「地球のさ迷い方」カテゴリーアーカイブ

トロントの休日

トロントで迎える初の休日。

朝から活動開始なので、時間は十分にありますが、所持金は若干心細いところなので・・「タクシー呼ぶかい?」と聞いてくるホテルのおっちゃんに、「市内まで行くのに一番安い方法は何?」と問いかけ、市バスと地下鉄を駆使して、市内まで出ることに。

タクシーで行くと30分で50ドルかかるところが、市バスと地下鉄を乗り継げば6ドル! 1時間以上かかりますが。でも、公共交通機関を使うと必然的に色々な人に話しかけるし、街そのものに詳しくなるので、旅らしくなってきます。

市の中心部にはけっこう教会が目に付きます。

img3beaca7czikfzj

勿論、モダンな建物も沢山。

imgef67e6d5zikdzj

劇場街、金融街をそぞろ歩いて、向かった先はマーケット。

img4ebfaec4zik7zj

毎週土曜はファーマーズマーケットも開かれているようで結構な賑わい。

imgdd5e8872zikazj

野菜、肉、魚などの値段や種類を観察しつつ、チーズなど試食しつつ、ウロウロ。ショルダーベーコンたっぷりのバーガーをパクリ。

imgd31e610dzik8zj

ステーキ肉と一緒に味見ができるマスタード屋さん。マーケットを堪能した後は、エスニックタウン巡り。

トロントの人口の約8割は世界中からの移民が占めるとあって、様々なエスニックタウンがあちこちに。昼食は、コリアンタウンにて石焼ビビンパを。

img430254f5zik0zj

映画を1本見て、スタバで読書して、夜は、生演奏のかかるキューバ料理屋へ。やはり、このお店での1杯目は「モヒート」

img72d63605zik0zj

長期出張滞在中の会社の先輩にお付き合い頂き、お気に入りのカリビアンミュージックを楽しみながら、チリワインをたっぷりと頂き、例によって

● どっぷりと酔った

大変満足な休日でした。

隠れた美味マントム

ベトナムを代表する調味料といえばヌクマムですが、隠れた美味と睨んでいるのがマントム。実力はあるけどまだ世間に出ていない金の卵。

マントムとは小エビを潰して漬けた発酵調味料で、強烈な匂いが特徴です。しかし、これがなんともクセになる、後をひく味なのです。。

茹でた豚肉、コメの麺(ブン)や野菜、厚揚げなどをチョンチョンとマントムをといたつけ汁につけて食べるのが一般的。(確か犬肉料理もこれが定番だったような→犬公方の時代なら死刑

今回の訪問では久しぶりに堪能致しました。
懐かしい・・・そして美味。

imga30da9eczik0zj

img311a2e5bzikczj

(発酵が現在進行形なので混ぜるとボワっと泡が)

日本人の心のふるさと、醤油、味噌、納豆などは全て穀物系の発酵食品ですし、匂いがきついくさやや鮒寿司なんかは魚介系の発酵食品。頭から毛嫌いするのは間違いかもしれません。(少なくとも僕以外にマントムを喜んで食べていた日本人を思い出せない。。)

そういえば2006年に日本に帰国する際に最高級マントムを持ち帰ったのですが、日本であらためて匂いを嗅いでみると吐き気を催してしまい思わず捨てた事を思い出します。すみませんでした・・・・

 

バイク天国

雨季のハノイはスコールのように集中して雨が降ります。

img59777100zikczj

(カフェで皆で雨宿り)

ちょっと沢山雨が降ると水はけが悪いハノイ市内はあちこちが水没してしまいます。インフラの整備は東南アジアどの都市でも課題。

やはり通常の乗用車よりも水に弱いのがバイク。バイク天国のベトナムでも道路が水没すると大変。

imgbb8ae041zik1zj

 

果敢に深い水溜りに突入して次々とエンストしていくバイクが多数。さすがチャレンジの国ベトナム。(というか無理しすぎ)

img467b45c8zik5zj

この先に進むのは無理と判断してUターンするも、そこは一方通行。今度は一網打尽で警察につかまって、みなさん小銭を搾り取られています。まるでコント。

img042cb331zik0zj

警察につかまる同胞の姿をみて、これはヤバイ!と線路脇を通って他の道に脱出する機敏な方々も。さすが何でもありです。(私も機敏な人々の群れと一緒にバイクタクシーの後部座席にまたがり脱出)

そういえばバイクの運転を覚えたのはベトナムでした。(その後、勿論乗っていませんけど・・)

ハノイの休日2007

カフェ・フォーコーにてまったりした後は、懐かしい市内を散策。

ブログを始めたのはベトナム長期出張中。2004年12月から。(その後、随分と更新しない時期も続きましたが)その頃を思い出しながら歩いてみました。(当時より画像に頼るようになったので文章力が向上しない?)

imgf30f5246zik8zj

チェー屋(デザートみたいなもの)の通りから奥へ。

imgebbb59b9zik5zj

仏壇屋街を抜けて、楽器屋街へ。(ハノイ市内では同じ職種のお店がまとまってあるのです、秋葉原みたいなもの?)

ここを曲がると、定番のお昼・・・

img4ee91eafzikbzj

ブンチャーです。

img36012d95zik3zj

大人気店ですから1階の調理場はあいかわらず大忙し。お腹も満たされ、軽くほろ酔い+2日酔いにて、ホアンキエム湖畔へ。

img8cc6a581zik8zj

昔は運動目的兼ねて、よくこの湖を2周とかしていたなぁ。

img2d41ececzik8zj

市民が思い思いの形で湖畔ではくつろいでます。

img288452fdzikdzj

お、なんか撮影しています。

img784aa667zik2zj

アオザイ美人!!

img5ab51efczik7zj

テレビに出ている人なのかもしれませんが、勿論知りません。

そういえば、以前の滞在時、会社の後輩(イケメン)が街中でホーチミンから来た女性達に声をかけ晩御飯をご馳走したのですが、その後彼女達が今から仕事・・というので彼がついて行ったら、彼女達はベトナムの人気アイドルのバックダンサーだったという事件?が。(仕事の直前に日本人に声かけられて晩御飯食べるな・・という話も)

何で俺を呼んでくれないんだ!?
呼んだけど、面倒くさいって言ったじゃないですかー(そうだった)

楽屋裏で、ベトナムのあゆと呼ばれる? ミータムと一緒に写真に写る後輩を羨ましがるのは、僕より、むしろベトナム人の同僚達でした。

そりゃ、本当のあゆなら羨ましいけどね。

カフェ・フォーコー

日曜日・・出張中の唯一の休日は勿論、ハノイ市内を散策。懐かしの場所巡りです。この2年の間に様子が変わっているかしら。

まず向かったのは、休日の読書と昼寝の憩いの場所だった・・カフェ・フォーコー。こちらのカフェ、とても佇まいが洒落ているのです。

img77b20a6czik5zj

市内中心部の土産物屋・・・

img2f77d368zikbzj

土産物屋にかまわず奥に進んでみると・・・

img0c340828zik9zj

なんだか細い道が。。
人の家に侵入している気分です。(実際、周りは人の家の入り口が)

img818a6e00zik2zj

そして開けた中庭に突然、カフェの入り口らしき雰囲気に。

img8971f9f0zikbzj

見上げると急階段。

img14a41a2azikezj

階段を登ると、素敵な中2階席があったり。

imga0e8dc99zik2zj

でも、足を止めずに上へ上へ。ここは3階席。

img26214d9fzikbzj

狭い螺旋階段を抜けるとあと一息。

img50f877fczikbzj

やっとたどり着いた最上階の席。

気持ちよい風が吹きぬけ、すぐ眼下にはハノイ市内のシンボルであるホアンキエム湖が美しく広がります。

imgf9779775zikdzj

左が大好物の、シントー・ソアイ(マンゴーミルクセーキ?)勿論、ベトナムカフェや、エッグカフェなんかも美味しいです。

ガイドブックによれば・・築100年の民家を生かした作りで、あちこちに家宝を並べているとか。

ま、こんな地図じゃ、見つけられませんけど。入り口がちょいと見つけづらいのは、銀座の好きなBAR「らんぷ」と似ています。男子はいくつになっても、秘密の基地テイストが好きなのかも!?

入り口の意外性といい、静かな佇まいといい、広がる絶景といい、自分が知っている中では市内イチオシのカフェです。このカフェにさりげなく女性を連れていったりすると・・えぇ、何!? 素敵~~~!! なんて言われるかなぁと妄想しますが、、毎度、オジサマや先輩達を案内しているのは、なぜ?