本場マッコリ

羽田を発つこと空路で3時間、陸路で1時間弱。ホテルに荷物をおいて、カウンターで一息つけたのは21時過ぎ。

でも、近いものですね、ソウル。実家に帰るのと総時間ではそう変わらない程度。

Do, or do not. There is no try.

本日、夜の時間はフリーだったので、熟考のすえマッコリ・バーへ。ネットで宿から近い醸造所直送のマッコリ専門店を選択。

■ 自喜香

まずは自喜香ライト(8度)をオーダー・・・・さすがに香りよく美味い!韓国伝統酒界を代表する巨匠の作品だそうです。

Do, or do not. There is no try.

(ニラチヂミをつまみにしつつ、チビチビ・・もといゴクゴクと)

その後プレミアム(12度)を試し、清酒(日本酒のように透明なもの)など数杯試しつつ、最後は再び自喜香ライトで〆。 結局このライトだけで1リットル飲みました。。

通常の市販マッコリは10日間ほどで作られアルコール度数も6度程度に調整されているのですが、こちらは90日間の長期熟成でアルコール度数も高め、手間がかかっているとお店のお姉さん。

Do, or do not. There is no try.

(日本に短期で語学勉強にきたことがあるそうで、結構日本語達者)

洗練されたマッコリの味に、いつものドロドロな状態とは一味違うソウルナイトを満喫。結局たくさん飲んでしまうのは、一人でも、皆さんと一緒でも変わらずですけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です