hiropon181 のすべての投稿

アラフォーの男飯〜インドカレー研究

昨年6月の初めてのバターチキンカレー挑戦(→コレ)、その後スパイスを買い増し(→コレ)、いまだインドカレー研究の熱は冷めません。

基本のレシピからスタートし徐々に自己流、つまりテキートになってきているので、久しぶりに誰かのレシピ(型)に従ってみることに。クックパッドでインドの方がアップしている「本当のチキンティッカマサラカレー」に今回トライ。

3人分のレシピだったので、6人分、いや9人分の3倍量にしてみたところ大量の玉ねぎとトマトのみじんぎり発生・・・最近はもっぱら缶詰のトマトを使っていましたが、生のトマトは風味が違うそうな。

スパイスの使い方は、クミンシードを油で炒める基本は一緒ですが、その後の粉系のスパイスはガラムマサラとターメリック。ガラムマサラを使うと、クミンやコリアンダーを個別に使うのとは一味違う風味が出ます。(ガラムマサラはスパイスミックスなので)

こんな感じかな・・。

でも、実は今回は一つ失敗してしまいました。ヨーグルトか生クリームを使うところで、冷蔵庫に残っていたヨーグルトを使い切ろうとしたのですが・・まさかの無糖(プレーン)ではなく、バニラ風味でした。バニラの爽やかな風味が余計に残った・・・(今回のレシピでは想定していないはず)

最近は辛味を足すチリペッパーは自分の分だけ入れるので、娘達も辛くないインドカレーは食べてくれるように。まずまずの出来か・・

冷蔵庫に残っていたほうれん草と鶏肉を使い、トマト缶と生クリームにスパイスを合わせてサッと仕上げた一品。軽くインド風。

そういえば美味しんぼの20何巻かのカレーばっかりの話の時に、インドにはカレーという料理は存在しない、それぞれがスパイスを活用したインド料理の一品、一品であって、単純にカレーとひとくくりでまとめて呼ぶのは外国人の勝手な対応・・的な整理があったことを思い出します。(正確じゃないかもですが)

確かにそれぞれのスパイスの風味をイメージして料理をすると、なんでも全部をカレーと呼ばれるのは違う気がしますね。あれもこれもインドカレー風ではありますが。

ロケットニュースの記事に、豚汁も、味噌仕立てのけんちん汁も、味噌を使った汁物は全て「味噌汁」と日本人以外が呼ぶようなものだとありましたが・・・それは味噌汁でも別にいいのでは、、と思ったり。

ヒューストンでメキシカンシーフード〜Caracol

テキサス州は昔はメキシコ領だったぐらいなので、あちこちでメキシコ料理を食べることが出来ますが、多くはテックスメックスというテキサス風なカジュアルなメキシコ料理。伝統的なメキシコ料理とはちょっと違う・・と言う方も。

確かに本場メキシコで頂く料理や、テキサスの中でもサンアントニオなんかで食べるものは一味雰囲気が違う気もします。(ほんの気持ちだけかもしれませんが)

少し前となりますが、久しぶりにギャレリアのCaracolを同僚達と一緒に訪問。こちらはメキシコ料理といっても、場所柄もありシーフードメニューが充実したかなりファンシーなお店。

■ Caracol(→公式HP

美しい前菜盛り合わせ。

メインにはシンプルに本日のオススメの白身魚のグリルを。

こんな小洒落たメキシコ料理を本当に食べているメキシコ人は一体どれだけいるのだろうか・・と思いつつ、そういえばメキシコは実は貧富の差がかなり激しくて、お金持ちは超絶お金持ちだったなぁ・・ということを思い出しました。

事実、米国に来てからのここ数年で一番美味しかったフランス料理はメキシコシティでのこと。(→メキシコシティ出張グルメ

ヒューストンから近い割にはあまり行けていないメキシコ。今年はもう少し機会が出てくるとよいな・・と思いつつ。

グレイテスト・ショーマン最高〜The Greatest Showman

観劇部員としては遅きに失する訳ですが、ようやくThe Greates Showmanを鑑賞して参りました。

(21世紀FOX様よりお借りします)

一言で感想を述べるならば、この圧倒的なエンターテイメントにただただ感服! そしてヒュー様(注:ヒュー・ジャックマン)ザック様(注:ザック・エフロン)が色々凄すぎです・・。きっと後悔しないと思うので、ぜひ観に行って下さい。

しかし、なぜこんなにも自分は鑑賞が遅れたのか・・・。。もともと妻が封切り当日に鑑賞に出かけ、面白かった!と聞いたものの何故か足が直ぐに動かず。きっと12月から1月、そしてこの2月に至るまで平日の夜が忙しかったのでしょう、、自分としては。

先日、妻からサウンドトラックのCDを渡され、通勤の車中で2回り聞いて一目散にシアターへ。(そして、冒頭の感想へ)

ヒュー様、レミゼのジャンバルジャン役でもとことん魅せてくれましたが、今回は歌うだけじゃなくて踊りもありますからね。どんだけ何でも出来るスーパーマンなのかと・・・

(不要なネタバレしないよう心がけつつ)サーカスのメンバーが集まる中でヒュー様がどうしてもウルヴァリンに見えるのはきっと僕だけではないでしょう。。

(アダマンチウムの爪は見当たりません、念のため)

それにしてもこれだけのオリジナル楽曲が作れるパセク&ポールの二人は素晴らしい。まだ二人とも30代前半ですから、これからどれだけの名曲を作り出していくのか・・・考えるだけで興奮します。

This is meは勿論、A million dreams、Never enough、From now on、そしてThe greatest show、、、と鳥肌もののナンバーが揃い踏みです。ブロードウェイ化はいつになるのか・・今から待ち遠しい。。

(ロングラン上映中なのでもう一回行こうか・・DVD到着まで我慢するか・・・)

ヒュー・ジャックマン最高、ザックも最高、ゼンデイヤも可愛いし、夫婦で繰り返し観たいミュージカル映画がまた一つ出来て嬉しいです。

ヒューストンでインドカレー〜Nirvana

我が家の近所でのインド料理店双璧がAshianaとNirvana。以前にAshianaは紹介済みですが(→ヒューストンでインドカレー〜Ashiana)、回数的にもっと足を運んでいそうなNirvanaがまだ未登場でしたので遅ればせながら。

■ Nirvana(→公式HP

一応スパイスとの出会いを昨年果たした自分としては(→スパイスとの出会い)・・・ここも、学びの場。我以外皆我師。

ランチがブッフェ形式なのはAshianaと同じです。

1皿目、、ほぼ全種類の味をチェック。

2皿目、、さらに気のなったものたちを深堀り。一巡目で試さなかった定番ほうれん草カレー、サグパニール?も。この具のチーズが美味しい。

しつこく3皿目、本日のマイトップ3カレーをここで選出。

本日の僕の3選はこちら。ゴート(ヤギ)のカレー、フィッシュカレー、そしてほうれん草のカレーです。この味、再現出来るようになりたいなあ、、まだ道半ば、というか先は相当長いです。

それにしても高位安定のインド料理、恐るべし。

(本日のカレー女子)

今週月曜のプレジデントデーは仕事はお休み、でも学校はある・・という神祝日でした。朝に娘達を学校にお届けし、妻はママ友と朝からテニス、僕は軽く仕事を自宅からした後に読書。

ランチ後は夫婦二人で酒を買い込んで帰宅(→ハードリカー補充@Spec’s)。さぁ・・昼から飲むか(というわけにはいかない)

あえて低糖質やぶりメシ

マイルールがあるからこそ、マイルールをやぶる楽しみ?もある・・ということで、テートー生活(低糖質を心がける食生活)を掲げながらも・・これは食べちゃったよね!という記録。

■ File No.1 Awesome Garlic Noodle

I-10沿いの99ランチマーケット内にあるLA Crawfishのメニューにあるニンニクたっぷりの汁なし和えそば。(→ヒューストンのB急グルメ〜LA Crawfishのあえそば

定期的に行きたくなるんですよねぇ。

■ File No.2 Lamb Masara Tika

Westheimer沿いのMasara Wokに久しぶりに訪店。この店に向かうだけで既に炭水化物制限はやや放棄気味か。(あるのはカレーとかチャーハン、ヌードルなので・・・)ライスは半分だけで我慢。

■ File No.3 福建炒飯

最近ベルレアでぶらりと入った海鮮中華のお店で出会った福建炒飯。これがめちゃ美味しくて目から鱗・・・(Tiger DenのあるモールのJade GardenというSeafood Chinese)

他のメニューも今のところハズレなしなので同店を絶賛研究中、香港か台湾オリジンだと思います。四川とはまた違うテイスト。

・・というようなルール破りがシリーズ化してはまずいよね、と思いつつ、長期戦を想定しておりますので(食習慣として低糖質を定着させたいので)適度に緩めながら継続に重きを置いて。

勿体ないので、どうでもいい炭水化物は食べません。