トルトコミテ

FBで紹介しながらブログに載せるのを忘れていました。画像を見返していると、脳裏に蘇るあの濃厚なカニミソの甘い味。。

Do, or do not. There is no try.

時はさかのぼること2週間ほど前。24時すぎに千鳥足で帰宅すると、見慣れぬ物体が台所に。なんとつい最近まで生きていた活の松葉ガニ(ズワイガニ)さん。

前回は巨大アカイカを届けてくれた トルトコミテハンターのI君からの差し入れ。(ありがとう!!!)

■ トルトコミテ (今回は北海道は野付の帆立)

ネットで確認すると、新鮮なものを茹で上げてすぐ食べるのが贅沢とあったので素直に従いました。基本、美味しいモノを食べるときは従順です。

Do, or do not. There is no try.
Do, or do not. There is no try.

素晴らしい茹で上がりの色とつらがまえじゃないですか。多分足が欠けているのでお得品だったと思うのですが、自分が最重要視しているのは勿論カニミソ。

大事なのは甲羅の中身で、足の一本、二本ではありません。濃厚なカニミソはどこまでも甘く、白い身はほっくりと爽やかな味。

妻と二人で、夜中に黙々とモグモグ、幸せ満喫。

こうして、分かりやすい幸せを人に届けるビジネスを立ち上げられるなんて、素晴らしい。トルトコミテハンター2人の活躍に今後も注目です。

夢の配当生活

塩漬け蕪からの中間配当の季節となりました。

Do, or do not. There is no try.

(揚げ物はカキフライの季節となりました、ご飯は少なめで)

■ 今回の配当金総額 ・・・7万円チャリーン

これぞ、金持ち父ちゃんの言うところの不労所得。自分が働かず、お金に働いてもらうというやつです。・・・しかし、半年に7万円ポッキリじゃ生活できません。でも、これが例えば50倍の350万円あれば半年は生きていけるでしょう。

その為には・・・現在の50倍の資産(蕪)を持たないと??
流石に無理だなぁ、、。 (宝くじに大きく当たる以外には機会なさそう)

まだまだラットレースを走りつつ、投資の原資(タネ銭)を集めたいと思います。そして今回の配当金は・・・不足気味のお小遣いに充当させて頂きます。

そろそろ霞ヶ関なみに埋蔵金が枯渇してきました。

ソウルの中心に・・ラブホテル?

長らく足を運んだ記憶がありませんけど・・・・こちらソウル中心部、市庁舎前のプラザホテル。

Do, or do not. There is no try.

Do, or do not. There is no try.

Do, or do not. There is no try.

日本で、都庁の前にどどーんと建っている高級老舗ホテルの内装がこれだったら驚きですよね。最近改装をしてこのようにモダン?に変身したらしいのですが、賛否両論ありそうな尖ったデザイン。

でも、無難なデザインで凋落している日本製品を見るような気もして、、、ぎくり。正直、最近の韓国車やサムスンの携帯はなかなか格好いいですし。(買わないけど)

都内に和風を前面に押し出した高級温泉ホテルが出来たら、外国人観光客にうけないかなぁ。シティホテルは無個性すぎてつまらない。

最近の読書

もうすぐ年の瀬。2012年は少し読書総量は例年より落ちる感じになりそう。(200冊に届かずか)

日経プレミアPLUS VOL.2/日本経済新聞出版社
¥730
Amazon.co.jp

ちょっと雑誌みたいな感じですが、まぁ、カウント。

下山事件完全版―最後の証言 (祥伝社文庫 し 8-3)/祥伝社
¥900
Amazon.co.jp

骨太なドキュメンタリー、戦後史的にも読めます、面白い。

少女 (双葉文庫)/双葉社
¥650
Amazon.co.jp

告白の方が面白かったですが、ひねりはきいています。

「有名人になる」ということ (ディスカヴァー携書)/ディスカヴァー・トゥエンティワン
¥1,050
Amazon.co.jp

どんなテーマでも実体験は本にかけるんですね、と素直に感心。

一定量の情報は本や雑誌などの活字から得たい。
自分にとって最適な分量を探り中。

■ 159冊 (2012年)

化粧品卸売業

1年半ぶりの韓国出張。あらかじめ妻に買い物(買うべき)リストの指示をお願いしました。

ガイドブックのお勧めコスメのページに色々印をつけてもらって、事前の準備は万端。打ち合わせの合間にもミョンドンを歩き指定のお店を見つけては逐次購入。

すっかり、お買い物ゲーム気分を満喫しました。普段は購買衝動沸かないんですが、たまには買い物しまくり楽しいなぁ。

Do, or do not. There is no try.

(行きは半分お客へのお土産で、帰りは半分妻へのお土産がギッシリ)

それにしても、ロッテ免税店や街中のお店での日本のご婦人方の買い物っプリは異常。(そもそも日本を出国する時点からウォンに換金している金額が半端なかったです)

いくら円高ウォン安とはいえ、ひさしぶりにジャパンマネーが舞い散る様をみました。本当に不況なのか。。。

Do, or do not. There is no try.

(今回の戦利品、1万5千円相当ぐらい。。そもそもお徳かどうかも知りません。)

妻の美をますます高める為に、そして奥様外交のアイテムとして有効活用頂く事を期待。「なんでこんなに買ってきたの!?」と妻に言われたときには呆然としました。

どうやらあの買い物リストは「もしこの店を見つけたらこれとこれ・・」というリストだったそうでして、、、全部のお店を探してしまった。