トルトコミテ

FBで紹介しながらブログに載せるのを忘れていました。

画像を見返していると、脳裏に蘇るあの濃厚なカニミソの甘い味。。

Do, or do not. There is no try.

時はさかのぼること2週間ほど前。

24時すぎに千鳥足で帰宅すると、見慣れぬ物体が台所に。

なんとつい最近まで生きていた活の松葉ガニ(ズワイガニ)さん。

前回は巨大アカイカを届けてくれた トルトコミテハンターのI君からの差し入れ。(ありがとう!!!)

■ トルトコミテ (今回は北海道は野付の帆立)

ネットで確認すると、新鮮なものを茹で上げてすぐ食べるのが贅沢とあったので素直に従いました。

基本、美味しいモノを食べるときは従順です。

Do, or do not. There is no try.
Do, or do not. There is no try.

素晴らしい茹で上がりの色とつらがまえじゃないですか。

多分足が欠けているのでお得品だったと思うのですが、自分が最重要視しているのは勿論カニミソ。

大事なのは甲羅の中身で、足の一本、二本ではありません。

濃厚なカニミソはどこまでも甘く、白い身はほっくりと爽やかな味。

妻と二人で、夜中に黙々とモグモグ、幸せ満喫。

こうして、分かりやすい幸せを人に届けるビジネスを立ち上げられるなんて、素晴らしい。

トルトコミテハンター2人の活躍に今後も注目です。

夢の配当生活

塩漬け蕪からの中間配当の季節となりました。

Do, or do not. There is no try.

(揚げ物はカキフライの季節となりました、ご飯は少なめで)

■ 今回の配当金総額 ・・・7万円チャリーン

これぞ、金持ち父ちゃんの言うところの不労所得。自分が働かず、お金に働いてもらうというやつです。・・・しかし、半年に7万円ポッキリじゃ生活できません。でも、これが例えば50倍の350万円あれば半年は生きていけるでしょう。

その為には・・・現在の50倍の資産(蕪)を持たないと??
流石に無理だなぁ、、。 (宝くじに大きく当たる以外には機会なさそう)

まだまだラットレースを走りつつ、投資の原資(タネ銭)を集めたいと思います。そして今回の配当金は・・・不足気味のお小遣いに充当させて頂きます。

そろそろ霞ヶ関なみに埋蔵金が枯渇してきました。

ラブホテル?

長らく足を運んだ記憶がありませんけど・・・・

こちらソウル中心部、市庁舎前のプラザホテル。

Do, or do not. There is no try.

Do, or do not. There is no try.

Do, or do not. There is no try.

日本で、都庁の前にどどーんと建っている高級老舗ホテルの内装がこれだったら驚きですよね。

最近改装をしてこのようにモダン?に変身したらしいのですが、賛否両論ありそうな尖ったデザイン。

でも、無難なデザインで凋落している日本製品を見るような気もして、、、ぎくり。

正直、最近の韓国車やサムスンの携帯はなかなか格好いいですし。 (買わないけど)

都内に和風を前面に押し出した高級温泉ホテルが出来たら、外国人観光客にうけないかなぁ。

シティホテルは無個性すぎてつまらない。

最近の読書

もうすぐ年の瀬。

2012年は少し読書総量は例年より落ちる感じになりそう。(200冊に届かずか)

日経プレミアPLUS VOL.2/日本経済新聞出版社
¥730
Amazon.co.jp

ちょっと雑誌みたいな感じですが、まぁ、カウント。

下山事件完全版―最後の証言 (祥伝社文庫 し 8-3)/祥伝社
¥900
Amazon.co.jp

骨太なドキュメンタリー、戦後史的にも読めます、面白い。

少女 (双葉文庫)/双葉社
¥650
Amazon.co.jp

告白の方が面白かったですが、ひねりはきいています。

「有名人になる」ということ (ディスカヴァー携書)/ディスカヴァー・トゥエンティワン
¥1,050
Amazon.co.jp

どんなテーマでも実体験は本にかけるんですね、と素直に感心。

一定量の情報は本や雑誌などの活字から得たい。

自分にとって最適な分量を探り中。

■ 159冊 (2012年)

化粧品卸売業

1年半ぶりの韓国出張。

あらかじめ妻に買い物(買うべき)リストの指示をお願いしました。

ガイドブックのお勧めコスメのページに色々印をつけてもらって、事前の準備は万端。

打ち合わせの合間にもミョンドンを歩き指定のお店を見つけては逐次購入。

すっかり、お買い物ゲーム気分を満喫しました。

普段は購買衝動沸かないんですが、たまには買い物しまくり楽しいなぁ。

Do, or do not. There is no try.

(行きは半分お客へのお土産で、帰りは半分妻へのお土産がギッシリ)

それにしても、ロッテ免税店や街中のお店での日本のご婦人方の買い物っプリは異常。

(そもそも日本を出国する時点からウォンに換金している金額が半端なかったです)

いくら円高ウォン安とはいえ、ひさしぶりにジャパンマネーが舞い散る様をみました。

本当に不況なのか。。。

Do, or do not. There is no try.

(今回の戦利品、1万5千円相当ぐらい。。そもそもお徳かどうかも知りません。)

妻の美をますます高める為に、そして奥様外交のアイテムとして有効活用頂く事を期待。

「なんでこんなに買ってきたの!?」と妻に言われたときには呆然としました。

どうやらあの買い物リストは「もしこの店を見つけたらこれとこれ・・」というリストだったそうでして、、、

全部のお店を探してしまった。

8周年パーティーに38歳

ソウル食べ歩き(正しくは出張)の余韻も冷めやらぬうちに、

本日は朝から晩まで友人のダンスパーティーお手伝い。

Do, or do not. There is no try.

初めてのパーティーを手伝いに来たのが8年前で、気が付けば8周年。 (当たり前か)

よくぞ高級住宅地で家賃払いながらオーナーとして一国一城の主として頑張っているもの。

Do, or do not. There is no try.

(あいかわらず美人ピアニストなAさん)

Do, or do not. There is no try.

(アルゼンチンタンゴはさすがのGちゃん)

Do, or do not. There is no try.

(本日は豪華スペシャルゲスト!)

だんだんとアバウトになっている気がするのですが、本日は詳細タイムテーブルすら無し。

それでも何とかなってしまうんだよなぁと思いつつ進行係。

幾つか本番での失敗が発生してしまったのは反省点ですが、もぅ、あとは飲んで忘れちゃえ・・・

とばかりに打ち上げへなだれ込み。

いつもの皆さんと美味しいお酒を飲みつつ、すっかり娘の父親っぽくなってきたとのお言葉を頂きました。

つまりは娘の自慢をして目じりがたれる親バカなのですが、これはこれで成長なのかしら。

11月25日、38歳になりました。

ICJ

今回の韓国出張にあたり、念のため押さえておいた英単語が一つ。

ICJ。

レストランや屋台などで愛国者に論争を挑まれた際に抜く刀として。

「じゃあ、ICJに行こう!」と高らかに返す為。

 (念のため、ICJ=International Court of Justice、国際司法裁判所です)

実際に行ったのは、、

Do, or do not. There is no try.

朝は海鮮ダシがきいた味噌チゲ。

Do, or do not. There is no try.

昼は生きた状態から目の前で焼き上げるウナギ。

Do, or do not. There is no try.

焼肉からの(画像無し)の屋台でオデン。

Do, or do not. There is no try.

二日酔いの翌朝は、サムゲタン。

・・・でしたが、特にICJに登場頂くような議論無し。

むしろ屋台で酔っぱらった隣のオジサンが僕らの分まで払おうとしたぐらい。

こんなに近い隣国に、これだけ方向性の異なる食文化が存在するのは不思議。

マシッソヨ(美味しい)とケンチャナヨ(問題なし)の精神で心広くお互いに付きあいたいものです。

ごちそうさまでした。

カンジャンケジャン愛

このたびの韓国出張。

仕事以外で情熱を傾けたいと考えていたのは、コレ。

Do, or do not. There is no try.

■ カンジャンケジャン (生の渡り蟹を薬味醤油に漬けた一品)

近所のムサコの韓国食材店で味に驚いて以来、是非本場で心行くまで食べてみたいと

密かに思っていたのでした。

早速初日の晩の二軒目で専門店に潜入して賞味。

やっぱり美味い!!!

Do, or do not. There is no try.

甲羅の中でミソと合わせても激ウマ。

そして、最終日の昼飯にも再度違う店に突入し再オーダー。

Do, or do not. There is no try.

Do, or do not. There is no try.

ドドドーーーン。

Do, or do not. There is no try.

韓国海苔に合わせてもイケます。

ビールにもマッコリにも焼酎にも合います、あぁ・・・・幸せ。

まだまだ日本には進出しきれていないようですので(一部高級店はあるようですが)

これはソウルならでは!の楽しみ。

妻にも食べさせてあげたい!!と思いつつ・・・おかわり。

(今回は・・・スマン)

恐怖のアカスリ

その夜、僕は気持ちよく酔っぱらいながらソウルの繁華街ミョンドンを闊歩。

このままホテルに帰って寝るのもツマラナイ、そうだ旅の垢を落とそう!と目の前のサウナへ入店。

Do, or do not. There is no try.

日本語の達者なママが進めるままに、男性スペシャルコース90分を選択。

サウナ、アカスリ、マッサージにパックと盛り沢山の内容、まるでラーメンの具材全部乗せ。

きっと日本人観光客がたっぷり押し寄せているんだろうなぁと想像。

湯船とサウナを2往復してから、さて待望のアカスリへ・・・って、どこでやるのであろう?

浴場のはじにいるオジサンに聞くと、あの角のベッドのところで寝ていないさいと。

指示通りベッドに寝ていると・・・・なんと!小太りで全裸なオジサンがにこにこやってきて

僕に湯をかけはじめるじゃないですか。ま、まさか、このフルチンオジサンが・・・

それから20分、全身を緊張状態においたまま、オジサンに垢をかきだされました。

あちらも全裸、こちらも全裸、まさに一触即発?いや、ホント怖い。

とっさとのときは全力で逃げ出そうと思い身構えていましたが、何事も起きなくて良かった。

サッパリ、すっかり酔いも冷め、夜の便で到着した後輩と合流して結局飲み直しに。

うーん、僕の文章力じゃ伝わらないな、あの恐怖感。

忘れ物はなんですか

先日のSARUで食べ忘れたもの。

Do, or do not. There is no try.

(本日はOさんをご案内してSARUへ)

それは・・・瞬間スモークのメイン、それも目の前でヨダレを流しつつ断念したマグロテール。

久しぶりに牛ハツも頂きました。 あとメインで未食なのは、、信州サーモンと軍鶏ロックかな。

Do, or do not. There is no try.

この日はスペシャル食材としてタチ(真鱈の白子)が入荷。

シェフからパスタをお勧め頂きました!クリームに溶かし込むのとグリル乗せの二段構え。

僕がプリン体推奨派なのが言わずとも伝わったのでしょうか・・・感激。

濃厚なお味を堪能させて頂きました。

12月は忘年会続きでなかなか足を運べませんが、月替わりのメニューが気になるので

やっぱり定期パトロールしなくては、とココロに誓うのでした。