ユナイテッドの悪夢とその処方箋

来ましたよ、3戦3敗。(W杯の話題ではなく)

今回、ヒューストン→ピッツバーグ→シカゴ→ヒューストンの旅程。全ての便が定時運行できず大幅に遅れてくれました。


(ある意味予想通りの展開か)

ひどいのが天候で遅れたという訳でもなく全て機材整備のため。(整備不良?)そこに機体は来てるのに飛べないとはこれ如何に。3件のフライトの合計遅延時間は8時間近く、まさに普通にいけば人生のロス。肉体的にも精神的にも苦痛。(仕事に影響ないように予定組んで良かった)

特にヒューストン戻りの便は、欠航になったら明日のいつの便が取れるのか??と考えつつシカゴ空港に夜はりつけになった為に一番痺れました。(結局、ヒューストンの自宅に帰りついたのは24時半過ぎ)


(B757の窓側の席の狭さありえない、殆ど右半身と右頭部が壁についてます)

しかし、前回NY出張から、空港での待ち時間と機内の修行時間の過ごし方を開眼。肉体は疲弊したものの、精神的にはかなりうまくやり過ごす事が出来ました。それは・・・・

■ バーチャル漫画喫茶モード

Kindleに事前に漫画を大量にダウンロードしておき、これを3時間や6時間の間、ひたすらむさぼり読む・・・これだけです。(自分へのご褒美タイムとして)

前回の出張では・・・

君に届け 21 (マーガレットコミックス)/集英社

¥432
Amazon.co.jp

(「君に届け」を21巻まで読了)

今回の出張では・・・

ベイビーステップ(20) (少年マガジンコミックス)/講談社
¥463
Amazon.co.jp

(「ベイビーステップ」を20巻まで読了)

たまーに行く漫画喫茶で、3時間パックや5時間パックで無心に漫画を読み漁る。あの感覚で外界情報をシャットアウトし無我の境地へ至る。

勿論、気力十分な時は、日経ビジネス読んだり、在庫理論の本で学んだりもしますが疲れてきたらバーチャル漫画喫茶モードに入るというスキルを身につけました。(アラフォーとは思えない仕事術??)
一つだけ問題が有るのが、Kindleで購入するのは定価な漫画なこと。20冊読むと8000円。いやはや、さすがアメリカ、国内出張もお金がかかります。(違う??)
まじめな話、米国駐在中は航空会社の低サービスに苦しめられると思うので、自分なりのストレス対処法をもってないと、出張が億劫になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です