米国でキャンプデビュー

とうとう先週末、念願のキャンプにデビューしてきました、家族で初キャンプです。(緊張の前夜は・・→今度こそ初キャンプ(6度目)

外は快晴! まずは食材調達にHマートへ。我が家の担当は鶏もも肉の焼き鳥以外の串物何か・・というお題、あと子供向け素麺。

砂肝、ハツ、蛸に赤海老を串用に買ってみました。それ以外にも夜の酒の肴用の焼き物をちょこちょこと。近所のKrogerで氷を二袋買ってクーラーボックスと簡易の発泡スチロールボックスに食材や飲み物を格納。

(ミニバンの後ろに荷物を詰める詰める・・)

さーて出発です。向かうはヒューストン北北東のLake Livingstonという州立公園。我が家からだいたい車で1時間半というところ。

途中、大雨がふる雨雲の下を通過し絶叫する私。幸いに最終目的地まではまだ数十マイルあり、無事に到着地は晴れてました。

公園入り口で受付と料金の支払いをすませ(家族でわずか10ドル)無事に予約したサイトへ。今回は2サイトに4家族で4つのテントをはるプランです。

果たして2年前に居間で一度しか設営したことのないテントがうまくはれるか・・と少々おとーさん緊張しましたが、妻のサポートもあり無事に設営は完了。

(4人用のコールマンのテントSundome、確かAmazonで60ドルぐらいの超安値だったような・・・)

他の3家族の皆さんも同じくコールマンのテントでしたが、我が家の4人用に比べ6人から8人用で少し大きくタイプも違う様子。む、あの蚊帳のついたタイプがいいなぁ・・と物欲が。

気分的には本日の山場をいきなり超えた気がしたのでビール1缶目。いつまでも立ち上がらないテントを前に家族から白い目、お父さんの立ち場無し・・という最悪の展開は回避。

お子様達(総勢9名)は早速水遊び開始。近くに湖がありますが、やはりこちらの方が安心。

お父さん達は一仕事を終え、火もおこし、まずは水分補給。ママチームも含めて皆で乾杯です。

続いて子供達は流し素麺で早めの夕食。我が家の流しそうめんスライダーを持参。(→流しそうめんスライダー

今回ご一緒させて頂いた他のご家族の皆さん、既に複数回のキャンプ経験があり動きがとてもスムーズ。初心者の我が家はただただ流れに置いて行かれない様にするだけで楽チンでした。

(現場で担当する串モノの準備を夫婦で仕上げ)

(通常のBBQに加えまして・・・)

(今回は焼き鳥やそれ以外の串物を準備。ハツや砂肝の下処理はちゃんと家でやってきました。)

(新アイテムで焼き上げてみました)

先日お向かいの友人宅で開催された中国式BBQを再現したくて購入した背の低い串焼き用グリルと串達がここで活躍。(→米国で中国式BBQ

子供達はすいかわりをやったり、暗くなったあとに肝だめしをしたりと早めの夏を満喫。

最後はマシュマロを焼いて・・と遅くまでめいっぱい楽しみました。自分も、これ以上飲み食いできないわ・・というぐらい焚き火の光と音を肴に夜を楽しませて頂きました。(大量のビールにワイン、焼酎、日本酒と色々綺麗に空きました)

翌朝はまったく釣れない釣りに少し挑戦したのち、皆で綺麗にキャンプサイトを片付けて昼前には撤収へ。本気で暑かったのでテントを畳む時に大汗をかきました。

幸いに夜中は涼しかったので暑さで寝苦しくはなかったのですが、やはり下の土がめちゃめちゃ硬く薄手のマット程度では寝心地が悪かったです。ここは次回があれば要改善ですね。(他の家族の皆さんはエアーマットをテント内に持ち込んでおりました)

とにかく「二度とキャンプなんか行きたくない・・」という発言が妻や娘達から出なかったので今回のキャンプデビューは成功だったのではないかと思います。

まずは良かった、良かった・・これも、今回誘ってくれた皆さんへ感謝、感謝ですね。気が早いですが次回は・・少し涼しくなる11月、12月ぐらいに2回目のキャンプ企画でしょうか。(早目にキャンプサイト押さえておくか・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です