一人の時間

我が家に、大学の部活同期のダツ一家が遊びに来てくれました。4歳と2歳の息子を連れた幸せそうな4人家族。

IMG_5018.JPG

息子達もすっかり大きくなって・・子供の成長は早いものですね。それにしても、男の子の腕白ぶりは、まさに想像以上。ある程度、保育園ぐらいの賑やかさかなぁとは思っていたのですが、

これは動物園です スマイル

IMG_5015.JPG

目を一瞬離したすきにあらゆるものをひっくり返しに駆け回り、お父さんが寝転がれば、、踏みに行く スマイル

ちょっと子供達をブンブン振り回しながら遊んだところ、次男のK君が大変興奮されたようで・・全裸モードに変化して大暴れ。

IMG_5016.JPG

さすが、H大競技舞踏部の末裔。裸族の血はしっかり受け継がれているようです。結局、奥様には申し訳ありませんが、2時間後、息子さん2人を連れて先に帰宅。

ようやく久しぶりに、ダツ君と酒を酌み交わすことが出来ました。共働きの彼の家の生活を聞けば聞くほど、まさに毎日が子育て戦争。一人の時間が全然取れないんや、という彼の顔は満更でもなさそうだけど。

そんな彼の最高の楽しみは、会社に行ってくるといいながら有休を取って過ごす年の4~5日。築地の場外市場なんかで美味しい昼食を食べて、銀座をブラブラして、映画鑑賞。楽しかった秘密の休日を思い出しながら、うっとりと瞼を閉じる彼の顔を見つつ、、

なんだか、ジ~~ンとしました 号泣

せめて、今宵は久しぶりの独身気分を満喫してもらおうと一緒に痛飲。一人の時間は足りないけど、家族の時間に溢れた彼の日々はきっと幸せなはず。さ~て、今は一人の時間に溢れた我が愛しき日々に戻りますか。

「一人の時間」への2件のフィードバック

  1. ホント、1人の時間がたっぷりです。でも、それも見方を変えれば贅沢な時間だってことを感じる、良い機会でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です