86倍生きる

日曜は、妻のおばあさまのお誕生日祝いな夕食会@妻実家。

娘にとっても、週の三分の一の夜はこちらでお世話になっており、第二の我が家?

本日もママの手料理を美味しく頂きました!

毎度ながらまったく食べ切れないほどの量ですので、お持ちかえり必須。

Do, or do not. There is no try.

Do, or do not. There is no try.
Do, or do not. There is no try.

その他にも色々あったような。。

糖質制限と自称しまして、ウナギを拾って食べたのは僕です、すみません。。

Do, or do not. There is no try.

86歳のひいおばあちゃん、長生きしてね!

それにしても人生経験86倍って、凄い差ですよね。

おばあさまが色々経験されてきたように、うちの娘もこれから色々経験していくのかな。

90年後の世界の未来はどうなっているんでしょう。

コスモクリーナー*が必要な世界などにならないように、今の大人がしっかりしないとな。

*オウム真理教が作った空気清浄機ではなく、ヤマトがイスカンダルに取りに行ったたアレです

マッコリとピンポンダッシュ

近所にかなーり渋い韓国家庭料理屋さんを発見。

ランチでぐぐっと気に入ってしまい、夜メニューも食べてみたくて再訪。

Do, or do not. There is no try.

(海鮮チヂミがこれまた旨い)

Do, or do not. There is no try.

(マッコリがこれまた進む)

自家製キムチにナムル、チャンジャもいい味、ホルモン鍋はからウマでチャミスルチューセーヨー。

そしてオモニがこれまた家庭的ないい感じで、妙にくつろげる空間。

一緒に美味しいモノ食べて、酒飲んで、隣同士で仲良く出来ないものかとつくづく思うわけです。

もちろん、竹島くださいと言われても(既に実効支配されてますが)あげられないのですが。

領土問題については、こちらのブログでピンポンダッシュという素晴らしいたとえがあり、とても納得。

たいした被害はないけどむしょうに腹が立つ、でも解決は難しい、うまいなぁ。

Do, or do not. There is no try.

せっかく近所まできたので、娘もご挨拶。

人の子供が急に大きくなる気がするのは、たまにしか会わないからですね。

我が家でもマッコリ飲んでしまったコリアンナイト。

週末の家庭内分業

仕事に休日はありますが、子育てに休日はありません。

なので週末に「やれやれ、休みだ~」と気を抜くと妻より思わぬ不興を買うことになります。

ここのところ意識して実行しようとしているのが、

■ 妻にも1人の時間をプレゼントする

妻が週末は僕に1人の時間をプレゼントしてくれるので、わざわざ書くようなことではないのでしょうが。

交代で2時間ずつとか1時間ずつと決めて、各自、家を出てそれぞれやりたいことをする1人の時間。

Do, or do not. There is no try.

妻が出かけた間に娘と家を掃除。

Do, or do not. There is no try.

夜は僕が出かける用事があるので、妻の晩ご飯用にご希望のインドカレーを。

自分の場合、意識しないと、すぐに自分のやりたいことに走ってしまうので、

意識して妻が過ごす時間を思いやること。

がんばろ。

白ひげとエース

エースが死ぬところまでは読んだよ、って言ったら、

なぜか妻に感心されました。

Do, or do not. There is no try.

(うちの白ひげ)

武蔵小山に引っ越してから、近所のTSUTAYAでは貸し漫画をやっていなくて

この1年半はすっかり読まなくなりました。

あの頃は、年200冊の本以外に、年400冊は漫画読んでました。

今はさすがにそんな時間はつくれないなぁ。

いつ本読む時間あるんですか、、と職場の同僚に聞かれたのですが、

逆に何も読まない時間は何をして家で過ごしているのだろうと思う。

妻に言わせるとこちらが病気らしいですが。

旦シャリ~衣類~

旦那による断捨離活動の第一歩 は、やはり王道のこれから。

■ 衣類 (除く仕事用のスーツとワイシャツ)

さして衣装持ちじゃないはずなんですが、それでも衣装ケース6個と組み立てハンガー半分。

まずは、全部収納から床に出してみます。 (総資産の見える化)

Do, or do not. There is no try.

Do, or do not. There is no try.

そこから、季節は関係なくカテゴリーごとに、捨てるものと捨てないものに仕分け。

量の多かったトップスは、半そでと長そで、それぞれお気に入り順に10着ずつ残す。

Do, or do not. There is no try.

(左が長そで、右が半そで)

Do, or do not. There is no try.

(左が部屋着、右が運動着)

部屋着と運動着の境界があいまいなんで、年内に統合して衣装ケースを1つ減らせそう。

運動着ばかり残すと、いつも家では体育教師みたいな格好になりそうなんでバランスは注意です。。

一気果断にバシバシ捨てまくる手もありますが、まずは第一弾はおとなしめに。

でも、ちゃんと目に見える成果あり。

Do, or do not. There is no try.

次は半年後に、今から一度も着なかった服があれば全部捨てよう。

コンカツ考

四国出張からの帰宅の足で、羽田から恵比寿へ。

本日は、大学先輩と生ラムジンギスカン。

Do, or do not. There is no try.

(さらに北海道しばりでザンギとサッポロ生)

楽しい話はあちこちに飛びながら、夫婦関係やら家族関係やらについて色々と考えました。

夫婦の数だけ、家族の数だけ、ありかたというものは正解もなく様々だなぁと。

丁度最近読んだ小説達も近いテーマだったので、無意識のアンテナが向いているのかも。

自分自身の結婚生活も手探り試行錯誤の毎日ですが、初心わするべからずで。

幸せになれればいいな、ではなくて、幸せになる、と決める。

自分で決めることは自由なんで。

それにしても、これらの小説に描かれるような恐るべき婚活パーティーや活動の現場、

足を踏み入れる機会はなかったけど、後学の為に覗いてみたかったかも。

でも、覗かないですんだことを妻に感謝かな、やはし。

コンカツ?/文藝春秋
¥1,523
Amazon.co.jp
下流の宴/毎日新聞社
¥1,680
Amazon.co.jp

■ 128冊 (2012年)

旦シャリ

はじめます、旦シャリ。

ああ、炊き立ての・・・・って、それは銀シャリ。

旦那が取り組む断捨離活動ってことで「旦シャリ」

断捨離については、モノへの執着をたちきり、日常や人生について考えてみようぐらいな感じで。

やましたひでこさんや、片づけ士の小松さん、魔法のこんまりさんらの、皆さんのいいトコどりで

優先順位をあげて取り組んでみようと思います。

さーて、どこから手をつけていこうか。

とりあえず最近新調したスーツケースとプリンターとの入れ替え分で古いものは粗大ゴミに出そう。

新しく買ったら、何か捨てる、このフローを流すのは大事だけど、

現在のストックそのものを減らすのが大きな目標。

モノを捨てればうまくいく 断捨離のすすめ (DO BOOKS)/同文館出版
¥1,365
Amazon.co.jp
見てわかる、「断捨離」 (マガジンハウスムック)/マガジンハウス
¥680
Amazon.co.jp
人生がときめく片づけの魔法/サンマーク出版
¥1,470
Amazon.co.jp
たった1分で人生が変わる 片づけの習慣/中経出版
¥1,365
Amazon.co.jp

■ 126冊 (2012年)  再読分はカウントせず

ランチブッフェ@ニコタマ

おしゃれニコタマに子連れで。

ランチブッフェ、なかなかお得な値段設定ゆえか家族連れ中心に大賑わい。

Do, or do not. There is no try.

(一番に食べさせるのは勿論、娘。 毒見役という訳ではないですが)

Do, or do not. There is no try.

(いつものようにT家と一緒です、車にも乗せて頂いています、ありがとうございます)

Do, or do not. There is no try.

(ブッフェの選択を見れば、その御仁の人となりが映し出されます、これは糖質制限男子!)

Do, or do not. There is no try.

(800円で昼からワイン飲み放題とは大変ですよ、端から全制覇目指して試飲)

Do, or do not. There is no try.

(別腹妻を見ていたら自分も糖質摂取しまくりに、ま、いいですか)

昼からワインを6杯ほど飲んでしまい、なかなかにほろ酔い。

帰宅して昼寝の娘と共に爆睡。

やはり昼酒は危険です。 (飲んでいるのは自主的になんですが)

靭帯と体重の関係

伸びてしまった靭帯 を縮めようと、出来るだけ刺激を与えずに過ごしています。

いきおい、身体活動量が減り体重が微増。

Do, or do not. There is no try.

(ご近所のI家から頂いた秋刀魚は刺身で食べても最高!)

階段の上り下りなど真っ先に避けたい動きなので、常にエレベーターとエスカレーターを駆使。

老人やベビーカー様の厳しい査察の視線には足をひきずり応えています。

■ 7月頭 81.0キロ  糖質ダイエット生活スタート

■ 7月末 77.5キロ

■ 8月末 78.9キロ

■ 本日  79.0キロ

9月に入ってから糖質制限も緩めにしたのが響いているのかもしれません。

10月からは再度4週間、糖質制限強化月間シフトをしいて対応するつもり。

(そして北海道に帰省して痩せたカラダでお寿司を頂く作戦)

さて、実践、実践。

 

15年目の同期会

98年同期入社の仲間での久しぶりの同期会。

既に会社を辞めた仲間にも案内が出て、結局、60人近くが集まる大規模な会に。

いわゆる総合職と事務職合わせ200数十名のはずなので、実に四分の一の出席率。

海外駐在中の同期が常に数十人いるので、全員は二度と集まれません。

Do, or do not. There is no try.

(2次会で24時過ぎても、まだまだ話は尽きないようで・・)

懐かしいけど変わらぬ顔、変わりすぎて「あいつ・・・誰?」と隣に聞く顔、まさに様々。

自分は外見はともかく、15年で中身は随分変わったなぁ・・・・と思いました。

2年目に早々に会社を辞めて飛び込んだベンチャー起業を上場させ役員として活躍する彼を筆頭に、

ビジネススクールで人気講師だったり、コンサルで稼いでいたり、家業を継いで社長だったり様々。

会社を辞めても同期会に顔を出す仲間は、やはり出て行った先でそれなりに成功している感じ。

ますますの活躍を願い心から応援する気持ちと、自分も負けずに頑張らなくてはと思う気持ちが両方。

なんとなくここに立っているのではなく、ちゃんと自分が決めたからここ立っているんだと言えるか。

そんなことを考えさせてくれる同期会でした。

しかし、多くの仲間とはFacebookという便利なツールで近況を交換できるようになり、これは便利。

つながりやすい時代だからこそ、誰とつながるか、どうつながるかも問われる時代かも。