限内に料金払い込みを継続していると節目節目で何かしらの特典があるのです。あと5ヶ月で、連続24ヶ月期限内支払いでの1ヶ月電気料金フリーを目前にしての権利失効。

電気料金は月に80〜100ドルですからこれは勿体無い! ということで早速カスタマーサポートに、「ムキキーーー」という思いを冷静に英語でしたためてメールをしたところ(毎月の自動支払いを設定しており、このクレジットカードについては他の支払いでは問題が起きていないにもかかわらず今回突然に不払いだと整理されるのは甚だ遺憾である、うんぬん。)、1週間ぐらいしたところ、何の返事も無く継続記録が復活しました。

IMG_6896

何事もゴネテみるもんだな@アメリカ(あるいは世界中)。

こうして少しずつ日々鍛えられています。

NYの老舗ステーキハウス〜ピータールーガー

NYの老舗ステーキハウス、Peter Luger Steak House(ピータールーガー、通称ピールー)。熟成肉で名を馳せて、全米一のステーキハウスに過去に選ばれたこともある名店中の名店な老舗です。(→お店のHP

IMG_6965

こちらで修行した方達が六本木にも進出したウォルフギャングや、先日訪問したベンジャミンなどを開店していることでも有名。(→NYでステーキ〜ベンジャミン)寿司屋や蕎麦屋で修行するのと同じ感じでしょうか。

IMG_6957

ブルックリン本店にはまだ一度も行ったことがありませんが、ロングアイランドの支店は比較的予約も取りやすいので何度も足を運んでいます。(たいがいは遠方からのゲストをご案内する機会に同行)

IMG_6958

NYではたいがい僕にはオーダー権が無いので他のメニューを試せて無いのですが、前菜はトマトとオニオン、ベーコン厚切り、シーザーサラダ、そして人数分ちょいマイナスの名物ステーキをドカリと頂くのが定番です。サイドはクリームスピナッチ、アスパラ、ジャーマンポテト。

IMG_6959

(本日は8人だったので、この3人前を2オーダー)

しっかりと熟成させた肉を、表面が少しカリッとするまで焼き上げたっぷりの肉の脂を流したお皿と共に熱々で出してくるスタイルです。ヒューストンで行っているステーキハウスとはかなり違うスタイル。かなり噛みごたえがありますが、旨味ばつぐんです。

IMG_6960

(中心はしっかりミディアムレア)

ここでやめておけば増量もさほどではないと思うのですが、そこはゲストおもてなしのエンターテイメントの一環としてのデザートオーダー。

IMG_6962

(大量のホイップサービス、これがまた美味しい)

IMG_6963

(奥のグラスが名物ホーリーカウ。ホイップサンデー的な)

そもそも中年男子のつどいでデザート頼んでいる場合じゃないと思うのですが、やっぱりアメリカのステーキハウス名店で楽しんでもらうには、巨大なデザートもアトラクションのうちなのです。

マンハッタンに比べると少々ワインなどはリーズナブルでお一人様150ドルほど。ニコニコ現金会計ですので、そこは注意が必要です。

娘達が肉食に目覚めたら、家族連れで来たいお店です。

ロングアイランドで和食〜NAGASHIMA再訪

NY州ロングアイランドでお気に入りの和食店NAGASHIMAを再訪した際の記録。前回から1ヶ月ぶり。(→NYで海鮮ちらし〜NAGASHIMA

本日は米人同僚の皆さんと一緒に訪問。

日本通のJが「日本食のお店だと、メニューの中身も名前からは想像つかないし、どうやって頼んでよいのか分からないんだよね。」という、もっともな疑問をぶつけて来たので、必殺技の一つを伝授しました。

題して・・「TAISHO, OMAKASE!」です。(それか、、と)

果たして本日の効果は・・

IMG_6929

(きぬさやをさっと炒めた突き出し)

IMG_6930

(ワカメの酢の物)

IMG_6931

(さわらのタタキ、サラダ風)

IMG_6932

(オクラと紫芋の天婦羅)

本日の日本酒は大将オススメの・・獺祭、磨き3割9分。

IMG_6934

(随分値段もおまけして頂きました)

IMG_6935

(タコワサ、いぶりがっこなどの酒のアテ)

IMG_6936

(NAGASHIMA名物、大将のおまかせ海鮮ちらし)

IMG_6937

(デザートまで)

結局、その日の仕入れの食材の良し悪しを知っているのは大将だけですので、おまかせにして舌も財布も任せるのが一番。メンバーに致命的な好き嫌いがある場合は伝えますが、普通はざっくりと構成のイメージを伺うだけで十分。(あと値段も)

本日のお会計はお酒も含めて一人100ドル。料理だけだと70ドルぐらいかな。地元であがったというサワラが美味でした。英語だとspanish mackerelだったかな。

次回こそは大将のお話を肴にカウンターで飲みたいものです。グループで行くとなかなか食事に集中出来ないので。

裏庭菜園2016

昨年の失敗に懲りず、今年もやります裏庭菜園2016企画。

昨年は初トライでしたが、茄子は不調、トマトはほぼ全滅、オクラは大豊作、唐辛子はボチボチという結果に終わりました。

背の高い野菜を育てるのは大変だということは学習できたので、今年は初心者にも簡単そうなハーブ系に絞って挑戦することにしてみます。(妻からは、また今年もやるのぉ?という疑念を示されながら)

IMG_6886

まずは雑草だらけの裏庭スペースを耕し、食べれない雑草達を土中から除去するところより。なぜか次女が大張り切り。

IMG_6887

こうして土起こしををして1週間もすると畑中の余計な登場人物をかなり減らすことが出来ます。そして近所のホームデポに苗その他を調達に。

IMG_6991

(最近ホームデポはご無沙汰ですが、昔は良く通ったなぁ)

IMG_6992

(本日の調達グッズ)

大きなショベルに、栄養満点の追加の土、固形肥料、そして肝心の苗達。ハーブの中でも、用途が多そうなバジルを4株、ミントを2株、そしてハパロネ(唐辛子)を2株という選択にてスタートしてみます。これでしめて30ドルほど。

IMG_6997

(こんな感じに区分けして苗投入)

長女が学校から持ち帰ってきたイチゴ苗も一緒に植えてみましたが、なんと数日でお陀仏に。ちょっとまだ寒すぎたのかしら。すみません。。

この裏庭菜園が順調にいけば、今年は自家製バジルでのジェノベーゼ、自家製唐辛子でのペペロンチーノが調理可能となります。あと自家製ミントのモヒートも供給可能に。(既に初期費用で30ドルほど投下してしまったので取り返すのは大変そうですが、成長過程も含め楽しみ。)

願わくは娘達に植物もたくましく成長する姿を体感して欲しいと思いますが、果たしてそううまくいくかしら。

家飲み37宴目〜おうちカクテル

ヒューストンでの家飲み37宴目は近所の先輩ご家族と、赴任してきたばかりの単身の後輩を栄養補給にご招待。

IMG_6984

IMG_6977

(本日の妻のテーブルセッティング)

人参があったので、農場?と聞いたら、イメージはイースターだったということで妻に叱られました。

IMG_6978

(子供達は定番の自家製ピザ作り体験)

IMG_6981

(前菜でYさんに持ち寄って頂いたサラダと枝豆冷製スープ)

IMG_6982

(妻お得意のローストビーフと奥は煮豚)

単身で家族に先行赴任しているKさんの奥様とうちの妻が乳児の渡航前の注意などをメールでやり取りしており、好きなものは唐揚げという情報を事前に入手。

IMG_6983

(本日も1.5キロほど揚げました、ザンギ=鶏唐揚げ担当)

下味をつける醤油にんにくダレが濃すぎて、ちょっとしょっぱくなってしまいました、いかんいかん。実は日本酒が途中で切れてしまったのが原因。(せめて水とホンダシでもいれて濃度を調整すべきでした)

焼酎を持参するよと言っていたZさんですが、前夜に飲んでしまった・・とかで、かわりに持参したのが段ボール一箱。なんと中には各種スピリッツが詰まった出張カクテルセット。大学生の頃にシェイカーを振っていたのを最近再開させたのだとか。

IMG_6989

(いろいろ作って頂きました、これはダイキリ)

我が家にも一応シェイカーはあるのですが、ながらく稼働していません。まずは家に基本のスピリッツやソーダ、トニックウォーターなどを揃えるところからでしょうか。カクテル、実は結構お金がかかる娯楽ですね。

デザートはYさんお手製のプリンとコーヒーゼリーを皆で美味しく頂きました。長女はお兄ちゃんとたっぷり遊んで頂き大満足。

IMG_6986

(最後に記念撮影、パチリ)

■ 家飲み食堂☆ヒューストン・・37宴目

リトルジムのリトルダンサー

友人O家のHちゃん誕生日会でも利用した近所のリトルジム。(→リトルジムで誕生会) こちらのダンスクラスを妻が見学したところ雰囲気がよかったというので、長女が入会して先月から通っています。

IMG_7101

毎週1回1時間のクラスで月謝は86ドル。次女のGymboreeと奇しくも同額でした。

IMG_7102

ダンスといっても、30分は体操(リトルジムですし)、残りの30分でバレエとタップをやるそうです。バレエについても、以前に通っていた地元コミュニティのバレエクラスよりもずっと内容はしっかりした感じ。なんといっても長女が楽しそうなので通わせて良かったです。

IMG_6511

(1時間、次女と一緒に待つ妻がきっと大変。。)

自分の場合、初めての習い事ってなんだったんでしょう。小学校の低学年の春休みに通ったスイミング、次いで冬休みに通い詰めたスキーかな。何か他にもあったような気がしますが、もはや思い出せません。

妻はジャズダンスを小さい頃から習っていたといってたなぁ。踊る楽しみを小さい頃から知ってるなんて、いいなぁ。

IMG_6510

(次女も早くお姉ちゃんと同じことをしたくてたまらない様子)

ニューオリンズ〜Superior Seafood & Oyster Bar

先日のニューオリンズ(NOLA)出張時に発掘したオススメレストランを一つご紹介。

Superior Seafood & Oyster Bar (→お店のHP
4338 St Charles Ave, New Orleans, LA 70115
(504) 293-3474

ニューオリンズ名物と云うと魚介や肉を使った米国南部伝統のケイジャン料理、あとは米国ガルフ産の生牡蠣が定番です。(→こんな感じの食事

IMG_6822

(シーフードガンボ)

どこのお店に入っても頼んでしまうのがガンボというスープ料理です。肉または魚介でしっかりと煮込み、野菜も入り、とろみがついているがの特徴です。とろみについては、オクラを使う場合と、サッサフラスという植物の葉の成分を使う場合があるそうですが(Wiki調べ)自分はオクラを使ったものが好きです。

お店によっては味付けがかなりスパイシーだったりもしますが、ご飯が添えられ、ちょっと西洋的雑炊な佇まいで日本人テイストにバッチリ合うので出張者にも好評です。

IMG_6823

(シーフードパスタ、麺の茹で加減良し)

これまでNOLAだけで10店舗以上の各店自慢のガンボを食べてきましたが、Superior Seafoodのシーフードガンボはかなりの高レベルと感じました。今回出張では他にも三店舗でガンボを食べましたが、それらよりは上。

IMG_6760

(フライドオイスターサラダ@LUKE、ヒルトンホテル横)

IMG_6842

こちらはガンボ、エトフェ、ジャンバラヤの地元名物三種盛り合わせですが、如何にも観光客向けですという感じが丸出しの凡庸な味。痛恨の店選び失敗です。だいたい街の中心部の大通りの路面店で当たった試しがありません。

ガンボはまさに米国南部の歴史そのもので、フランスのブイヤベース、地元インディアンが持ち込んだ魚介、そして西アフリカからの奴隷達が持ち込んだオクラ、それらが渾然一体となって見事に新しい料理の形と事例だと思います。(人種のるつぼ=メルティングポット的な)

ヒューストンでステーキ〜Taste of Texas

ヒューストンのステーキハウス、個人ランキングTOP5に入る一店がTaste of Texas。予約を取れないところが難点ではありますが、カジュアルで陽気な雰囲気とリーズナブルさでいけばほぼTOP。

Taste of Texas (→YelpのHP
10505 Katy Fwy Houston, TX 77024

多少の待ち時間が苦にもならない若手の出張者などはほぼこちらに案内しております。

IMG_6904

IMG_6905

(店内はウエスタンな雰囲気でいかにもテキサス)

このお店はサラダバーがあるので、ほぼ前菜は頼まず、まずは日頃不足しがちな野菜を思う存分食べるところからスタートします。最近アメリカで人気だというキヌアのサラダなんかもありますので女性も楽しめるのでは。

IMG_6908

(ランチドレッシングはカロリー高いかもですが)

そして肝心のステーキですが、基本はリブアイ一択、ただし最低16オンスからのオーダーというところが如何にもテキサス。(16オンス=1ポンド=約450グラム)

勿論、脂っ気なしのさっぱりフィレや、NYでは人気のサーロイン、巨大なトマホーク、ポーターハウスなども各種ございますのでご安心を。

IMG_6909

(リブアイ突撃前のT君の勇姿)

IMG_6910

(私は16オンスのフィレをオーダー)

IMG_6912

(フィレを2オンスほど彼に分け与えました)

さて、人生初めてという18オンス=約500グラムのステーキとの死闘がスタートしました。(私は14オンスのフィレをかるーく完食)

(15分経過)

美味しい、美味しい、と食べていた彼の動きが止まります。

IMG_6921

(あと3口ぐらいなんですけどね・・・)

IMG_6922

(天を仰ぐ・・まるで東京テレビの大食い選手権。目が少々うつろ。)

IMG_6923

(一気に畳み掛けてフィニッシュ、男を見せました)

これは米国で言うところのフーハラ(フードハラスメント)ですね。(本人の意思を無視して無言で食べることを強制)

そこで間髪入れずにデザートをオーダー。女性なら喜ぶかもしれませんが、果たして男性の場合は・・

IMG_6924

(お店自慢のキーライムパイを前に嘆息)

という訳で画像を並べるだけで胸焼けしそうなテキサスのステーキハウスですが、意外にも翌日はわりとサッパリ。病的な脂ののり方がないからであろうと推測しております。意識して炭水化物(イモやパン)も摂取しておりませんし。

ちなみに個人的HOUSTON TOP5の他のステーキハウスと言いますと、PapasSteakhouse、Brennan’s、Del Frisco’sなどです。(最後の一つは絶賛捜索中!)Perry’sのポークチョップもなかなか迫力があります。でも出来れば何店舗もあるチェーンは避けたいところ。

たまにゲストを案内するぐらいの機会であれば、今の手持ちでも十分かなと思いますが、どうでしょうか。

あとは我が家の裏庭ステーキハウスのレベルをあげたいところです。赤ワインの原価を抑えられますし。

ヒューストンの日系スーパー〜Seiwa Marketはまだか

首をながーく、ながーくしてオープンを待ち焦がれておりますヒューストンの新しい日系スーパー開店。(→日系スーパーよ、早く来い

正式名称はSeiwa Market。(→お店のHP

お店のHPのアナウンスを見る限り、LAにCOSTA MESA店(一号店)を4/1にグランドオープン予定とありますので、こちらが無事に軌道にのってから二号店のHOUSTON店の開店準備に本腰を入れられるのではないかと想像します。これでは春が過ぎてしまうじゃないですか。。

IMG_6973

開店準備の進捗をパトロールしてきました。

内装工事はまだまだ進んでおりませんね。冷蔵庫や陳列棚の什器の搬入はまずは内装が完了してからでしょうか。おじさんが一人だけ黙々とペンキで天井を塗っておりました。一人と言わず十人ぐらい投入して欲しい。

IMG_6975

(開店直前のCOSTA MESA店の画像の雰囲気に到達するにはまだまだ)

この感じでは早くても5月か6月か。。(登録した顧客メーリングリストも配信されず、明確なグランドオープン時期には言及なし)

あと気になるのが、Seiwa Market HOUSTON店が併設するというフードコート。HPでは、カレー、牛丼、鳥唐揚げ、ウドンとありますが、以前の報道ではSUSHI、それも回転寿司が入るという噂があったような。最終的にどうなったのでしょうか。FRESH SUSHIという記載がバナーにはありますが。

もし回転寿司がはいるとなればそれは嬉しいですし、同等の寿司ネタ素材がお店の鮮魚コーナーにも並ぶでしょうから、大好きな手巻きがより身近になるということを意味します。ワクワク。

IMG_6861

(くら寿司、米国で50店に〜2020年末めど)

日経新聞の報道で、くら寿司を運営するくらコーポレーションが全米への展開を加速し、現在の9店を50店まで増やすというものが最近。4月中旬にテキサス州に出店とあって一瞬ヒューストンかと思ったのですが、どうやらこれはダラスのようでした。

Seiwa Market様のグランドオープン、お待ちしております。