米国で中国式BBQ

お向かいのB家から週末BBQのお誘い。

お向かいは旦那がカナダ東海岸出身、奥様は中国本土出身の国際結婚カップル。どうやらこの日の手配は全て奥様とその中国出身の友人ご家族監修による中国式BBQ初体験。

(ちょっと画像がしっかり残ってませんが・・)

焼き鳥を焼くような低いBBQ台に炭を並べ全て串焼きにするスタイル。食材は全て金属や竹の串に用意されておりました。羊肉、鶏肉、牛肉、豚肉・・、鶏の心臓(ハツ)なんかも普通に。それ以外にも小さなタコやしいたけなどバラエティ溢れるところが流石に中国流。

網には油を塗りながら、味付けの基本は岩塩、チリペッパーにクミン。食材によってはニンニクをすりおろした油や、自家製のつけダレ(材料不明)を駆使しながら、串だけに。ほほぉぉ。

その他のおかずも、シャコを揚げたものや、昆布の酢の物、鶏の足を煮たものなど誠に雑多。(複数家族が単に自分の好きなお惣菜を持ち寄ったというまとまりのなさ)

それにしても、羊肉の焼き串は美味しかったぁ。もともと火鍋屋さんでもまとめてこの羊肉串と牛肉串をオーダーするほど(鍋があるというのに)好きなんです。

(先日の小肥羊でも串をごっそりオーダー)

これは中国四千年の歴史からもTTPせんといかん・・・と思いまして、早速背の低い串用のBBQグリルと鉄串をAmazonにてオーダー。我が家でも早速試してみようと思います。今日のシャコ揚げもお店まで行って今度揚げたてを食べてみないと。

食べ物系のTO DO LISTは増殖する一方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です