大腸ポリープが癌化する前にラッキー除去

米国で大腸内視鏡検査を受けてみたシリーズ最終回。(前回は→米国で大腸内視鏡検査

img_9882

3週間ほど前に受けた大腸内視鏡検査。検査中に見つかり即日切除した大腸ポリープの病理検査の結果を聞きに行ってまいりました。

検査後の説明書きによると、大腸ポリープというのは3種類あり、adenomas、hyperplastic、inflammatoryの中で、hyperplasticとinflammatoryであれば別に心配はないが・・とありましたが、先生からの説明は、どっちもadenomasだったよん、と軽い一言。

ん?それって、そのうち癌化する可能性のあるタイプの大腸ポリープだったってことじゃないですか!(adenoma=腺腫)

もともと53歳で事故で亡くなった父親が40代の頃から大腸ポリープをとるために定期的に検診を受けており、46歳の時点で切除したポリープの一つが癌化していた歴史があるので、要検査ではあったのです。(大腸ガンの中には高い確率で家族間を遺伝するものがあるそうです)

幸いに、大腸ガンはポリープ(腺腫)が癌化する前の段階であれば容易に切除可能なので、これから3年に1度は必ず大腸内視鏡検査を受け、ポリープが出来てきたら都度切除をしていくことが今後の人生のMUST DO LISTに加わりました。

今回、偶然に痔の便潜血が発端で見つかった大腸ポリープ2つも、あと10年も放置していたら癌化していた可能性が高いということで、冷や汗もの。

「こんな小さいうちにポリープを見つけて取ることが出来てラッキーだったねぇ」と爽やかに笑うDr.サンと思わず両手で握手しちゃいました。

さて、大腸ポリープが出来たら切ればよいといっても、予防出来るものであれば予防したい気も。調べると、過度の肉食と飲み過ぎ、食べ過ぎを避け、野菜をしっかり摂取して適度に運動をする・・・ということでした。なんかごく当たり前な健康生活のススメ、という感じです。

img_9865

(妻が得意の美味しいローストビーフ)

肉ばかり連続して食べずに魚もバランスよく食べる・・というのはちょっと米国生活ではハードル高く、食材コストも嵩みますが、命には変えられませんので今後励行したいと思います。

いやー、それにしてもラッキーでした。同じ遺伝子組成をもってそうな5歳下の弟にも早速アドバイス。

(関連バックナンバー)

■ →人間ドック2016
■ →米国で大腸内視鏡検査を予約
■ →米国で大腸内視鏡検査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です