hiropon181 のすべての投稿

微笑の国で余命を思う

出張も、まぁ旅の一部として考えると非日常の中で考える時間が増えます。無国籍な感じのBARで1人軽く食事を取りつつ黙考。(BARの名前はバッカス=酒の神)

Do, or do not. There is no try.

(アボカドのディップにイチゴを合わせるって爽やかで良いアイディア、今度やろう)

大前研一さんが、松下幸之助翁をみて余命を意識し始めたとの記事を読んで考えた。果たして自分はあと何年生きられるのか、生きたいのか、生きるべきなのか。

よし、切り良く余命40年を掲げたいと思います。(思うってのもおかしいですが) 現在36歳ですから、76歳(享年)。

40年という限った時間を意識し、仕事、カラダ、家族との時間、自己実現を考え直してみたい。母も、義父母も、みな健康に長生きできれば、同じぐらいか、ギリ見送れるぐらいかなぁ。

あれだけカラダを鍛えた父親が53歳で事故で亡くなり、父方のじいちゃんも50代で病気で亡くなったんで60代に突入出来るだけで相当達成感がありそうですが、ここは家族もいるので欲張りに40年。

しかし、40年というのは本当に長いのか。

■ 晩御飯は残り14,600回
■ 読める本は、年200冊ペースでも、たったの8,000冊
■ 妻と一緒に子育てに没頭できる期間は?
■ 元気なカラダで自分の歯でモノを噛める期間は?

なんだか考えるほどに、時間が限られたものである気がしてきました。自分にとって限られた時間、人生を如何に使うか、活かすか。そのためには、やはり如何に考える力を身に付けるか、これだと思います。

「無教養な人間は、あらゆる偶然的な諸事情のうちに巻き込まれ、そのことによって要点を失う。」(ヘーゲル「小論理学」 日経アソシエ10/19号記事より)

では、ヘーゲルさんのいう教養があり、正しい考え方が出来ることとは、、

■ 捨象すること

本質的ではないことをスッパリと捨てること。具体的なもののうちに普遍的なものを見て取ること。

不要なものは頭から一掃し、本当に大事なこと、価値あるものを意識できるか。それも、限られた時間の中で。

右手か左手か

(食事前、食事中の方はあらかじめご遠慮ください)
(・・・いや、本当に)

さて、前回、タイ料理の魅力を語った続きなんですが、翌日。そもそも辛いモノ好きなんですが、滅法、胃腸弱めな自分。

さらに、いつの頃からか牛乳を消化する酵素が無くなった中年ボディ。そんなことを忘れ、ついついコンラッドの朝食を堪能。えぇ、カフェにどぼどぼとミルクを投入したり、さらにヨーグルト類なども味見しつつ。

勿論、昨晩に蓄積した香辛料が胃腸をチクチクする中で。バンコクから北に向かうこと3時間の行程。車が走り出して1時間もしないうちに、やってきたんですノックの音が、それも急速に。

「・・・すみませんが最寄りのトイレがある場所で可及的速やかに休憩を・・・」

「OK NO PROBLEM! NEXT GAS STATIONでね。」

・・・ガソリンスタンド、全然無いし。。。というような地獄の時間はさておきまして、問題はその後。

Do, or do not. There is no try.

(トイレがこんなに美しく見えたのは久しぶりでした。。実際、とっても清潔で綺麗)

えも言われぬ至福の瞬間を過ごして、我に返る訳ですが、、、はて?おおぉっと、こ、これは、そうだったのか。

Do, or do not. There is no try.

神よ・・違う、紙だ。

動転していて気がつかなかった訳ですが、これは確かに水洗トイレ。なにが水洗って、お尻を水で洗う・・・・自分の手で。しかし、この状況で、水と手をどういう順番で使えばはたして正解なのか。(悩むほど過体重に悩む太ももの筋肉はプルプルしてくるし)

結局、手桶をもちつつ、もう片方の手に水をまぶして慎重に水洗作業に入った訳ですが・・NO~、思わず利き手の右手使っちゃいました。

確か・・インドでは左手を不浄の手としてお尻磨き専用に使っていたはず。。このまま自分の場合は右手を不浄として生きるのか、、、しかしそれでは日々の運用が。。

結局、左手にバトンタッチして、めでたく両手が不浄の手に。ザブザブと手桶でセルフ水先便所、女神様のご加護を信じ綺麗に流しまくって退室。

ヒンドゥやイスラム、さらには仏教でも不浄とされる左手。その宗教的文化的背景はさておいて、ついさっき自分のお尻を水洗した左手では握手しないよなと納得。

そんなことも百聞は一見に如かず的な体験だと思ったのでした。(僕がその日は右も左も使ってしまい、でも、その後に挨拶するときに握手したことはさておきまして)

これで妻が手をつないでくれなくなったら・・・シザーハンズ的だ。(by ジョニー・デブ)

魅惑のタイ料理

かれこれ5回目のタイ上陸なんですが、毎度の訪問先は・・有名店のソンブーン・シーフード。

Do, or do not. There is no try.

ビヴァ、 プーパッポン・カリー!!

蟹の濃厚な味がしっかりと卵にうつりまして、もうたまりません。東京のタイ料理店では、なぜかこの味にたどり着けません。(たいがいの世界の料理は東京でも美味しく食べれるのに)

今回の出張は、入社2年目、タイ初めてのJYOJIと一緒ですので、定番をガイダンス。

Do, or do not. There is no try.

春雨サラダのヤムンセン。

Do, or do not. There is no try.

やっぱりエビカニダイスキー。

Do, or do not. There is no try.

地味ですが、このナスも美味しいんですよねぇ。。

タイ料理の魅力と言えば、やっぱり・・辛い、甘い、酸っぱい、そしてハーブ達の香りが渾然一体となって攻めてくるところ。

日本料理とは大分と違うところにあるなぁと実感しつつ、こんなに楽しめるのが不思議。五感のみならず、胃腸も駆使して、異国の刺激を楽しみました。

さて、この翌日、思わぬ感覚が刺激されることになるのですが・・・それは後ほど。(晩御飯食べに行ってきます)

コンラッド・バンコク

今回の宿はなんと・・・コンラッド・バンコク。他の部署のアカウント(お財布)で出張なんで、色々お任せなんです。

Do, or do not. There is no try. Do, or do not. There is no try.

こんな贅沢な部屋でホンマにいいのかしら・・・

Do, or do not. There is no try.

寝室から浴室がガラスばりで丸見え、随分広く感じる作りです。妻に言わせるとこれで普通らしいのですが。

チェックインの際に、聞かれてもいないのつい話をしてしまう自分。「妻が昨年までコンラッド東京で働いてまして。。。」

もう彼女も最後の勤務から半年以上たつんだよなぁと。家にいて退屈するかと思ったら、そうでもないみたいで安心してます。実はコンラッドにじっくり泊まるのは初めて。(初めては昨年の挙式の晩、夫婦で)

日本や、旅行ではそうそうこんな高いホテルに泊まる機会はないので、じっくり堪能させて頂きたいと思います。(社費にて)

2年ぶり5回目のタイへ

あと数時間もしたら家を出てタイ出張7日間の旅です。2011年最初の海外出張。

商社で働いているということもあり、02~04年はドイツ駐在、そこから1年のベトナム長期出張。それ以外にも、入社以来、短中期の出張や、プライベートな旅行を繰り返して、、現在までに訪れた国・地域は40カ国。

タイは勿論、仕事や旅行で何度か訪れた好きな国、、2年ぶり5回目の訪タイ。昨年よりなかなか出張のチャンスが無い部署に異動してしまったので、実は楽しみ。。(引越したばかりで妻には申し訳ないですが)

日経の夕刊にあった記事を思い出します。
世界は日本をこう見ている。

■ 世界一の長寿国
■ 世界第三の経済大国
■ 国際競争力6位
■ 世界で10番目に人間らしさが実現されている
■ 1人あたり所得は17位
■ 世界の人が住みたい国12番目

しかし、国民の幸福度は世界で90番目・・・(って、このギャップは。。)そんなもの、世界に出て、外から日本を見れば見方も変わる。

何て恵まれて幸せな国に生まれるという絶好の機会(人生)を得たのかと。なので、定期的に海外に出るのは個人的に大歓迎。帰国後は、きっとますます日本が愛おしくなることでしょう。あ、もちろん7日ぶりの妻も!(それまで近所の実家に帰省してママを助け留守番してね)