勉強でかなわぬのならダンスぐらいは・・

練習場で踊っていると、見知らぬ若者カップルがとんでもなく爽やかに踊っておりました。まだ粗削りな部分もありますが、それにしても高いポテンシャルに溢れております。

いやはや、素晴らしいですなぁ ぽっ と、おっさんモードで口をポカンとあけて鑑賞。聞けば、まだ3年生の現役学連カップルですが、東部戦ではワルスロで優勝したとか。

おまけに、東大生 x 東大生のカップルですよ。

ダンスをはじめて2年とちょっとであれですか・・・と愕然とすると共に、素直に賞賛。自分が現役学生の頃は、勉強で負けて、ダンスでも負けてられるかぃ・・と燃えたものですけど。(若さゆえに、世界も視界も当初は狭かったもので・・)

ところが、国立大学同士は結構交流があるので次第に東大や京大に友人が増えまして、お互いの合宿を行き来して、彼らの目的意識の高さと努力家、負けず嫌いの側面に驚き、気がつけば、ひとつでもふたつでも彼らから学んでいきたいと素直に思いました。

(夏合宿で持ち帰った「カベ」という基礎練習は不評でしたが。。)

一方でダンスの連盟委員という立場で色々な大学に友人が広がりつくづく実感したことは、18歳の時点での試験の成績の差などでは人は全く図れないなぁということ。

人生は連続しており、どの時点からも巻き返しは可能で、誰もが師たりえること。ようは、その時にどれだけ魂を燃やして、その結果として何を為しているのか。

まったくもって当たり前のことなんですけど。ほら、目の前で60分1本勝負!といって、練習後にビールを飲んではしゃいでいる皆だって、、

IMG_5716.JPG

(何となく楽しげだから自分だけたまには目線を解除してみたり)

K~たさんは言わずと知れた実力派ダンサーですが、常勝校を作り上げた指導力と仕組み作りの力。

Aッキーは、わずか7人の潰れかけだった部を1部校へ導いていったリーダーシップと求心力。

Mリリンの第1ボタンすら外さないわというお淑やかさとチャンピオンダンサーとのギャップ。

(最後は意味不明ですが、ダンサーは無意味に露出好きな方も多いという意味で)

ダンスを切り口にちょっと現役時代の昔を伺うだけでも、相当学ぶポイントだらけです。人生われ以外みな師、です、肝に銘じよう。

「勉強でかなわぬのならダンスぐらいは・・」への8件のフィードバック

  1. うらやましい…練習後の1杯(●´∀`)
    私はいつも終電まで練習ですよ…
    こんど栃木でもいかがですか??笑

  2. 本当に若者のエネルギーには感嘆させられます。
    東大といえば社交ダンスの名門校と聞いていますが、ダンスも勉強もコツコツやるのが好きなんでしょうか?

  3. テーマとずれますが、hiroponさんの参加されている学連出身者の多いサークルはペアーでなくても参加できるのでしょうか?
    来春、東京に就職の決まっている知り合いの学生さんが、東京にいけば相手がいないし、ダンスできないかなあ、って言っていたので、一度お聞きしようと思って。

  4. そろそろ飲酒も完全解禁ではないのですか?やっぱり飲み会に出ている場合じゃないでしょうが。。

  5. ナイスなダンサーを山ほど輩出している東大は間違いなく名門校です。本当に若者の力には圧倒されます。残り少ない若さをかき集めて対抗しないと。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です