シャドウ

その昔「シャドウ」を初めて聞いて・・「斜めに動くこと」(斜動?)だと思った同期がいた気がします。ま、そんなことはさておきまして、早速一人でレッスンに行って参りました。 (その理由はコチラ)

先生にウォークやシャドウのやり方や課題を設定したい旨を説明して納得頂きました。なんとなく、学習計画の策定に近いものがあります。当面は、以下の3点をシャドウ時の重点課題として設定。(自分しか分らないメモ状態)

■ 3割・7割の傾きとハサミ

■ 股関節を上から下から

■ ホールド

ファンダメンタルなカラダの使い方については、パートナーの先生に担当して頂く事で。当面はできるだけ週1回のシャドウ練習導入、できない場合は自宅フローリングでの自主練。

あとはダンスとの接触頻度を上げる為に、ビデオ観賞、音楽鑑賞、雑誌購読。6月は、今までの練習ベースにプラス週5時間をダンス関連に割いてみたいと思います。

あとはいよいよ体力強化の為にランナーデビューかなぁ、、アッキーやヒデを追いかけて。。走るのは苦手なんですが・・クイックでへばらない為にも体力の底上げと減量が必要です。。

 

「シャドウ」への2件のフィードバック

  1. いつも、(特にダンスネタ)自分のことのように手に汗握りながら拝見しております。
    あきさん(仮名)おっしゃることごもっとも、と思いますが、あきさん(仮名)のその前提がトップアマになる!!、という高い志があること、そしてそのあきさん(仮名)が見込んだヒロポンさんの素質があるからこそだと思います。
    ランニングは非常に効果的で即効性があります。自分もよく週末の朝パートナーと二人で皇居の周りを走っていました。(半分くらい歩いてましたけど)でも、その甲斐あって生バンド五種目連続踊った後もまだまだ踊れるぜ!(それまでは、3種目めのスローが終わった後くらいで、もうむり、もうむり、って思ってました)ってなもんでした。
    ダンスは技術がもちろん大切ですが、それを表現しきれるだけの体力・筋力が不可欠だと思います。そういう意味で、個人的な経験を言わせていただくと、ランニングはかなり(しかもお安く)いい練習といえます。
    僕もランニングは苦手でしたが、まずは形から入る人間なので、まずはNikeのランニングウエアで固めるところからはじめました。。。
    今からはじめれば、インターまでには実感得られるかわかりませんが、秋の試合には必ず実感を得られるはずです。ぜひお試しを。

  2. おぉ、僕の目標の商社マン最強のダンサーでもあるTOIPER@北京さんじゃないですか。コメント有難うございます。どうですか、北京の住み心地は?
    ダンスは技術は勿論ですが、ベースの体力・筋力も不可欠とはまさにおっしゃるとおりですね。今までは放っておいても痩せたり、筋肉がついてた気がしましたが、寄る年波には勝てず、なるべく頭も使って最短の道を模索したいと考えております。結果がでると嬉しいだろうなぁと思いつつ、もがいているこの一瞬、一瞬がとても楽しいので、ダンスはやめられないですね。また、のぞいてやってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です