2008年7月末〆

恒例の月末〆です。

● 公開減量生活

7/1 76.0キロ(18.0%) → 8/1 75.5キロ(17.2%)
(期間中 MAX 77.0キロ MIN 75.1キロ)
体重の目標の75キロが目前。そりゃ、週に3回ダンスすれば踊れば痩せるのは明らかですけど。(勝ち誇り)

● 「365万歩のマーチ」

1日平均 10,068歩
(7月累計・・ 325,408歩  年間累計・・ 2,174,382歩  (8/1時点))

すっかり1万歩生活が板についてきたかもしれません。そんなに余裕でクリアーしてる訳ではないですけど。

● BATIC認定プロジェクト

完全に満足できる結果ではなかったけど、まぁ、ベストトライだったかなー。

自分自身で目標設定して、そこに向かうというのは大事な流れなので、引き続き頑張っていきたいと思います。しばらくは、夏休みですけど。

● 200冊濫読プロジェクト

7月末・・ 120/200冊 

このあたりから巻き返し必要ですね。なーに、時間は今のところたっぷりあります。

● お金は天下の回りもの

しばらく更新できてなかったです、このカテゴリ。ちょっと、先日の「年収崩壊」という話もありましたし、意識しないと。。

・・・そして前月ではあえてデリートしたこのカテゴリ。

● リーマンダンサーズ

再始動しました。まずは、パートナー探しのお見合から・・・
そして、決めましたよ、2人目のBさんに。 (仮名:ゆみさんとさせて頂きます)これからどうなるのかな~。

何しろ、パートナーをインターネットの掲示板で見つけたのは初めての経験です。いったいどうやって人間関係を築いていくものなのか。手探り状態の日々が続きそうです。でも、これでも一歩前進かしら。

男磨きプロジェクトについては近日中に方針を固めたいと思います。

婚活を考える会

先日読んだ「婚活」について意見交換すべく、緊急企画を発動。
題して「婚活」を考える会 

本日はコメンテーターとしてブログ仲間の雛 de pinaさんをお誘いしました。

「どうも、初めましてーー」 

あれだけ日々の細かなことから恋愛までを赤裸々?につづられてるので、予想通りの雰囲気。さっぱり系なお姉様でした。(あ、僕より年下さんですけど、何となく大人な感じ)

1人では行きづらいとブログで言っていた焼き鶏をつまみつつ、色んなことをおしゃべり。雛さんには初めてお会いするんですけど、先日のジンマシンから、弟さんのことや、先日の旅行、最近ダンスをはじめたリーダーさんと解消したことから、仕事の資格試験のことまで、雛さんのたいがいの出来事を知っているんですよね。あちらも僕のことをご存知ですけど。

ブログ付き合いって、長く文通しているようなものかなーと思います。宛先がいっぺんに沢山あって、誰が受けとっているかも分からないのが怖いところですが。

そしていつしか話は、「婚活」へ。具体的なチェックポイントが次々と並ぶのがリアルすぎますので割愛しますが。

でも結局はこの言葉で片付くんです。

ま、いい人がいればね~・・って 

月並みですが。

雛さん、男磨き、女磨き、それぞれ頑張りましょう!!

弟が久しぶりに北海道の片田舎より上京してきました。

さすがに大学生活も9年目なんで飽きてきたのではないかとこっちが心配しちゃいます。

今回は、ある政府系機関の公募を通過して、弟の研究にお金がおりるというメデタイ上京。半年ちょっとの期間ですが600万円近くの人件費&経費が弟一人に下りるのだとか。

 国民の血税を無駄にしないように。

・・・僭越ながら日本国民を代表して我が弟に訓示をたれときました。銀座のお気に入りの飲み屋のカウンターなので、特に重みはありませんが。。

5つ下の28歳の弟。

口うるさくて、身長も態度もでかい、目の上のタンコブの兄(33歳)。

お互いが20代になってようやく会話がまともに成立するようになりました。できれば、父親を交えて3人で酒を酌み交わしたかったのですが、それもかなわず。

広い世の中に、兄1人、弟1人。兄として、時には父親代わりとして、引き続きタンコブ役を引き受けなくては。

今日は弟の研究が世間にも少し認められ、彼の世界が広がっていくであろう話を聞き、とても誇らしい気持ちを感じました。

そして美味しくお酒を頂きました、ちょっと多めに。また、ちょっと記憶が欠けました。

大丈夫か、兄よ・・

いきなり泣かせました

Bさんこと、ゆみさん(仮名)とのダンス生活を本格始動致しました。月~木の中でレッスンを1~2回、土曜日に練習場というのを基本サイクルに。

本日は2回目のN先生のレッスンです。

そして、練習中いきなり彼女を泣かせてしまいました 

テレマークテレスピンあたりだったのですが、彼女自身が習ってきたこととの違いを修正する中で、多分、彼女自身がアウェー環境で緊張する中で積み上がる要求に応えられず・・・悔しいやら、悲しいやら、色々な気持ちで、いっぱいいっぱいになったんでしょうね。。

彼女が孤立感を味わうことがないように、リーダーの僕がもっと気を払わないとなぁ。。びっくりしたN先生が一生懸命に彼女をなだめてくれました。。

なまじ、ゆみさんがダンス上級者に見えたので、ついつい先生と一緒に畳みかけてしまいましたが、ことスタンダードについては、もう少し慎重に理解度を確認しながらの方が良さそう。

彼女自身が自信のあるラテンの練習を織り交ぜるのも良いかもしれません。そして何より、彼女からリーダーとしての人間性そのものに信頼感を感じてもらわないことには。。

ということで本日のフォローを帰宅後の電話で30分。

良く考えたら、お互いのこと、まだ殆ど何も知らないんですよね。信頼関係を築くのに王道はないと思うので、コツコツやっていきたいと思います。

<練習メモ>
● 自分の本来の高さのホールドで踊る、踊れる、特に右ひじ・右手に要注意
● 低く、低く、とにかく低く、すでに十分高いのだから
● ゆったり、ゆっくり、まだまだ使えるぞ、その足は

・・・どっかの標語みたいな謎のメモになりました。(自分しか分からない)

言葉に残すと、如何に自分が感覚の積み上げで踊るイメージを構築しているかが明白。。

まぁ、いいや。物理を勉強してない文系人間なんで。

独身王子・・なのか?

いまどきシングル男性の生態とホンネを解きほぐす一冊。マーケット本としても、団塊ジュニアのシングル層は興味深いですね。(自分含め)

自分は、この本の中のモテ系、ナルシー系に若干デキる系を足して割った感じかなぁ。ちょっと共感する部分もあれば、全然かすらない話も沢山あって・・・多様性というのも一つのキーワードかもしれないと思います。

65歳の仏文学者のシングル著者がシングルライフを賞賛・・・なんかそれだけで、どうしても気持ちが暗くなって来ます。

ソリテール(孤独)とソシテール(連帯)を両立させることが大事とかいいつつも、結局は、オプティミスト(楽天家)として多少の希望をかけたい・・なんて〆られると、シングルライフにはそれなりに不安が湧いてきます。。 (もっと、賞賛してよ)

就職活動、いやゆる「就活」と同じように、結婚にも活動が必要とは知りませんでした。。

当面はその種の活動を行う気もわかない気がしますが、環境は厳しい事を認識すべきかなぁ。でも、いつかの為に、いい男磨きは必須です。

ハズレ。

でも、消費するのではなく、投資する男になりたいとは思いました。

■120/200冊(2008年)

年収崩壊

今のところ僕の年収は頭打ちになっただけで崩壊はしていません。でも、5年後どころか、2~3年後はどうなるかなんて、確かに分からない。

格差社会を斬る人気経済アナリストの森永卓郎さんの著書。ベストセラーの「年収300万円時代~」の文庫版とセットで一気読み。

色々な意見があると思いますが、今の日本、特に都市部では年収300万では僕はしんどいと思います。人によって必要な額の違いはあると思いますが、ある程度の絶対額を確保した上で、身の丈にあった暮らしや、その人にとっての豊かな人生を求めることができるのではないか、と。

自分の場合だと、食費や本代や、ダンスに使うお金は削りたくない。でも、できるだけ「見栄」に属するような部分は節約したいと思っています。「年収崩壊」で指摘されている、効率良くて確実な節約方法が、固定費の削減。

わりと必要な手は打てている気がします。

● 住宅ローンの借り換え、繰り上げ返済

● 過度な生命保険、医療保険の解約

● 東京では車を持たない主義

でも、月収の範囲で生活できず、ボーナス月をあてにするサイクルなんで、これを何とかしないと。。生活費の3年分、少なくとも1年分は預貯金として確保する事が本書の中では推奨されてます。

今は生活費5か月分ぐらいしか手元にないなぁ。。貯筋生活に続いて、もう少し貯金生活も考えないといけないかも。。

ただし、最低限の日常生活を確保した上で、人生の幸せを得れるかは自分次第。森永先生が巻末で良い事をおっしゃっています。

例え世間のトレンドと違っても、自分なりの好きなものや、好きなことをみつけ、その喜びを分かち合える仲間とコミュニケーションを楽しむ。それがいちばん豊かな人生だ、って。

なるほどなぁ。

ブログを読み返すと自分が好きなもの、好きなことって明らかだから、後は仲間を探すだけだ!

■ 116/200冊(2008年)

新生活応援グッズ

見慣れぬお名前の方から小さな小包が到着。考えること5秒・・・あ!!

そうか、ブログ仲間のみずたま△さんの本名か。ご結婚されたので苗字が変わったのですね。(そもそも、旧姓でも呼んだことがありませんが)配送伝票の備考欄に「みずたま△」と書いて頂ければすぐわかるのに。。

半年前にご結婚された時に祝電を送らせて頂いてからはしばらくコメントづきあいだったのですが、先日の傷心プチ帰省の際に、心温まるエールと「カムチャッカのマグロ」土産のご指示を頂き、最近、本来の食欲をすっかりとりもどされた様子なので地元の海の幸を送らせてもらったんです。(旦那さまと一緒に美味しく食べて頂いたようで良かった!)

こんな素敵なお返しを頂いてしまいました。

ご本人が題して「新生活応援セット」。「結婚しました」葉書の裏には、メッセージが。。

● ダンスに向けてのカラダづくり (→DSカロリーナビ)

● ダンスで疲れたら目薬でシャキット

● ダンス後、汗をふく(お洒落に)

「新しいスタートを切られたようですので、新生活応援セットをご用意しました。」って・・あいかわらずのとぼけた才媛ぶりが素敵。旦那さんも毎日、奥様に飽きる瞬間がないのではないかと思います。(不用意に酔って帰ったりすると大変な目にもあったりするし)

さっそく新生活に活用させてもらいます。

みずたま△さん、有難う!
(追伸・・凄く久しぶりに目薬さしたのですが、1分ぐらい目が開かないのは仕様ですか?)

カタールの花嫁

金曜の晩にサプライズニュースが飛び込んできました。会社の同期の友人、合コン王子ことカタールのしさん。駐在前の駆け込みで彼女をゲットして3月にカタールに飛び立っていった彼。

そんな彼が・・何とビックリ、先週末日本に緊急帰国して・・入籍してました・・・。

おめでとうーーーーー !! 

でも、はよ言えやーーーーーー!! 

すぐ電話しちゃいました。(今月も携帯料金高くなるナー。。)金曜は中近東はお休みですから。彼女、いや奥さんはビザなどの渡航手続きをして9月にカタール入りするのだとか。もろもろの帯同手続きをする為にも、まずは入籍が必要だったとのこと。

それにしても思い切ったなぁ。初めての一緒の生活が色々と不便の多いカタール。しさんのカタール結婚生活がうまくいくことを願ってやみません。制約の多い海外生活、狭い人間関係などで行き詰らないといいのだけど。

2回目の駐在(それも再び中近東)、絶対に単身では行きたくないと頑張った奥様探し。見事に実を結ぶ結果となりました。よかったね。僕も、半年後か、1年半後か、2年半後ぐらいの2回目の海外駐在。やっぱり1人では行きたくない気もするなぁ。。

パートナーさんの募集は某有名ダンス関連掲示板にて行いました。最初に載せたものは3日ぐらいで落ちてしまったので、これは再掲載したもの。せっかくの記念なのでブログ上にも残しておきます。(もうこれ以上は募集しないので)

(落ちてしまったので再投稿です)

都内在住 181センチ、76キロ、33歳独身、学連出身です。昨年ダンスを再開、財団スタンダードN級からやり直し、今年C級になったところでカップル解消致しました。今のところはスタンダードメインですが、ラテンも同じぐらい好きなので、いずれ再開したいと思っています。週末を含め週2~3回の練習で、後期の競技会から一緒に踊ってくれる方を現在探しています。練習場所は都内、浜松町から東側で考えています。できれば、学連出身で、20代~30前半、身長160センチ以上の方を希望しています。よろしくお願いします。

・・・どうでしょうか。

自分としては他の多数の曖昧なお相手募集書き込みを分析しつつ、自身の情報と希望条件を明確にしたつもりですが。。

これは2回目なので、すこし募集条件の絞り込みをゆるめてみようと思い、1回目とは違って、「できれば」という言葉を最後に挿入して、身長希望も165センチ以上ではなく160センチに。

すると、それ以降に連絡頂いた、Cさん、Dさん、Eさん、Fさん・・・学連出身ではない、160センチピタリ、30代後半など、見事に微妙なブレが少しずつ。

でも、容姿はわからないんですよね、お互いに。あと先方のスタイルや体重も。そんなお互いによく分からない関係ながら・・

「よろしければダンスに対するスタンスなどより詳しく聞かせて下さい」

なんて質問に真面目に答えを書いて返信したり。大変興味深い体験をしています。

案ずるより踊るが易し

先週からはじめたお見合い生活も2週間目に突入しています。・・・といっても、まだAさんとBさんのお二人にしか会っていませんが。

<前回までのお見合い履歴>

Aさん・・・元A級パートナーのダンス大好き超実力派お姉様

Bさん・・・ラテン・モダンB級パートナーの明るい長身10ダンサーさん

モダンの実力から致しますと圧倒的にAさんが凄まじいのですが、逆に僕が選んでもらえない感じ。あまり現在の実力差がありすぎるのもお互いに不幸の原因になりそうですので・・

ここは、今までラテン中心にやってきたBさんにお願いしようと思います。これならば、モダン、ラテン、それぞれ相手より実力が上な分野があってフェアな気が。習いに行く先生に指定がないのも重要なポイントでした。

やはり僕は今までお世話になった師匠のN先生のもとに通いたいので。

Bさんにお会いするのは2回目なのに、早速、N先生のもとに一緒に行ってきました。「先生のご意見もお伺いしたくて・・」と事前にお伝えして。

僕の彼女に対する第一印象は・・・大変申し訳ないのですが・・・一言(心の中で)

デカッ!

でしたが、流石に先生、顔にもチラリとも出しません。そして、いつもと同じ位置からナチュラルターンしたら、鏡の世界に飛び込みそうに。。自分がシャドーするのと同じくらいカップルで動けるのが怖い!(Bさん、足がむちゃ長いのです)

しばらく暴走気味な僕の動きを見ていたN先生、おもむろに僕を呼び寄せ重心をさげさせます。・・わかりました、僕は背の高い相手を前にして(初)、もっと高くなろうとしていたんですね。

きっちりロアして、もっともっと低く踊ろうと心掛けると、俄然踊りやすくなりました。・・実は初回に踊りにくいと思っていたのですが、僕のせいでした!!

そして、ステップもすぐに覚えてくれる! (既に知っているステップがそもそも多い)こ、これが経験者とのダンスかと、背筋が震えました。

大変満足な初レッスンを終え、N先生からも合格点が出たようで決意が固まりました。2008年後期の試合には、

180センチカップルで挑戦します!(Bさん、174センチ+シューズ6センチヒール!です)

Aさんには明日もう一度お会いするのですが、相手を決めたことをお伝えしなくては。・・勿論、練習後に。 (だって、先生のように教えてくれるんです)

既にお会いする約束をしてしまっているCさん、Dさん、それ以外のEさん、Fさんはどうしよう。短いお見合い生活でしたが、終息に向かわせなくてはいけません。