hiropon181 のすべての投稿

裏一万冊プロジェクト

ここのところ急激に高まっているのが漫画熱。きっかけは島耕作シリーズの再読から。(→島耕作クロニクル

(シドニーの図書館の日本漫画コーナーだとか)

その後、図書館の蔵書を活用しながら、抜けたところはKindleで大人買いし既刊を全て読了(全部で90冊ほど)。そこからキングダムを最新の47巻まで追っかけ。後は、後は、、という状態に。3年ほど漫画から離れていたのですが、それもここまでか。

それならば、むしろポジティブに日本が誇るサブカルチャーのウオッチと捉え気長に追いかけようか、まずは主要な作品から。主要な作品から・・と言って今読んでいるのがキッキングパパですが。。

 


(既刊141巻!です、現在45巻)

正直、漫画については読了数を今まで意識したこともなく、数を数えはじめるのが怖いですが、ちょっと面白いかも。裏一万冊プロジェクト的に・・面白かったものはオススメ本、漫画のカテゴリーにメモを残す感じで。

最近再読したものから、最新刊まで読み終えたらメモ。なお読むのに必要な時間が通常本の半分以下なのでサクサク進みます。

▼島耕作シリーズ 91冊(学生6、ヤング主任係長12、課長17、部長13、取締役8、常務6、専務5、社長16、会長8)*学生就活編と会長が連載継続中。

▼キングダム 47冊*連載継続中

▼闇金ウシジマくん 40冊*連載継続中

バーチャル積ん読

手元にあるKindle内の未読本を一掃してから新しい本を買っていこうと決めました。(但し、図書館で借りる分は可としておきます) まだ、ざっと30冊ほどが残っていますので、一掃までにはしばらく時間がかかりそう。

それまでの間、新聞広告などで気になった本はメモだけ画像で残してバーチャルに積ん読です。(まだ購入していないけど、予定ということで)

なんとなく気になった本のタイトルを並べてみるだけで自分の興味の方向性が感じられます。

世の中は今後どうなっていき、そこでどうやって自分は死ぬまで働き続けることが出来るだろうか。働き続けるためには、自分はどんな価値を発揮すべきだろうか。そのためにはどんな学びを平行して進める必要があるだろうか。働いて得たお金をどうやって働かせようか(投資に回そうか)・・・というようなこと。

米国土産〜Harney & Sonsの紅茶

毎回、帰国時に困ってしまうのが、お土産砂漠在住の米国駐在者。本年5月の一時帰国の際は妻がHarney & Sonsの紅茶を見繕ってくれたので、これを親戚などには配りました。

先日のNY出張中、日本から出張してきた上司のお供でHarney & SonsのSOHOのお店に行く機会がありましたのでメモ。

お洒落な街にある、お洒落な紅茶屋さん。

店内だけでもものすごい数のフレーバーティーを取り揃えており驚きました。おまけに紅茶だけではなく、グリーンティー、緑茶やホワイトティ、白茶?やら色々な種類のお茶もカバーしております。

公式HPを眺めると、お茶の世界の歴史と味を世界に教えるのが我らの使命・・とばかり大上段から斬ってます。

(中には味が想像つかないハーブティーなども多数)

(値段は意外にリーズナブルな気がします、多分)

夏の時期はアイスティーがオススメというので幾つか買ってみました。この色とりどりの缶が可愛いですね。

(これで50ドルぐらい)

先日はPARISという種類の紅茶をお土産にしましたが、来年の夏は気に入ったアイスティーの種類を見つけだして紹介するのが良いかも。しかし、当地では1缶(20袋入り)8ドルで買える商品が、日本では1缶2千円で売っているのですから随分な値段の差です。

踊らねぇ豚はただの豚か

かれこれ3ヶ月ほど社交ダンスのレッスンはお休み中です。

(社交ダンス日本一は高校生・・完全にボールルームへようこそ・・な世界ですなぁ・・)

単身だった2ヶ月含めレッスンに足が向かなかった理由は・・・それほどお金かけずとも他に楽しい時間の過ごし方がいっぱいあったから。

なかなか、週に45分間の個人レッスン1回とグループレッスン受け放題で130ドルという料金体系がしっくりこないのだと思います。自分は、初級者向けのグループレッスンに足が向かないので個人レッスンだけになりがちですし。(その時間があったら他のことをしたい、、仕事含めて)

先生は素敵ですしレッスンの時間そのものはとても充実するのですが、これで130ドルか・・という居心地の悪い感じもします。マンハッタンで高い日本食を一人で食べてしまった感覚と似ています。たまにならいいですけど、毎週だとやはり。(日本なら二回レッスンに行けるのになぁ・・・というところまで)

気が乗らないことはしなければよい・・ということで、もうしばらくは休業を継続しようかと。せめてまた踊る機会が来た時に、増量しすぎていないように・・というのも動機に加え、ジョギング、筋トレなどの適度な運動習慣をしばらくは継続出来ればと思います。

ただの豚にはならないように、との自戒をこめて。やっぱり、自分が踊る人、踊れる人という定義があるのとないのでは、違う気がします。(wantとcanの一致)

現在の人生の優先順位

過去ブログを眺めながら、我ながら、なるほどなぁ・・と感じたのが→2010年の優先順位。元旦らしい整理。

これって、今でも、いや今こそ、重要だなと思いましたので再掲載して自分に言い聞かせたいと思います。

■ 自分の人生にとって重要なこと

  1. 家族(妻、娘達、義理の両親含む親兄弟)との暮らし
  2. 大切な友人との時間(飲む、食べる、話す)
  3. 読む、観る
  4. 踊る
  5. 書く

■ 優先順位のキーワード

  1. 健康(精神も肉体も)
  2. 家族
  3. 仕事
  4. 友人
  5. 趣味

自分にとって重要な事柄を大事にするために、どんな優先順位が必要かということを、よく自分の頭で考えて生きなくてはと思います。世の中で起きることの因果関係はそう単純ではなく、常にコンフリクトやトレードオフがおきますので。

例えば、妻子が帰国した第一週はぐっと自重しジョギングにも筋トレにも出かけませんでした。すると週末に体調が悪くなった自覚があり、二週目は帰宅後にジョギングに出させてもらいました。

長期的な視点で家族との暮らしを大事にしたいので、そのための自分の健康管理は重要。(最後はつねに自己責任)

単に自分勝手に生きているのではなく、僕なりに考えベターな道を模索している事もわかってもらえるよう、家族の間でもきちんとコミュニケーションをとらなくては、とも思います。(なんで分かってくれないんだろうと思うのは勝手な言い草)

(体調悪化の小さなリスクをとっても、目の前の美味しそうな生牡蠣を食べるべきか・・・というコンフリクト)

それにしても、2010年元旦といえばまだ妻とも結婚する前(もう予定にはなってました)。長女が生まれたのは翌年の2011年。

こうして振り返ると、迷い悩みながらも時の流れと共に人生のステージが進んでいることを確認します。