任天堂のほぼ一人勝ち

2010年片付け宣言、引き続き継続しております。

今回手をつけたのはゲーム関係、ゲーマーの同居人ももういませんし。見回すと、Wii、DS、PS3、PS2、PSP、Xboxと多彩なゲーム機群・・(全部かしら)

まずは最近触った記憶がない本体とソフト達を売却へ。

IMG_7469.JPG

IMG_7166.JPG

残すのはWii、DS、PS3のみ、あとはバシッと売却の為にTSUTAYAへ。これは、SONY、マイクロソフトという世界の巨人を任天堂が打ち破った訳で!?

Xboxにいたっては、TSUTAYAでは買いとれない!といわれ、面倒なので店頭で処分(あげました)

もう捨て値で買い叩かれた感じで、、、合計で2万5千円の臨時収入ナリ。片付けでお金も増えるなんて、嬉しい。

■ 本 (ブックオフらないと) →1か所にまとめました。

■ 粗大ゴミ(古いテレビ、壊れたビデオ、古いプリンタ他)→ほぼ完了(テレビ、ノートPC以外)

■ 衣服 → 少し捨てました。まだいけるなぁ。

■ 食器、台所用品 →ほぼ完了。

■ レジャー用品(スキー、ゴルフ)→完了

■ 雑貨(居間の収納)→ほぼ完了

■ お金・保険などの紙類 →完了

■ 勉強グッズ(語学、会計等)→着手中、勉強方針を決めないと。

■ ゲーム機器 (不要なゲーム類は売るとか) →完了

「任天堂のほぼ一人勝ち」への2件のフィードバック

  1. PSPは売らないでほしかったですねー(>_<)

    PSPは、今出ている全てのゲーム機本体の中で一番の優れもだと思うのです。
    ゲームしかしないのであれば、ソフトの充実さではDSに負けたり、ポータブルの限界があるかとは思いますが、
    PSPって、ゲーム以外の機能が半端ないですよ。
    ネットやDVD再生はもちろんですが、「え!そんなことが出来ちゃうの?」が沢山あり・・・・・・・

    売ってしまったからしょうがないか。。。

  2. 3年後HIROPONの奥様が181CMの粗大ゴミを処分・・・・・

    そうならないように神仏にお祈りするのを我が家の日課にしておくね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です