2008年にできたこと

2008年も色々ありました、いやはや本当に。

2009年にすっきりと漕ぎ出す為にも、恒例の2008年にできたこと、まとめてみます。(やっぱり道産子にとってのカニは毛蟹です)

読み返してみると、2005年も、2006年も、2007年も色々ありました。

● 365万歩のマーチ プロジェクト

無事達成。コツコツやるのって、実は得意です。テーマ曲は、1日1万歩、3日で3万歩、3万歩進んで、2万歩下がる♪

● BATIC(国際会計検定)プロジェクト

2008年1月に始動宣言したこちらのプロジェクト。 7月の初受験までに累計145時間の勉強で、707点のAccount Managerレベルをギリ獲得。

● 200冊濫読プロジェクト

当初は150冊濫読プロジェクトでスタートしましたが、わずか2日後に200冊に上方修正。2009年はアウトプットの質の向上です。(インプット量は堅持)

● 公開減量生活

自慢ですけど・・かなり痩せました。毎日1万歩歩いて、週に3回ダンスして痩せなかったらどうするんだっ・・てことですね。

● リーマンダンサーズ

2007年に再開した競技ダンスへの想いが過熱したのが2008年でした。リーマンブラザースは破綻しましたが、今はまだダンスはやめられないようです。決して順風満帆というダンス生活ではありませんが・・・少なくともダンス技術そのものについてはきっと右肩上がり。2008年の練習回数は100回ちょっとでした。

● ブログ

2006年末からコンスタントに更新を開始したブログ、2008年も何とか続けることが出来ました。個人情報駄々漏れ実験の行方はまだ不明ですが・・積極的に自分を開示することで、どのような間接コミュニケーションが成り立つのか興味深い。ここに書いてあることが僕の人生の約7割。

残りの3割に興味がある方達と、さらに直接のコミュニケーションを築きたい。そして、本ブログの隠れた効果の一つが・・・親孝行。あなたの息子は、飢えずに、友人に囲まれて、元気に東京で暮らしてますよ・・って。(およそ餓えそうに見えない食生活)

2008年も本当にお世話になりました。

2009年もますます充実した年にしたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

濫読仕上げ

2008年濫読生活もこれで一区切り。

結局、帰省して、飲んでいるか、本読んでいるか、寝ているか。(ある意味贅沢です)それにしても我ながら雑多なジャンルですが、濫読だからやむをえません。

60年ほど昔に英国人がアフリカの植民地(カメルーン)に動物採集に出掛ける話なのですが、豊かな大自然、魅力的な動物達に、素朴な現地の皆様との交流が圧巻。東京生活で完全に眠っている自分の博物学的好奇心をムズムズと刺激する作品。いつかアフリカにも行ってみたいです。

ファンからマニア、そして辿り着くオタクの境地。ゲーム、アニメに漫画、果てはオカルトまで際限なく広がるオタク論。モビルスーツ(ガンダムとかです)が戦車か飛行機かなんて真剣に考える人達は素敵です。ダイエットに成功したオタキングも凄いですが、やっぱり真骨頂はコチラの世界ですね。

壮絶です。たかが食事とはいってられません。死ぬまでに何回食事ができるのか・・2009年は1食1食を噛み締めなくては。

単なるファン買いです。小室淑江さんは素敵だなぁ。

この2つのばあちゃんの言葉に出会えただけで読む価値ありでした。

● 人間死ぬまで夢を持て。その夢が叶わなくても、しょせん夢やから

● 「世間の目」は、たかが200人

僕の人生の主要登場人物もきっと200人いないんだろうなぁ。限られた人達を大事にしていきたいもの。

新作「逝年」を読む為に、前作の「娼年」を併せて再読。

☆☆☆☆★の繊細なエンターテイメント。娼年ほどの衝撃は感じなかったけど。「娼年」は2年前にカナダ出張に行く際の成田空港で読んだなぁ・・と思い出す。

そして2008年の締め括りはコチラ。齋藤孝先生に言わせると、ニーチェは風呂のように毎日接するべきものだとか。垢だらけですみません。34にもなって・・と言わないでください。

「ツァラトゥストラはこう言った」(岩波文庫)をアマゾンのカートにそっと入れました。

さらに、齋藤孝先生の著作も10冊ほど追加。

この瞬間を見よ。・・・この瞬間という門から、一つの長い永劫の道がうしろに向かって走っている。すなわち、われわれのうしろには一つの永劫があるのだ。(ニーチェ)

今、この瞬間を精一杯生きよう。ちまちました小さい人間になってはいけない。2009年も本は読まなくては。

■ 200/200冊 無事読了 大笑い (ギリギリでしたが)

年末も濫読

濫読生活も追い込みなんですが、帰省先までは既読本を持ち帰らなかったので(当たり前か)・・とりあえず既読分は冊数メモ、気になる作品は後日詳細アウトプットします。

前作に引き続き、毎日の生活に即効で効くクスリ(TIPS)が山盛り。いくつかを採用して2009年の生活習慣に落とし込みを図りたいと思います。

今頃読んでいる往年のベストセラーのこちら。男と女は違う。ただ、違う。そこに良いも悪いもない。・・・深いなぁ。

リンボウ先生のエッセーが大学時代にとても好きで古本屋などで集めました。僕の当面の書斎は家の向かいのベローチェですが、いつかは・・ですかね。

知の大巨人、立花隆先生のロングセラー。今読んでも面白いですね。この方の著作も過去に読み漁ったなぁ。

初めて斎藤孝先生の本を手に取りましたが、これは凄い力作。一言コメントじゃ終われないので、別途アウトプットします。

08年は掛け声だけで終わってしまった歴史の勉強ですが、09年こそは!とりあえず、最初の地ならしなんで「ざっくり」にて行かせて頂きます。

営業赤字転落の報はまさにトヨタショックですが、やはりその強さは本物だと思います。いや本物じゃないと困るなぁ、100株主としては。

ビジネスマンの父親が息子にかける愛情の深さにほろり・・・これ必読の書です。自分も、父親が亡くなる2日前にヨルダンで最後に貰ったメールを思い出し、ほろり。

外は雪景色

実家の窓から外を見渡せば、雪が深々と降り積もっています。さてさて、残り8冊ですよ。

192/200冊

一宿一飯の恩義?はカラダで・・・

ダンスサークル仲間との忘年会の流れで、気がつけば我が家。こんなときは帰宅前に、当家住み込みの料理人に先行注文。

ひ 大笑い 「酔っ払い10名、22時過ぎ着です、宜しく~。」

め スマイル 「了解~、ビールは自分で買って帰れよ。」

2次会

(*参加者で目線入れてほしい人はメール下さい)

みんなもすっかり、め飯になじんでいます。(前回来たのは試合の後かしら)そして例によって酒を飲めば飲むほど強くなる・・・のは酔拳ですが、

壊れた・・

壊れた 大笑い

いつものように各自各様に全滅していって・・・翌朝。

朝食

さわやか朝食タイム。

そして解散・・・となる訳ですが、、本日はお世話になった当家に感謝の気持ちを込めて、、強制勤労奉仕 スマイル(注:みんなで大掃除)

勤労奉仕

まるで出発前の合宿所を掃除するかのように、

勤労奉仕

皆でやればあっという間にピッカピカ。

H馬 スマイル「なんか、掃除って気持ちいいっすね!」

(よし、自宅住まいの彼にはこれから毎回掃除をしつけよう、そうじ力の伝道師として)

一宿一飯の恩義?を、カラダで返して頂きました。みんな有難う! 来年も遊びにきてね~。

雑穀増量

米を炊こうとしたら・・・白米が0.5合も無いじゃないか・・・さて、どうしたものか。。せめて1合ぐらいで炊かないとまずいかと思い・・18穀米の元を3袋投入してみた。。

鳥の餌

なんとか、1合。。こ、これは・・・子供の頃に飼っていた小鳥の餌!? びっくり

雑穀だらけご飯

■ File No. 005 雑穀だらけ御飯

凄くカラフル、しっかり歯ごたえ、なんかカラダにいい感じ満点です。腹持ちも良い感じ。(1食で1合食べたら当然ですか?)

開始間もないダンチュープロジェクト・・File No. 100を当面は目指して2009年は頑張るぞ~!めさん料理学校を随時開講しますので、希望者は不定期開催の土曜の晩に集まって下さい。(作った料理でそのまま宴会突入する感じ)

フラメンコ女子高等部

知り合いが踊るというのでフラメンコを見に行ってきました。以前、スペイン出張の際にセビリアで見た記憶があるので6年ぶりぐらいの鑑賞。

フラメンコ教室の先生と生徒さんで創る舞台というので気楽に出かけた訳ですが、踊る方も見る方も、想像以上の熱気と、高いレベルの演技。

フラメンコ

目線入れちゃうのが勿体無ぐらい・・

フラメンコ

こ、これは美しい・・・

フラメンコ

ん~、情熱的・・・ですねぇ。。ぽっ

そんな中、僕はパソ的*にはどうかなぁ・・とか、一人間違った方向で楽しんだり、(*・・社交ダンスの1種目にパソ・ドブレという闘牛とフラメンコをモチーフにした踊りがあるので、
フラメンコそのものにもわりと親近感。)

2回に分れたショーの時間をたっぷり堪能させて頂きました。本日のお客様の殆どはフラメンコを習っている生徒の皆さんと、出演者の友人達。女性率が90%近い中を見回すとなんだか美人さんが沢山!

この方達はダンスつながりで社交ダンスにも興味持たないかなぁ・・と物色していたわけですが、・・何か、何かこの集団の雰囲気は違う。。違うというか空気に違和感が。

このアウェー感、華やかながら女性集団が醸し出す独特の空気、、そ、そうか、わかりました。これは、女子高の空気。 (あるいは年齢的には宝塚!?)

・・あくまで県立男子高卒業の僕の想像ですが。

男子なんていなくても全然楽しいよね~私達! あ、その衣装素敵=♪☆ ・・・という黄色い声を年齢相応にしたら、こうなるのかなぁ。共学ノリないつもの社交ダンス仲間とはまたまた違うダンサーの空気を深呼吸。

大笑い 「すいません入学させて下さい!」

スマイル 「男子禁制です。」

真面目な話では、社交ダンスの次に今興味があるのはアルゼンチンタンゴです。でも、今のところはまだまだ社交ダンスです。

最近の濫読

暮れも押し迫り濫読目標達成(年間200冊)もギリギリになってきました。あっさり一口コメント(アウトプット)にてご容赦願います。

社会の役に立ちたい!と言い切れることは実は凄い格好良いことだと思う。社会企業家として「病児保育サービス」をはじめた元ITベンチャー経営者の著作。

1991年初版とは思えないほど、今も色あせない快作。戦略理論と人間臭い実践論が、見事な企業変革のドラマとなって胸に響きます。

通勤時間は短い方がいいに決まっていると思い込んでいた自分にとっては、むしろ通勤時間をわざと作りだして資源とし、自分の人生を高めるという視点に感銘を受けました。

攻めよせる西洋文化に必死で抵抗するように日本が誇る偉人を紹介する内村鑑三の著作。思想的な論評は脇に置いて、この作品を英語で執筆したという気概に感服します。

確かに、なぜ日本人は戦前を否定するのか。日本文明をどうとらえるべきなのか。まずは、この国に生まれて良かった・・と素直にまず思うところから考え始めたいです。

ほめ上手を目指して頑張ろう!と思いました。僕に急に褒められた人は要注意。それは単なるエクササイズかもしれませんよ(笑)

「負け犬」で一世を風靡した切れ味鋭いエッセイストの酒井順子さんです。この方の観察眼と感性、そして造語力って、本当に凄いと思います。 (ブログ仲間のみずたま△さんが結構似ているかも)

ツボにハマったのは、つぶ餡orこし餡のくだりの分析。僕がつぶ餡よりこし餡派、木綿より絹ごし派なのは、フロイト曰く口唇期的なんだとか。

口唇期的な性格とは、おっぱいを吸うなど、唇から快感を得ている乳幼児気分のまま大人になっちゃった・・・みたいなタイプをさすそうなんです。


ふーむ、だからいまだにおっぱい好きなのか・・・(納得)

183/200冊

 

朝帰り体験

日曜は二日酔いでボロボロのカラダに鞭打って朝からパーティのお手伝い。

パーティ手伝い冬の陣第3弾、今年最後のお手伝いです。

昨年と同様に、総合ディレクターに就任 スマイル

合同パーティで。アマチュアデモが50組ほどあってリハ進行だけで疲れました。

でも、今回も無事盛会のうちに幕を閉じることができました。

最後はプロの皆さんの踊りに感動。

そして、お待ちかねの打ち上げタイムです。

1次会はお行儀よく過ごして・・・2次会からが本番!

・・・のはずが、なぜか疲労困憊ですわ。。

2次会も、せっかく兄貴とご一緒出来ているのにノリが今一つ。

しかし、3次会のカラオケになるとだんだんと好調に。

でも、元気なのはプロダンサーY美ちゃんだけ、、、始発待ちの学生達は息も絶え絶えです。

そして久しぶりの始発帰り。

今回は過去の反省をふまえて月曜を有休にしていたのでした。

ガス検出器の交換の予約も午前中にいれていたし。

朝6時に帰宅、布団にダイブ。

せっかくの有休の1日が勿体無いと思い・・普通の時間に起床しようと思いましたが、、

お昼まで完全に爆睡 大笑い (殆ど金縛り状態)

あぁぁ、絶対に2時間睡眠で仕事とかいけないカラダに成りました。

(休みとってよかった~)

年齢相応にちゃんと終電あたりで帰るようにしないと。

せっかくの時間も活かせない。

聖夜にナチュラルターン in 2008

世はクリスマスイブ。

いそいそと退社する僕に周囲の上司がかけてくる、しっかりやれよ~的な声。ええ、言われなくてもしっかりやってきますよ・・・という訳で、レッスンに行ってきました 大笑い

昨年のクリスマスイブもダンスの練習をしていた訳ですが・・ずいぶんと僕を取り巻く環境も人生も変わってしまったものだな・・と遠い目。でも、起きたことは全て正しい、のだ。

もう少し補足するならば、時に世の中は理不尽ではあるが、しかしその中で人は自分なりに、細々とでも努力して生きていくしかないのである・・ということなんでしょう。

さて、O先生の下であきさん(仮名)との2回目のレッスン。本日は前回ワルツの復習と、新しくクイックを習いました。先日の練習場あたりから妙に2人のホールドがピッタリ合ってきた感があり、とてもとても踊りやすくなってきました。今は練習が楽しくてしょうがありません。

大満足の帰宅の途につくと、あきさんからメール着信。

スマイル 「今日習ったところ重要だから、忘れないうちにちゃんと練習ノートにつけておいてね。」

号泣 「わかりました~~。」 (従順M男)

クリスマスイブ

(鯨の刺身、生ハム、茸のリゾット・・め飯)

帰宅後、自宅にて・・34歳独身男2人がシャンパンで乾杯。2008年のイブはこんな感じにて満喫。ちなみに上司に聞かれても、昨晩は家で同居人の友人と2人でディナーでした・・と事実は言えない。

なんか、間違った悩みを与えそうだから 大笑い

初OB忘年会

東京というアウェーに出てきた大学のダンス部仲間での忘年会発動・・・これって初企画!?幹事はOB6年目の元主将(冬のワルツチャンプ)。参加した中心メンバーはOB1年目から8年目ぐらいの若い連中。

そこに、一人だけ13年目の長老が・・・・・・って、僕ですよ。。 (間違いなくOB1年目とかは僕を9年目ぐらいだと思っている・・)

北大飲み

いいですね~、元ダンサー達の良い笑顔。みんな、ミニマム5キロは現役時代より増量しています。あいかわらず新旧OBで盛り上がるのは学生時代の昔話。不思議な事に、時代を超えて似たような体験を共有しているんですよね。

少なくとも根城にしていた居酒屋きよたは一緒なわけで。(そのお店が先日経営者が変わって長い歴史を閉じました・・)その中でもやはり真剣に問題視したのは、先日の敗戦。間違いなく全日で準決勝以上に1カップルも進まなかった試合はなかった気がするんです。・・・この20年ぐらい。

ここはOBとして、現役の3年生(新4年生)以下に喝を入れにいかなきゃいけない・・ということに。北海道OB旅行決定!

来年、1月の終わりぐらいに攻め込みたいと思います。早く行かないと来年の夏全日に間に合わない。こうしてみると、本日のメンバーは夏のラテンチャンプをかしらに、ファイナリストだらけ。

自分の大学が弱小校に落ちていくのは残念な限り。普段は距離があるので顔も出せないけど・・少しでも現役の気持ちをかきたてることができれば。(ついでに北海道の幸を楽しめれば言うこと無し・・ま、僕は実家もありますが)

・・・そして、18時半から始まった宴は翌日2時を過ぎて・・・

収容所

いつものように腹心達を引き連れて帰宅(・・したらしい)。朝起きたら居間に彼らがいた。そろそろ常連達の歯ブラシの置き場を作ろうか。。(毎回お客さんに新品を使い捨てさせるのは勿体無い)