NYでも大衆居酒屋〜居酒屋ケンカ

居酒屋好きです。それも大衆的な。

NYではミッドタウンのRIKIにお世話になることが多いのですが、先々週のNY出張ではイーストビレッジにある居酒屋ケンカに初潜入。店構えを見たときから気になっていたんですよね。

なぜなら・・このインパクト!

(ここはどこですか!?本当にマンハッタン・・!?)

予約が取れず直接向かったのですが、それもそのはず。入店待ちの列。ウェイティングリストに名前を記入する際に他のお客が言っておりましたが、数グループ待ちならば空いててラッキーなのだとか。大人気店のようです。

(昭和のテイスト、これはもはやアート)

本日のおすすめメニューの表示を眺めながらワクワクして入店。

(色々コメントし難いぐらい凄い。。。)

店内はオーソドックスな昭和の居酒屋スタイル。壁一面に貼られたメニューは何故か日本語と値段は円表示のみ。日本人以外にはアートですね。そして店内満席なのに・・・我々以外は日本人ゼロの衝撃。

(デラックス刺身盛り合わせ・・凄いボリューム)

一部に奇をてらったメニューがあるものの、ラインナップは極めてオーソドックスな昭和系の居酒屋フルメニュー。特にご飯ものの充実が嬉しい。

(もつ煮込みが普通に美味しくて感涙)

(おでんがいい味。。。器も素敵)

(まぐろの新鮮なすき身がまさかの5ドル)

そう、このケンカ、値段設定も本当に大衆的なんです。ビール生ジョッキがまさかの1.5ドル。そして料理がどれも普通に美味しくて感激。こりゃ流行る訳だわ・・・

(・・店内は色々とおかしいけど。全てネタでしょう。)

内装のジャポニズムサブカルチャーアートも愉快ですが、さらに心をくすぐったのが店内にガンガン流れるBGM。高らかに君が代や軍艦マーチが流れたと思えば、ドラえもんや戦艦ヤマトが脇をかため、果ては進軍ラッパ・・・。長渕剛や泳げたいやきくんまで幅広いラインナップ。ラジオ体操がかかったときは思わず動きかけました。

お客さんは世界各地から集まる観光客からNYっ子まで様々で店内の様子に大興奮。しかし、たまたま日本人の姿なし。スタッフの皆さんはオール日本人のようなので普段の様子を伺うと、やはり日本人グループの数は少なめなのだとか。

(こういうのとか、子連れには困るが)

仲良くさせて頂いているIさんと2人でお伺いし、お会計はまさかの100ドル。かなりあれこれ興味本位で頼んでの結果ですから通常はもっとリーズナブルに収まりそう。

なぜか小さなカップに砂糖のようなものが会計時に渡されます。なんとお店の入り口の外にあるマシンで綿あめを作って帰れるという粋な趣向。

(綿あめを手にして喜ぶ40代)

最初はドキドキしながらの入店でしたが、奇抜な内装も慣れてくればアート。スタッフの皆さんの雰囲気もよく、帰りがけにカウンター奥の皆様に「ご馳走様でした、美味しかったです!」と御礼を伝えると気持ちの良い反応でした。

今度は日本出張未経験な米人同僚を引き連れ訪店し、日本を誤解させようか。TVには映ってないけど、結構どこの店もこんな感じなんだよね・・・・と。

なお、右翼や昭和の暴走族を笑い飛ばすぐらいはいいとしても、ちょっと戦争や特攻隊なんかも含めるとどうかな・・とは思います。ま、そこはあまり真剣にならず・・ということで。(そんな方はこの店まで足を運ばないとは思いますが・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です