「家飲み推進派」カテゴリーアーカイブ

お家焼肉でミニジンパ

妻の実家への居候中、われわれ夫婦で夜の買い出しを任された夜がありました。たまにはお家で焼肉なんかどうでしょう企画。

やはり牛肉の単価的には米国の方がまだ少し安いかもしれませんが、、ずいぶんとサシ(脂肪)が入っているのが違います、日本の牛肉。

あ・・・道産子のソウルフードであるラム発見!これはやるしかありませんね、ジンパことジンギスカン・パーティー。

東京でもベルのタレが買える時代に感謝。

ラムだけではなく、サシがたっぷり入った牛カルビ、ハラミ、豚に鶏肉つくねなど色々購入して日本のお家焼肉事情を再調査。色々な種類の肉が小分けで買えるというのは凄いかも。

ホットプレートも出して頂きました。オトナ4人、子供2人でこの量を買ってしまう自分の脳内計算機がいまだにテキサス仕様な気がします。。。手前は冷凍のラム肩肉500グラムです。(ざっと2.5キロぐらい)

焼きながら冷凍ラムを溶かしていく道産子スタイル。やっぱりベルのタレと一緒に食べるラムは美味しい。自分は羊臭いマトンもOKですが、より多くの人に受けるのはやはりラムだと思います。

タレに漬け込んだ派か、そのままの肉の生派かは意見の別れるところですが、どちらか選ぶなら生派かなぁ。タレに浸かった肉はご飯やビールが相当進むのでこれはこれで捨てがたいですが。。

お家焼肉をジンパ化する・・これは定番になりそうです。ジンギスカン鍋も買おうかな。。

5度目のキャンプ中止・・・からのお家BBQ

先週末、親しくさせて頂いております友人ご家族達とキャンプの計画をたてていたのですが・・・またも、雨予報となり中止。

なんとこれが5回目のキャンプ中止、そして我が家はいまだにキャンプ未経験・・・。(誰が雨男なのか・・・俺か)

初キャンプ準備!と意気込んでいたのがもう2年前ですから。。。(→初キャンプ準備)妻にいたっては、もう我が家が参加すると人様にご迷惑をかけることになるから、キャンプ界から引退しようとまで・・・(まだデビューもしてないけど)

(だいたい家飲みやお家BBQ企画になります)

軽くしか降っていないけどなぁ、でも夜中に雷雨になったら嫌だしなぁ・・などとブツブツ言いながらも楽しくBBQ。

相変わらず小技がきいているのがZさんのBBQ準備。仕事がしてあるという意味では江戸前の寿司的な。

このトッロトロなカマンベールったら、もぅ、Jちゃんったら。

初めてご一緒するKさん家族も相当なアウトドア巧者。ベテランな皆さんがキャンプ道具談義を交わす際、僕はやや孤独。だって使ったことないですからね!(笑)

子供達8名は妻が担当した焼きそばや他の料理を食べて皆で遊びまくり。大人達はゆっくりとあれこれたいらげていきます。妻が準備した自家製焼肉のタレがいい味。

そして〆はI家の奥様Kさんお手製のスイーツ。ふんわり絶品なこちら、本日は小樽ルタオ風のチーズケーキのレシピだとか。そういえば札幌のきのとやのチーズタルトを脅かす存在として名前を聞いたことがあります。(千歳空港でのお土産としても買ったことがあります、多分)

本日もたっぷりとビール、ワイン、焼酎と様々に頂きすっかり気持ちよくなった頃、待望の雷雨がスタート。

バンザーイ(俺たちの判断は正しかった)

あきらめず来月にもう一度トライです。これを外すと家族が一時帰国してしまいますし、夏は暑すぎるし・・・また秋かな。

家飲み42宴目〜すき焼きと一升瓶

先週末のお楽しみイベント、家族で仲良くして頂いているOさんをお誘いしてのゴルフ〜からの家飲み企画。

久しぶりにすき焼きを食べてみたくなって午前中にHマートで肉と野菜を買い込み、さらに大道で生卵を大量ゲット。これで準備は万端です。

IMG_8100

肉は合計8ポンドですから3.6キロ。メインはプルコギ用の牛肉。あとは脂たっぷりの牛カルビ肉、しゃぶしゃぶ用の黒豚、あと牛タン薄切り。

IMG_8101

野菜もどっさり。長ネギを中心に、春菊と各種キノコの食べ比べいたしました。(豆腐とかしらたきも買っておりましたが・・出し忘れた)

IMG_8105

今宵の参加者の出身地は北は北海道から南は四国、九州までと様々だったのですき焼きの割り下の味加減が悩みどころでしたが、まずまず好評だったようです。(レシピは、だし汁200mlに、みりん、酒、醤油を各75ml、砂糖が大さじ4です)

そして本日のお酒は・・・

IMG_8104

獺祭の一升瓶様!

精米歩合50%の一番安いやつですが、それでもヒューストンで一升瓶は貴重。Hマートで60ドルで売っているのを発見して即買いしました。(買い占めなかったことを今になって後悔してます。次に行ったらもう無かった・・)

日本だと酒屋での定価は3千円ちょいだったと記憶しますが、ネットで調べるとプレミアムがついて百貨店などでは5千円超え。ヒューストンで60ドルで買えるなんて、殆ど値段に遜色ないじゃないですか。(また売らないかなぁ・・・)

楽しい夜は勢いが止まらず、さらに備蓄していた白鹿の純米吟醸(紙パック900ml)も飲み干し、メキシコで仕入れたテキーラとメスカルの利き酒まで楽しんでしまいました。

つまみにはチャンジャやピリ辛きゅうりのHマートお惣菜や、うなぎ肝なども参戦しすき焼きの脇を固めました。

IMG_8107

(このRevolucion、トロッとした甘みが絶妙な味)

こうしてヒューストンでも、妻や子供達のつながりを介してパパ友の輪が少しずつ広がるのは嬉しい限りです。

そして家飲みと聞いて喜んでかけつけてくれる若手達にも感謝。

■ 家飲み食堂☆ヒューストン・・42宴目

家飲みのお手本

家飲みのお手本といえば、頭に浮かぶのはO先輩宅の宴。
毎回お邪魔していて共通するのは、美味しい食事と尽きぬ酒。

そして、ポンポンポポンと空いていく泡達。5本、6本と空いていますが、どうやって冷やしているのだろう。。

大好物のRさんご自慢のビーフシチュー、本日は記憶のあるうちに到達。いつも素敵な晩餐、ありがとうございます。

我が家も我が家なりのおもてなしスタイル、今後研究していきたいです。せっかく利き酒師がいるので、日本酒&創作和食方面を攻めたいです。

豚しゃぶ研究

豚しゃぶ研究中。
先週末に引き続きのセレクト、本日は妻のご両親をお誘い。

(スパークリングワインとオレンジジュースのミモザ風、これいい感じ)

(二子玉の高島屋でゲットしたちょっと高めの銘柄豚、牛に比べれば勿論お得)

たっぷりのネギを投入したつゆで頂く豚しゃぶスタイル、だいたい満足の完成度。今後は手巻きなどと同様に定番メニューのひとつにしようっと。

(いつもお世話になっているのでたまには、be our guest !!で)

娘はジジババが家まできてくれて喜ぶし、パパママもたまに招かれるのは嬉しいし、ついでに僕は料理でストレス解消になるし、とあちこち良し。

さて、肝心の妻は喜んでくれているのかなぁ。
どうも僕が自ら楽しんでいるようにしか見えないらしい。

さすが鋭い。