読書量を見える化とはこういうことか〜読書メーター

2021年の新習慣として導入した読書メーターですが、すっかり本を読んだら一言感想を残すのがルーティーンとなりました。もう寝る前の歯磨きやこのブログ更新と同じ状態。。

継続の原動力は、やはり感想を残すと同じ作品を読んだ他のユーザー達から「いいね!」がついたりするのが楽しいから・・という単純な理由。

特に意見を交わす訳でもなく「いいね!」を送りあうぐらいの淡い交わりが良いのです。(キレキレの読後感想を残している人はどんな本を読んでいるかもやはり気になったりします)

そしてもうすぐ9ヶ月ほど続いて感じるのが、自分の読書量がしっかり見える化されている!という実感です。読んだ冊数は当たり前、驚きがページ数です。

自分の場合、2021年ここまでに読んだ冊数は143冊、これは1日平均で0.53冊ペース、読んだページ総数は40,122ページ。あなたは1日150ページ読む人だったんですよ・・と。(知らんかった)

まさかページ数を測ってくるとは。。確かに、読書「メーター」の看板通り。読書量を見える化するとはこういうことなのか・・と、勉強になります。

まずは1年継続を目指して、残り3ヶ月。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。