テーマパーク

現時点で世界一高い超高層ビル、ブルジュ・ハリファを眺めつつの夕食。

見上げていると首が痛くなります。

全高828メートル・・・(よくまぁ、こんなもの作りましたね)

たしかに空(スカイ)を削りそう(スクレイパー)です、これは。

そして摩天楼の足元では30分に一度、水と音楽の大噴水ショー。

(本家はラスベガスのようです、見たこと無いけど)

各回ごとに異なる国の音楽とそれに合わせた噴水プログラムが組んであり大迫力。

優雅に食事しながら楽しませて頂きました。

巨大なショッピングモールでは世界各国から旅行者が集まっているのを実感。

手塚漫画の未来都市さながらの人工的な街並みを眺めていて気が付きました。

あ、ドバイは街全体がテーマパークなんだな、と。

テーマはなんだろう。

お金があれば何でも出来る、これかな。 (not 元気)

41カ国目はアラブ首長国連邦

久しぶりの新規更新。

■ 死ぬまでに海外100カ国訪問プロジェクト (旧歳の数だけ海外訪問P)

39歳にしてようやくの41カ国目。(ギリギリの更新)

ここはアラブ首長国連邦、通称UAE。

かれこれ10年以上ぶりの中近東リターン。

久々のリアルイスラム圏突入に背筋がシャキリと伸びます。

果たしてどんな国なんでしょうか。

20時過ぎにホテル到着して、そこから2時間外をチラ見しただけでも衝撃の数々。


(ショッピングモール入り口に高級車の山)


(公共の場では見当たらないアルコール)


(モール内併設の屋内スキー場)


(平日22時過ぎなのに遊びまくる子供達)

ここから数日、不思議の国UAE編のはじまりです。

中近東の富裕層が集まるドバイ、驚きの世界でした。

生活費最高

生活費の高い都市ランキングで、シンガポールが1位に。

>英EIUランキング


(セントーサの超高級住宅街)

土地が希少なシンガポールで都心至近に相当するセントーサ島にも一戸建てが。

数億どころか数十億の物件だらけだそうで、一体だれが買えるのかと驚く。


(マリーナには豪華クルーザーがひしめく)

狭い都市の中に伸びるビルとさらにそびえ立つ格差社会、そして富裕層の匂い。

家賃も車もお酒も相当に高い、なるほどこれが世界最高峰の生活費社会。

(勿論、東京は今回も6位なのでいい勝負ですが)


(なにやら巨大なモヒートグラス?)

世界各国からここに仕事を求め集まる非シンガポール人な皆と飲みつつ、

人口500万人のうち100万人以上が外国人というこの国の未来を思う。

でも、今思うとそれどころじゃない国にこのあと向かう事に。

やはり世界は百聞は一見に如かず!

出張モード

普段からオンオフのない生活を志向しているところがありますが、

海外出張中となると常時オン気味の毎日が心地よかったりします。(たまにだから)

(今回の出張一食目は、ホッケンミー的な蝦麺で)

■ 過去のシンガポール食べ物ブログ

>うるわしのエビソバ

>バクテー

>チキンライスからラム・・

>シンガポール中華中華中華

かれこれ5回目のシンガポール詣で。(その前にプライベートで1回)

いつでも新しい何かを発見したい。

好奇心のアンテナを心置きなく建てられるのも出張の醍醐味。

仕事と好奇心にどっぷりと我が身を浸すのが楽しいのも普段が家族と過ごすからこそ。

妻と娘から離れるのは大変寂しいながら、ちょっとワクワクの9日間。

どうもすみません。

夜行便の罠

日曜深夜の夜行便に乗ろうとするモーレツ会社員。

もとい、週末の家族の時間を最大化しようとする家族思いの父。

いずれにしろ、平日の日中に飛行機で移動するというのはちょっと抵抗あります。

みごとに会社に躾けられた気がする16年目です。

(この週末は仕事しながらカフェランチ、珍しく)

そして16年目とは思えない失敗。

22時過ぎに羽田のSQのカウンターに向かったところ衝撃の言葉が。

「予約された飛行機は昨日のものです。」

・・・00時30分だから、、、日曜の深夜じゃなくて、土曜の深夜だった。。。

さらに追い打ち。

「予約された飛行機に乗られなかったので、全ての行程がキャンセルされました。」

そしてトドメ。

「本日の同時刻の飛行機は満席です。」

最終的にはエコノミー席が空いて再予約もできましたが、それまでの間はドキドキ。

これで出発できなかったらどんな顔して明日会社に行けばいいのかと。

予約した航空券の日付や時間をキチンと確認するのは基本動作のキ。

思い起こすと色々と隙だらけの出張準備でした。(人任せなところもあり)

今回、すっかり肝を冷やして、その後思いました。

あと10年は失敗しないな。(失敗は成功の母)

授業料は再発券費用の1万5千円でした。

焼き鳥で一杯そして中華そばで〆

久しぶりの近所の焼き鳥の名店「まさ吉」。そして初めての妻同伴。(幼児不可なので妻と来たことなかったのです)


(獺祭で乾杯)

本日は妻のご両親に娘を預かって頂き家から100メートル近辺で外食。いやー、近くて遠かったです。

最近、目黒の絶品もつ焼き屋仲垣を贔屓にしているので久しぶりとなりましたが、やはり日本酒、それも純米酒にこだわった品揃えは利き酒師を魅了します。

(お気に入りの写楽はこの御店で教えていただいた銘酒)

(大好物のおたふく、胸腺のタレ焼き。そういえば豚でもしびれ=胸腺が好き)

本日は何やらお店にTV局の取材がはいっており、少し落ち着かない雰囲気。どうやら〆の中華そばが美味しい、という絵を撮りたいらしい。

(やっぱり嬉しそうな妻)

本当はTGK(卵かけご飯)で締めるのも好きなのですが、期待に応える商社マン。モットーはAKY(敢えて空気読まない)ですが、ま、ここはご協力。

この素材が使われるかどうかは不明なのはブログ用画像と同じ。
いつも元気な娘を挟まず、たまの2人で向き合う時間。

必要です。

またきてね

画像を並べて感じるもうすぐ3歳の娘の成長。

(ブランコを楽しめるようになった)

(買い物ではカゴを持てるようになった)


(ハサミを使いこなすようになった)


(お菓子を食べるだけでなく作るようになった)

週末にべったり過ごして迎える月曜の朝。

会社に向かう僕に娘がこう叫びます。

「いってらっしゃーーーい!」

「また遊びにきてねーーー!!」

・・・週末家族か。。

確定申告(平成25年度分)

真央ちゃんのフリーの演技に涙した金曜の朝。少し遅目に活動を開始し平成25年度分の確定申告を税務署に提出。


(北海道の母手製の人形と手紙)

もう5回目ともなると帳簿作成もお手の物。(物件も増えてないし)最初の頃は色々と勝手がわからず右往左往してネットで調べていたもの。

でも不動産投資の師匠であるO先輩より指南頂くポイントをひとつひとつ消化して、現在の安定したちょい黒状況までもってきました。

課題は次の一手をどうするか、そしていつ打つか、です。やはり不測の事態を織り込んで債務をもう一段圧縮しておきたい気がします。

その為にはやはり原資を貯めるところから。(先日のラテマネー作戦開始もそのアシストの一端)

2013年末にようやく目標額までチャージできた生活防衛資金。しかし直ぐに半額近く持ち出す事態が今年は起きそう。

またコツコツ生活です。

利き酒天国

この1週間で、飲みに行った回数7回。(毎日か・・・)

各会でだいたい4合~6合ぐらい日本酒を飲んでいるので30合以上=3升以上。。


(飲んでも飲んでも知らない日本酒に出会えます)

凄いのは種類にして20種類は飲んでいること。

まったくもって、日本は利き酒天国なのです。(選択肢の多いこと!)

勿論、久保田、八海山、酔鯨など定番大手地酒メーカーのお酒も含まれています。

でも、今週も新しい出会いもありました。

(仲垣で頂いた京都の蒼空が美味!またラベルが涼しげで素敵)

そして食中酒である日本酒が美味しいのも肴がよいから。


(富山・石川の海の恵)


(おでんには熱燗)


(築地での大盛りの魚介もいい)

やはり日本以上に、日本酒と和食を楽しめる国はありませんね。

その背後に豊かな自然や(勿論資源は有限ですが)高い流通の力を感じます。

週末の夜から10日間ほど海外出張予定。(行き先はシンガポール+UAE)

しばし、日本酒ともお別れです。(出発日前日の土曜日夜にお別れの儀)

(2歳からノドグロの焼き物を楽しむとは贅沢!)

(あと18年したら一緒に飲もうか)

バレンタイン2014

大変です、大事な画像をUPし忘れていました。
2月14日、バレンタインデーの朝食。

(妻と娘の手作りチョコケーキ!ママからのゴディバ!感謝!)

最近、妻と娘はすっかりお菓子作りに夢中。色々なレシピを試している模様。バレンタインにも早速その成果をいかんなく発揮。

(MAIちゃんがつくったのーと寝起きの娘)

朝からお父さんもメロメロです。