hiropon181 のすべての投稿

米国でひれ酒普及

先日の家飲みにて嬉しい驚きだったのが、遊びに来てくれた米人ご夫婦が日本酒好きだったこと。それも旦那さんは熱燗、奥様は常温が好き、とこだわりまでお持ちなこと!

これは利き酒師見習いとしては腕がなるお客様。

まずは冷蔵庫に寝ていた山口の雁木で、キリリと冷えた純米大吟醸の味を楽しんで頂きました。

 

続いて同じ山口でも、お金を出せば米国でも入手が容易な獺祭との飲み比べを。神戸のO家より頂きました有難い手土産をここで使わせて頂きました。(有難うございました!)

精米歩合が50%、39%、23%と異なる3種の純米大吟醸達です。一口ずつとなりましたが、はぁ、僕も幸せ。

まだまだ日本酒の中でも純米吟醸などの温度管理の取り扱いが海外では浸透していない課題なども併せ説明。(ワインなどの取り扱いを考えてもらうと直ぐに理解してもらえます)

ただ、結局、しっかりと温度管理もされた純米吟醸や純米大吟醸を入手できる場所は限られる・・という話ではつまらないので、日常的に米国でも流通している日本酒を楽しむには・・という流れで戻ったのが熱燗。

そして、ひとひねりしたひれ酒を本日はご紹介。

(最高にノリの良いR&M夫妻)

熱々燗に炙ったトラフグのヒレを投入するだけ。

ある意味、このトラフグのヒレも山口産なので、本日のお酒は山口縛りだったと言えるのかも。

ふぐの旨味が燗酒にうつって、あとひく美味しさ。そして安い日本酒(すいません、本日は大関)でも美味しい。。

大関ならば彼らが住むフロリダでも普通に手に入る日本酒で再現可能ということで、我が家に備蓄されていたトラフグのヒレ一瓶をお土産にしたところ、大変喜んで頂きました。

(利き酒のみならず、七輪で焼いたサンマのハラワタと熱燗を併せもらうなどの日本酒マリアージュ入門も)

精米歩合って英語でなんていうのか、polishedでいいのか、purifiedは濁りをとる過程でいいのか・・・など、色々と酒造りの過程や手法の違いの説明となるとボキャブラリーが追いつかないことも実感。これは今一度英語で勉強しないと!

そして今回楽しく飲んだR&Mご夫妻はRonin Taikoという和太鼓パフォーマンスも手がけており(他にも幾つかのビジネスをお持ち)、そこらの日本人より日本通というお二人。お二人の活動を追いかけるのも今後の楽しみとなりそうです。

(Ronin Taiko→公式HP

(確かに凄い筋肉とスタイルでした)

2018年3月の読書ログ

前月の読書記録のログを取るのを忘れてました。(こういう時は足元であまり読めてない証拠) 読書とか料理のような既に習慣化できたことは、たんたんと歯を磨くように継続で。


ちきりんさんのブログで勧められていた一冊、これがとっても良書。世界でも最古の王族である天皇家を擁することの価値をしみじみと感じられる一冊です。

頭の体操?として定年後の状況をシュミレーション。現在の気分では60歳でシニア起業して死ぬまで働く予定です。


43歳ですが、社長になるという話はどこにも見当たりません。


アマゾンのレビューにもどなたかが書いてましたが、正しい書名は「死ぬまで読書」だと。まだまだ読んでいない本があるのに先に死んでしまったら本末転倒。(これもあるし→一万冊プロジェクト


うちは大丈夫・・・と言えるか?のシュミレーション。


基本はエンターテイメントな直木賞好きですが、こうした出来の良い短編小説を読むと芥川賞にも今後も手を伸ばそうかと思わされます。

3人の息子さんが全員、灘から東大理三に進み、さらに娘さんがとどめで東大理三に進むという、ものすごい実績をあげた佐藤涼子さんの著作。今や全国で後援行脚だそうな。ここまで子供達の勉強にコミットするとは、、、圧倒されました。

3月の小説はこれまで手を取らなそうだったジャンルで勧められた本達を試し読み。んー、あまり自分には響かないかも。

来月あたりはまた江戸あたりの時代・人情小説にでも回帰してみようかと思います。たんたんと楽しむ趣味・娯楽として。

■ 41冊(2018年)

なんどでもやり直し〜テートー生活3ヶ月

昨年12月下旬からスタートしたテートー生活も気がつけば3ヶ月を過ぎて4ヶ月、すぐに半年。(→ゆるやかに糖質制限トライ

体重の数値に一喜一憂するのはやめると決めておりますが、スタート時に83〜84キロという人生最高水準ではじめた体重はじわじわと下がって82キロ前後となったものの、日本出張やその後の少し緩んだ食生活で、本日朝83キロに。ふぅ。

(メキシカンって自然とコナもの食べてしまいますね)

ここからまた少し気をつけ直して、再度82キロ前後に戻して、今度こそ81キロ、80キロ・・という下降傾向にもっていこう。何度でもやり直し、です。

(出張時にこういうピザなんかを食事にしないこと)

今から1ヶ月半ちょっとしたら一時帰国時の日本で人間ドックも受ける予定で、数字も残るし、、ゆるやか・・・より、もう少しだけ意識して頑張ってみようかとも思います。

今後のテートー(低糖質)のやり方としては、魚、野菜と果物、ナッツ類の摂取を増やし、白米の代わりとして今後玄米の導入を図る(勿論、総量は抑え目で)、、これを目指したい。

さて明日からNY出張、どうやってやり繰り出来るかな。

オマハでステーキ〜801 Chophouse Omaha

出張先でもステーキ。ネブラスカ州のオマハはステーキで有名な牛肉の産地なんだとか。確かに空港にもオマハ・ステーキと売り出しておりました。

(ちょっと値付けにお得感なさすぎて買わず)

市街中心部に本社屋を構えるユニオンパシフィック鉄道に見下ろされる感じのステーキハウスにて晩御飯。

■  801 Chophouse Omaha (→公式HP

お値段はそこそこでしたが、内装がとても小洒落たお店。さらにサービスマンが感じ良く、これはいいお店!

オーソドックスにカルパッチョやエスカルゴの前菜をオーダーした後に、各人でシェアなどせずに・・・

どどーんと一品ずつお肉をオーダー。私は安定のUSDAビーフのエージングのリブアイを。NYスタイルほどブラッケンでもなく、焼き加減はテキサススタイルに近いかも。

WAGYUビーフも勧められましたが、丁重にお断り。

ウェイティングバーの上を大きな模型列車が走っているのが、さすがUPのお膝元。(前回の訪問が初回・・→アメリカ何州いけるかな〜19州目

肉を食べるだけですと全米中ほぼご当地感はでないのですが、今回はポテトメニューがとても充実していたのに注目しました。ハッシュブラウン、マッシュポテト、フライドポテトにベイクドポテト・・。(あいにくの糖質制限中、食べずですが)

それにしても華氏80度(摂氏27度)のヒューストンから飛んだ先が華氏25度(摂氏マイナス4度)とは・・・米国は本当に東西南北に広く、温度差も凄いものです。

(風が冷たすぎて、1ブロック歩くだけで泣きそうに)

すっかり南国生活に肌が順応してしまったようです。

ガンボに入れるライスは・・

先週の出張時、僕の中で問題提起されたのがガンボへの適正なライス投入量。ガンボとは米国南部の地域料理ケイジャンの人気スープの名前。

基本は濃い目の味つけで、肉または魚介類(主に甲殻類)からしっかり味を出して、とろみをつけ(オクラかフィレパウダー?でつけるそうです)、セロリ、ピーマン、玉ねぎなどの野菜が入ります。これに大体はライスが軽く入っています。ややスパイシーな西洋雑炊テイスト。

ケイジャンを食べに行く時に必ずオーダーするド定番ですし、家でも何度かガンボスープの素みたいなのを買って作っています。(→ごめんNASAい、とか)

今回の出張時、ヒューストン空港でのランチ時にガンボをボウルサイズでオーダーしたのですが、これが今までで見たことのない状況に。

シュリンプガンボをオーダー、む、ライスが浮かんでいる?

・・・と思ったら、スープを浚うとボウルの中身は殆どライスだった・・・ガンボスープはどこへ消えた?というかライスで思いっきり量増ししてないか??(ボウルの実に半分以上)

万年、糖質制限中だし、ライスは食べすぎないようにしよう・・と心がけている自分にはあんまりなライス比率でした。

むしろ、出張先のオマハで入ったルイジアナ料理店でオーダーしたガンボにはライスが殆どゼロだし・・・

(カップだからなのか、ライス無し)

次回以降は「ライス入れすぎるなよ」という注意を添えてオーダーしたいと心に決めました。