hiropon181 のすべての投稿

35ドル以下

40歳ジャストを先月迎えましたが、OMRONに言わせると45歳。

それって四捨五入すると50歳じゃないですか。。

妻に言わせると意味不明ということですが、体重計とか歩数計とか大好きです。

今まで何回買い替えてきたことか。。(大事なのは乗せるカラダなんですが)

40歳の誕生日を80キロ未満で迎えるという最後に見直した目標も未達。

(→何度でも修正する減量計画)

■ 81.5キロ、23.4%

これがまぎれもなく厳しい現実。(あぁ、自らの意志力の弱さを思い知らされる)

体重が下がらないどころか、体脂肪はじりじりと上昇中。

83キロで4月下旬に渡米して以来、なんとか夏前には80キロで踏ん張ったのですが

家族到着とともに再び上昇軌道に戻ってしまったようです。

しょうがない、何度でも再整理。

戻したいのは35歳、2009年当時の体重・体脂肪レベル。

■ 75キロ、15%

まずは手前の目標として80キロ、20%、ここから。

必要なのは食事制限(主に炭水化物を加減)と筋トレ(ジム通いを習慣化)。

しかし、体重の目標を掲げてもジブンが本気にならないのは明らか。

何だろう、響く数値管理の単位は。(あるいは効果的な習慣は)

最近久しぶりに会ったら激痩せしていた人は妻と1キロ1万円で握ったそうですが、、

イマイチその手の賭け事では燃えないような。。

■ 44.20ドル (累計払込1,812ドル、41回利用)

やはりこちらか。

ジムの1回当たりの利用料を下げるという方向での数値目標の設定。

固定の生活費にお金かかりすぎていると勿体無いものね。

目標は1回あたり35ドル以下にまで持ち込むこと。

ジム滞在時間の目安は30分以内で、あくまでサッと筋トレして去る感じで。

さもないと家族の不興も買いますので。

家族のために健康に、その為の第一歩としてささやかながら減量を。

その為の健康投資(時間とお金)。

蟹不漁

連休最終日は米国での記念すべき初アウトドア企画。ヒューストンから南に走ること1時間半、ガルベストン沿岸で蟹取りに挑戦。


(I君に授けられたカニ取り網に餌を仕掛けてみる)

本当は地元の魚屋で魚の頭をゲットする予定だったのですが、魚屋見当たらず。ウォールマートには冷凍シーフードしかなかった為、やむをえずベーコンで代用。

考えてみるとこれが敗因か。(妻からは準備不足の指摘を受けまくる) 前日にクロガーの魚コーナーで魚の頭とかアラをゲットしとけば良かった。。


(・・・取れない)

そこでカニ取り桟橋から場所を代えてみました。


(この景色を前に佇むだけで気持ち良い)

結果としては、餌だけ一部取られて釣果はゼロ。妻と娘の前で頼もしいアウトドア派の父の姿は全く見せられず。

なんたって行きの道中でナイフを購入するぐらい行き当たりばったりでしたから。これから少しずつ知識を積んで、釣具や網などの装備も揃えていきたいな。

キャンプして早朝にとびきり美味しいコーヒーを入れるのもお洒落でしょうが、採りたてのワタリガニでとびきり美味しい味噌汁が作れたら粋だろうな、と。


(長女も久しぶりの水辺遊びを楽しみました)

本日は釣果ゼロですが、アウトドア派に向けて小さな一歩。

たこ焼き器アヒージョ

本日のお客様はご近所のN家。
今回も我が家スタイルを模索しながらのおもてなし。



(本日のセッティング)

初めての試みとして妻アイディアで初挑戦したのがたこ焼き器アヒージョ。流石にアヒージョの前に本日昼にたこ焼きも作ってみました。


(オリーブ油をはって、そこにアンチョビ&ガーリック投入)

本日は子供が走り回って落ち着いてチビチビ飲めませんでしたが、大人飲みではこれ面白いアイディアです。(オイルフォンデュという感じ)


(妻作のサーモンテリーヌとハニーチキン、美味)

前回に引き続き、裏庭で火をおこしてトウモロコシと肉を焼いてみました。やっぱり炭火焼きのお肉、美味しいです。


(照明を替えて、チェアーも導入。少しずつ改善)


(牛リブアイ、ラムチョップ、そして鶏もも肉を柚子胡椒と生七味で)

こうして家族ぐるみでお付き合いできるのも住まいが近い海外ならでは。日本に比べ格段に広い家や、BBQが出来る裏庭も出来るだけ駆使しないと。


(チームワーク抜群のN家、長女もお兄ちゃんと妹に遊んで貰い大喜び)

「もう少し焼いた肉の美しい切り分け方、盛り付けを練習した方が良い。」と妻。 早くも次回の家飲み食堂に向け夫婦で課題を確認です。。

■ 家飲み食堂(2014~)・・16宴目

108/107

感謝祭の4連休。
寛大な妻に許しを請うて、ゴルフ2ラウンドに参戦。

(初日は初ラウンドの遠征パブリック)

■ 108 = 52 + 56 (パット43)

パットの精度が低く苦しい展開で踏ん張りました。それでも新ロングアイアン4番、5番が頼りになるので助かりました。


(因縁の黒馬南)

2日目は自分の中で地域最難関と捉えるブラックホースサウス。
過去3回のラウンドは127、121、125と、全て120オーバーのやられっぷり。

ここにリベンジとばかり挑戦。(常に相手は過去の自分)

■ 107 = 52 + 55 (パット39)

なんとかダボペース(108ペース)を最後まで堅持。少しばかり自信のつく結果となりました。(まだまだ改善余地は多いですが)

年内の100切りは難しいかもしれませんが、年度内の100切りは見えてきたか? パットは36、あとはドライバー、アプローチを少々整えればチャンスありです。

ここ4回は110を叩くことも無く、109、108、108、107と安定。
あとはじわじわと調子を上げていきたいと思います。

■ 米国ラウンド21回、練習8回、ベスト105、平均115.33

サボリーマンの子がコソ勉

偉そうに語学クラス2期目スタートの記事をUPしましたが・・
→再び語学クラス通い

完全に脱落。全16回の授業の内、出席はわずかに6回で終了。

(テキストも数回開いただけで、このままだと無駄に)

結論としては、授業のスタイルも、先生のやり方もフィットせず。プレゼンのクラスのはずが、実践の機会は殆ど無く、ひたすら先生がしゃべるだけ。

やはり初回の発音・アクセントの授業のK先生が素晴らしかったのだなぁと。授業も先生も自由に選べないのはかなり生徒側にはリスクです。

出張や会食予定とかち合う機会が多かったのも事実ですが、最後の2回は・・つまらん授業 < 妻と娘に早く会う、でした。

家族到着までの単身6ヶ月も過ぎ、のべで7ヶ月が経過。「一生使える英語を手に入れる最後のチャンス」という視点で今後を考えないと。

一方、プリスクールに通い始めて2週間が経過。
少しずつ語彙を獲得し始めた3歳半の長女。

ひそかに自分の部屋で、しまじろうの英語などをコソ勉。英語が嫌だといいながらも、自分なりに英語学習をしはじめています。(驚き!)

このまま4年たてば、家族で一番英語苦手なのは自分になる可能性が極めて高い。ここは長女に倣って、自分もコソ勉しないと。(大人なりの方法論で)

運動も勉強も計画的に。