利き酒師合格

有言実行できました。

Do, or do not. There is no try.

■ 利き酒師 合格

正直、机での学習時間は10数時間程度ですのであまり負荷は高くありませんでした。むしろ重要だったのは「夏子の酒」「奈津の蔵」を熟読したこと(笑)

あとはひたすら実践です。

Do, or do not. There is no try.


Do, or do not. There is no try.

(自宅や、近所の日本酒のこだわりのあるお店にて勉強、勉強)

今回の受験を良いきっかけにして、引き続き興味をもって知識や経験を深めたいと思います。こうして「日本酒好きです」と公言してみると、情報や機会が集まってくる気がします。

これは色々と応用可能な気がする。

Do, or do not. There is no try.

(しかし・・・飲み会のネタにしては結構コストかかりますね)

■ 通信教材+受験費用  6万円
■ 関連テキスト購    1万円
■ 登録費用・初年度会費 6万円

・・・しめて 13万円ナリ。
(そしてこの期間に飲んだ日本酒は10万円以上)

楽しいから良しとします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です