「家飲み推進派」カテゴリーアーカイブ

家飲み83宴目〜ハードリカーテイスティング

週末、先日数家族で遊びに行かせて頂いた先輩ご家族をお誘いしての家飲み。本日のメニュー&セッティングもいつものように妻にプロデュース頂きました。

(この日は和食にちょっと洋をいれた感じかな)

(この扇状のお皿、スープカップと相性よく毎度いい仕事してますね、これも妻が掘り出してきたアンティークなお皿)

僕の担当は前々回の家飲みと同じくオーブンで焼き上げるメインの肉。この日はラムラックを塩麹漬け、ポークバックリブをリンゴと照り焼きソースにつけてみました。

(大分と焼き上げるのも慣れてきました)

手前のラムは30ドル、奥のポークは15ドル。でもラムは美味しかったなぁ、、いつもWhole Foodsにあるわけではないのが注意ではありますが。

ポークのリブを次女がかぶりついていたのには驚き。リンゴすりおろしで甘めの味付けにしたのが良かったのか。

本日は先輩ご家族にお酒やデザートだけではなく娘達にまで沢山お土産を頂いてありがたいやら恐縮するやら。

レミーマルタン様を頂き、皆で堪能致しました。久しぶりにコニャックを頂きましたが、・・・美味しいなぁ!と驚きました。

利き酒師の頭の整理的には、ブランデーという主にぶどうを原料とした蒸留酒の一種がコニャック。フランスではアルマニャックと並ぶ高級ブランデーの名称。

等級としては下から順番に、V.S.→V.S.O.P→X.O.あるいはナポレオン。一番下がV.S.でベリースペシャルからスタートして、ナポレオンが最上級の名称とか、いろいろお高く止まったおフランスな感じですね。

以前お邪魔した時に楽しんだフローズンマルガリータを出したり、先日持ち帰ってきたギリシャのリキュールを出したり、バーボン飲んだり、ハードリカー談義とそのティスティングであっという間に時が流れました。

この日もしっかり娘達よりも早くストンと深い眠りに落ちてしまったようで、おそるべしはハードリカーのパンチ力です。

こうして社内外のご家族と週末に楽しく食事して、お酒飲んで、いろいろな話をさせて頂く機会を持てる生活を有難く思うと共に、いつも協力してくれる妻に感謝です。

家飲み82宴目〜観劇談義

先週末の家ご飯はご近所のY家とご一緒に。ご夫婦でミュージカル観劇に行かれる間、我が家でお子様達を預かり遊ばせて、その後の晩御飯で皆が集合する流れ。

(料理は各家持ち寄り&SEIWAの刺身盛りで手巻き)

子供達はサーモン&ツナで先に食べてもらい、大人達はゆっくりお刺身から手巻きを堪能。やっぱり手巻きの日は定期的に開催したいもの。夜の炭水化物摂取は避けたいですが、たまには。

(舟に盛ると少し刺身が豪華に見える気がします)

本日の話題はもっぱら僕以外の皆さんが観劇したばかりの怪人について。ヒューストンにネイションツアーでオペラ座の怪人が回ってきており、土曜日のマチネで妻、日曜日のマチネにY家ご夫妻が出かけられて観劇。

名作「オペラ座の怪人」、僕はかれこれ3年前にブロードウェイで1度観ただけなんですが(→隣人は怪人)、Yさんは日米欧各地でもう10回ほど観劇されている大の怪人ファン。本日のキャストや最近の演出の変更について熱く語られる姿が眩しかったです。

(仲良しなご夫婦ぶりを良く見習いたいと思いました)

ミュージカル以外にも好きな映画の話を伺ったり、学生時代の音楽活動の話を聞いたり、本日はなんだか文化部的な空気感が楽しい家飲みでした。

(本日開けた鳳凰美田も米の味がしっかりで美味しかったし)

僕自身が誰か他の男性とミュージカルの話をしたのは本当に久しぶりでしたしYさんも同様だった様子。世間一般からすればまだまだレアな嗜好の世界なのかなぁという思いを深めた夜でもありました。世界各地に散らばる観劇部の皆さんは元気かな。

家飲み81宴目〜ポークスペアリブお披露目

先週末はご近所のパパママ懇親会でした。

夫婦でのゴルフ企画もご一緒でさせて頂きましたし(→夫婦でハーフラウンド)、遡れば我が家の念願のキャンプデビューもご一緒させて頂いたなぁ。(→米国でキャンプデビュー

妻子交えての家飲みの機会はインターナショナルな4月の宴(→78宴目)以来ですので、かなーり久しぶり。僕もどちらかというとゲスト目線にて久しぶりの妻のセッティングと料理の数々を楽しませて頂きました。

本日のメインセッティングは少し前に妻が骨董市で見つけてきた扇型のこちらの逸品。ここに同じスタイルの食器を併せてハロウィーン風コーディネート。

(扇の根元にムースのグラスを合わせるのがこじゃれ系)

妻が少しずつ集めている米国のアンティーク食器がキャンドルウィックのつぶつぶした方達(多分)。。だんだん色々な種類が揃ってきたので統一感が出てきた気がします。

奥がローストビーフで手前がチーズ盛り合わせ。

(Mちゃんが持ち寄ってくれたお得意のアクアパッツァ)

この日は泡からはじまりワインを飲みましたが、やっぱり登場したのは我が家で練習中のフローズンマルガリータ(→大人スムージー)。生のイチゴを冷凍させて使うと全体にトロッとする感じがします。

一応、本日のメインは何か肉・・という指示にて、ポークスペアリブのオーブン焼きをデビューさせて頂きました。先日家族内で一度練習しただけ、二回目で本番の気楽さ。本日のこの一品だけが私の準備(手料理)。あとは全て妻のプロデュースです。

ちゃんと焼きあがりましたポークスペアリブ。下味は一本は塩麹漬け、もう一本はニンニク生姜醤油漬け。2時間ほど冷蔵庫で寝かせた後、華氏で400度、摂氏で200度ぐらいの低めの温度のオーブンで表60分、裏20分で焼き上げたものです。

すごく簡単な割に美味しい、そして下味はかなり和風。(日本酒でも赤ワインでも、どちらもいけました)わりと好評でしたので、これからメイン食材のローテに加えていくべく研究を継続したいと思います。(結構リーズナブルな食材ですし)

こうして縁あってご近所で子供達も含めて日本人同士楽しく飲めるのは有難いことですね。次は土曜日の早朝ゴルフをご一緒したいですね〜なんて男性陣で盛り上がったりも。

最後は全てが遠い記憶に白んでいき・・・翌朝。というのも変わらずでした。

家飲み80宴目〜ゴルフ合宿

先週末の夜は、毎週末に朝活ゴルフでお世話になった若手達への感謝の気持ちを込め晩御飯を振舞わせて頂きました。土曜午前に一緒にゴルフをやって、夜は飲んでそのまま泊まってもらい翌日曜午前もゴルフへ出かけるという合宿スタイル。

本日のメニューは、シンプルに定番の居酒屋的なもので。

(SEIWAで69ドルの刺身盛り合わせを事前予約)

(鶏肉、豚肉、牛肉の串を準備)

テーブルセッティグ、妻の真似をしているはずなんですが、どうもビシッと決まりません。食器をガラス系にして涼しげにしようとしたのですが見返してみると統一感も無いし。(やはり、センスの問題か・・)

(刺身達はいつもの舟にご乗船いただきました)

(ナスの揚げ浸しは自分が好きなので・・・中国ナスは日本のナスとちょっと違うので見た目がイマイチ。。)

(我が家の定番、大根サラダホタテ缶マヨ。貴重なホタテ缶を1つ使わせて頂きました)

(こちらはツナ缶マヨ柚子胡椒風味、日本酒に合います)

普段ロクに自炊もしていないのか、何を出しても「うまい!」と喜んでくれるので、もてなし甲斐がある本日のゲスト若手二人。

刺身と一緒に貴重な日本酒ストックから一本だけ空けて・・

後は裏庭の七輪で串を焼きながらワインを三本空けました。

酢飯に残しておいた刺身をのせミニ海鮮丼で〆。

なんだかんだ6時間ほど飲み続けしゃべり続けの楽しい宴となりました。途中で東京の妻子メンバーともLINEにて繋がれました。次回は我が家のフルメンバーを改めて紹介したいです。(N君に晩御飯前にテニスを教えてもらう企画を密かに狙ってます)

家飲みも米国生活5年目で累計80回に。回数に入っていない妻との家飲みがもうすぐ再開出来るのも楽しみです。

家飲み79宴目〜平日ちょい飲み

部下の若手を従え、場所を変え少々アドバイス(おっさんの説教?)したかったので平日にちょい飲み@自宅。気がつけば単身合宿中では初来客でした。

米国赴任して間もない頃の単身生活では若手を誘い家でもよく飲んでいた気がしますが、だんだん頻度もやる気も下がってきた気が。若手の年齢が下がるほどにだんだん誘いづらい空気も。もうこちらも40代半ば・・ですし、誘われる若手も億劫か。

アボカドは程よく熟したのを買うのは難しかったりするけど、食べるのは超簡単、醤油とワサビが意外に合うんだよね・・

鷄もも肉を塩麹につけたものをネギと炒め合わせて生卵をくぐらして頂くのは簡単で美味しいよ・・

6ヶ月の単身生活で一度も料理をしたことがないという若手に簡単に料理の解説をひとつひとつしながら晩御飯を並べてみる。

(さぁ、食べますか!)

自炊ができなくても別に生きていけますし、そもそも食にこだわりもなくても問題ないんだよなぁ・・とは思いつつ、なんとか新たな世界の楽しみを彼に伝えられないかなぁとも黙考。(本題は別でしたけど色々関連もある気がします)

平日ゆえ、ちょい飲みで日付の変わらぬうちに終了。
Uber呼んでサイナラ〜!(それにしても東京の平日は遅くまで飲みすていた・・・と思います。帰国した暁には改めよう)