年収崩壊

今のところ僕の年収は頭打ちになっただけで崩壊はしていません。でも、5年後どころか、2~3年後はどうなるかなんて、確かに分からない。

格差社会を斬る人気経済アナリストの森永卓郎さんの著書。ベストセラーの「年収300万円時代~」の文庫版とセットで一気読み。

色々な意見があると思いますが、今の日本、特に都市部では年収300万では僕はしんどいと思います。人によって必要な額の違いはあると思いますが、ある程度の絶対額を確保した上で、身の丈にあった暮らしや、その人にとっての豊かな人生を求めることができるのではないか、と。

自分の場合だと、食費や本代や、ダンスに使うお金は削りたくない。でも、できるだけ「見栄」に属するような部分は節約したいと思っています。「年収崩壊」で指摘されている、効率良くて確実な節約方法が、固定費の削減。

わりと必要な手は打てている気がします。

● 住宅ローンの借り換え、繰り上げ返済

● 過度な生命保険、医療保険の解約

● 東京では車を持たない主義

でも、月収の範囲で生活できず、ボーナス月をあてにするサイクルなんで、これを何とかしないと。。生活費の3年分、少なくとも1年分は預貯金として確保する事が本書の中では推奨されてます。

今は生活費5か月分ぐらいしか手元にないなぁ。。貯筋生活に続いて、もう少し貯金生活も考えないといけないかも。。

ただし、最低限の日常生活を確保した上で、人生の幸せを得れるかは自分次第。森永先生が巻末で良い事をおっしゃっています。

例え世間のトレンドと違っても、自分なりの好きなものや、好きなことをみつけ、その喜びを分かち合える仲間とコミュニケーションを楽しむ。それがいちばん豊かな人生だ、って。

なるほどなぁ。

ブログを読み返すと自分が好きなもの、好きなことって明らかだから、後は仲間を探すだけだ!

■ 116/200冊(2008年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です