家飲み食堂〜若手飲み

30前後の単身の若手達は毎週のように集まって飲んでるそうなので、今度混ぜてもらえないか聞いてみたんです。

答えは・・「ちょっと無理っす。」でした。

もう若手じゃないんですね、自分。(まだ上の世代も沢山いるけど) なので、こちらから誘ってみました。

ご飯用意するんで遊びに来ない?・・と。

本日のメニューは先週の美食倶楽部飲みで用意したものをもう一度なぞりました。複数回作るほうが手順も整理され、味の再現性が確認できるので。

■ トマトとアボカド豆腐サラダ

海老を豆腐に変えてみましたが、これもさっぱりして良い。
モッツァレラにでもいいかな。

■ なすの揚げ浸し

茄子をイタリアンではなく、チャイナにしてみたところ、コチラのほうが皮も厚くなく、油でクタッとなった感じが合うような気がします。

■ 鮭の南蛮漬け

これ、完全に定番メニューに出来そうです。次は魚を変えてみようかしら。茄子を揚げた油で、次に鮭を揚げているので油効率も良いです。

■ 鮭ハラス焼き

鮭のお腹部分のフィレを買えば、ハラス焼きも出せるので一品増えます。南蛮漬けの鮭の皮の部分はバター醤油焼きにして朝食に食べました。

ここで久しぶりの・・・

■ 牛タン(5分茹でて皮を剥く前)

■ 上タン厚焼き

若手達はモリモリ食べてくれるので、料理の作り甲斐があります。あ、また寮のオバサン気分になってしまった。

■ 焦げカレー

2日間かけて作ったカレーを最後の最後で焦がしてしまいました。
もうスモーキーな香りに包まれて台無しです、みんな食べてくれたけど。

くくく、悔しい。(飲んでいるうちに火にかけたのを忘れてしまった)20時に開始し存分に食べて飲んで、最後は2時前に閉会。(勿論、全員我が家に予定通り宿泊)

10歳ぐらい下の若手達との楽しい時間で元気をもらえました。アラフォーも負けてられません。(早朝から爽やかに各自の予定に向かう姿をみて「負けた」と思いましたが。

■ 家飲み食堂(2014~) 7宴目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です