明太子スパとジャズ

今週はオクラホマからのニューヨークとなる出張ウィーク。

たまにはヒューストンの田舎を出て、4泊ほどマンハッタン拠点で動きました。

夜ご飯を後輩達とご一緒し、その後に同期と合流しての二軒目。

こじんまりとしたジャズバーに連れていって頂きました。

丁度、ジャズの生演奏中だったのでしずしずと奥の席へ。

ん・・ピアノの人は日本人だなぁと思っていると・・

おおー、大江千里さん@富ジャズ。

僕の中ではシンガーでしたが、ジャズピアニストでもあったんですね。

20代の後輩からは「・・・それって誰ですか?」の反応ですが。

ほら、「格好わるいふられ方」とかの・・(その後は出てきませんが)

最近観たモテキという映画の中で流れていたので記憶あり。

思いもよらぬ素敵なJAZZの調べと共に、本当のお目当ての明太子スパ。

美味しくて、予想通りオカワリ。

日本酒も美味しくて、2杯目を。

久しぶりにJAZZの生演奏などを楽しみ(それも大江千里さんとは)

さすがにニューヨークだわい、と田舎者としては恐れいりました。

ボヤがつむぐ縁

日曜午前、草むしりした後に少しボーッとしていると扉を叩く音。

ドアを開けると子供が何やら訴えている。

「え、隣の家のゴミが燃えている?」(意味はわかるが脳がとっさに理解しない)

あわてて一緒に通りに出てみると、確かに外に出したゴミ袋が燃えてた。

子供は母親と一緒に車で通りがかって偶然発見したらしい。

でもその家が留守だったので隣の家の僕に伝えた模様。

これはボヤボヤしてられん!とダッシュで鍋に水をくんで(バケツもあったけど)

初期消火!一人バケツリレー!(リレーじゃないか。。)


(すぐに消えました、ボヤで良かった)


(ポストの木も燃えてた)

消火具合に満足していると、丁度隣の家の旦那さんが帰宅して何事だ!と焦ってる。

事情を説明すると、このゴミは芝刈り業者がおいていったものだと判明。

多分、刈った芝の山の中にタバコでも残っていたのが徐々に燃えたのかなぁと。

「全くもってなんてこった、でもありがとう。」と改めてお互い自己紹介。

ボヤのおかげでとても良いタイミングでご挨拶できました。

夕方に出かける時に隣ご夫婦にとてもにこやかに手を振り返されたし。

さて、まだ左隣りには挨拶できてないので、何かきっかけできないかな。

ボヤ以外で。

明日からまたまた一週間は国内出張で土曜昼戻り。

今回はサウスウエストからアメリカン、そしてジェットブルーを手配。

ユナイテッドじゃないと果たしてどうなるでしょう。

(→ユナイテッドの悪夢とその処方箋)

(しばらく更新止まります)

船便到着

土曜朝、待望の船便(日本からの引っ越し荷物)が到着。

しめて66箱! ずいぶんなダンボールの山です。


(航空便に引き続きお世話になります)

さすが日系業者様でして、手際よく開梱の作業もしてくれます。

これ1人でやっていたら数日かかるわ。(そしてゴミの山に・・・)

もちろん戸棚への収納は、指示しない限りは自分でやらないと。

台所については自分なりに考えて入れてみたいので、とりあえず並べてもらうことに。


(子供のおもちゃ類は客室Aへ)


(衣装、布団類は客室Bへ)

まずは本日夜にお客様あるので台所を片付けねば料理ができない。

あわてて空いている戸棚に収納しました。


(できるだけ使い勝手を考えつつ、でも修正が必要だな)


(こちらには主にお客様用の食器セットを集めました)

客室にあるものにつては、これから数日かけて整理整頓作業に入ります。

■ 本・書類

■ 衣服(自分、妻、子供)

■ おもちゃ(子供)

所有物の全貌が見えたので、靴の収納なんかはやはり家具を買い足さないと。

(基本は家具を買わず、できるだけ既存収納空間を活かす方針で)

食器なんかも一時的に自分が買い足したものも、不要なら捨てることも選択肢。

無理に詰め込むと、結局出すのに苦労し、結果、面倒だから使わないということも。

せっかく3ヶ月、殆どモノの無い暮らし(トランク+ダンボール5箱の私物)で

慣れた感覚を大事に、旦シャリ再始動です。

あ、でも妻と娘のモノには勿論手を出しません。(ここ大事なところ)

人のモノは自分のモノではないので。

再び信用の足りない男

メインのクレジットカードであるANA USAカードのバックアップとして

JAL USAカードを申し込み。(→何回スキミングされるかな、一回目)

約2週間かかり、ようやく審査も終わり手元にカードが届きました。

ほー、デザインがカッコイイ。そして発行はANAと同じくFirstbankなんだ。


(今回の一時帰国で日本でゲットしたアイテム達)

ん、んんん。

まさかのCredit Limit 2,000ドル!!(2千ドルまでしか使えない)

新卒でも初めてのクレジットカードの限度額が30万円の時代に何故??

ちなみにANA USAは何も言わずに13,000ドルが限度額でした。

これではANA USAカードが使用停止となった時のバックアップとして心細い限り。

地道に限度額まで使ってはお金を払込して限度額を上げていくべきか。

(なんだかRPGのレベル上げのような・・)

それとも他のカード(新天地)に申請するのを待つか。

まさかアラフォーになって、ここまで自分の信用力(の低さ)で困ることになるとは。

ある意味それだけ米国では社会的に認められていないことを実感する体験に。

きちんと給料をもらい、家賃や公共料金を収め、良き市民として信頼を積む。

一歩一歩ですね。

必殺仕分け人の一人飯

帰国してから自分の生活の一人仕分けに入ってます。

優先順位付けの見直しの為。

気分はレンホー。

自炊生活を今更やめて外食中心とすることは当地では難しいので、これは継続。

実際、あまり時間もかけてないので外食より早いし。(コストも安い)


■ 明太子クリームパスタ(初パスタ)


■ ペッパーステーキランチ


■ シーフードガンボミックス


■ 揚げ茄子丼とミニハンバーグ

料理をすることが苦にならないように育ててくれた母に感謝。

弟もわりと料理をしようと思えば出来てるし、これも子育ての結果なのかも。

娘2人と料理をするのは、それはそれで楽しそうだなぁ。

大量消費国の米国ですが、できるだけ食材に無駄を出さない。

これを目標の一つに設定したいと思います。

3ヶ月間の食材費は1400ドル。(お酒含む)

1ヶ月あたり約500ドル、5万円というのは一人暮らしでは流石に贅沢し過ぎか。

でも外食することと比較すれば、めちゃ安なんですよね。

なので次の3ヶ月は引き続き外食せず少しだけ食材費を下げることを目標に。

続きはまた明日考えます。