ロイヤルカリビアンクルーズ2018〜ダイニングの実力は?

引き続いてのロイヤルカリビアンのクルーズ振り返り。

やっぱり船に飲み物、ときたら次は食事。気になるダイニングの実力値は?というところ。なんといっても船の旅の楽しみといえば食事の時間です。

(初日のメインにいただいたプライムリブ)

今回は17:30〜で夕食の予約が出来ていたのですが、少々わからなかったのがそのシステム。乗船初日に船尾のDeck 3〜5に広がる巨大なメインダイニング受付で乗船客の皆さんが何やら並んで交渉の様子。人もはけた頃に担当の人と会話すると、テーブルを予約するか?と聞いてきます。

(こちらはニューヨークストリップ)

時間と席の確定は別なのか・・と思いつつ4人がけテーブルをDeck 3の良い場所に取ってもらいました。その後、今回のクルーズでご一緒した友人Y家の状況と比較すると、どうやら食事の時間を決めないグループ(予約無しで毎回ウォークインで席が空いたら食事する)、食事の時間は決めるがテーブル位置を固定しないグループがある模様。(間違っているかもしれませんが・・)

(ロブスターの日も、一人で何尾も食べる猛者もいるそうな)

ディズニークルーズでは3箇所あるダイニングへの割り振りと時間が完全に決まっていたので、これよりは選択肢が多いともいえますね。

今回のロイヤルカリビアンでは、メインダイニングは1箇所のみ(巨大ですが)、コースではなくDeck 11のブッフェに行くことも可能。ディズニーワンダー号では追加料金を払って行ける上級レストランが1つだったのが、今回の船では3箇所もあるので、これもドリンク同様に有料なれど選択肢が多いともいえますね。

(ショートリブの煮込みはなかなか)

そして肝心のダイニングの味ですが・・・悪くない。それどころかサービスも決して悪くない。味だけに絞るとディズニーより少々上な気もしました。勿論毎日のメニューの中では当たり外れがあるのは同じですが、十分楽しめるレベルにあるのではと思います。(米国生活5年目で基準が緩くなっていることは鑑みつつ)

(タラのフライはイマイチ、これぞ悪名高きフィッシュ&チップスの片割れです・・)

我が家は今回のクルーズでは、娘達の託児システムがディズニーのように充実していなかったこともあり、追加費用を払って予約するデラックスダイニングには参加せず。計7回のディナーは、5回をメインダイニングで、2回をブッフェで頂きました。

あ、1回だけ7日目に、大人1人32ドルの追加費用を払ってシャンパン飲み放題がついたブランチには参加。キッチンの裏側をちょっと皆で見学して、昼から飲んじゃおう的な企画、ボトムレスなんちゃらに。

ミモザを勧められる中で初志貫徹、シャンパンを5杯頂き満足。

(料理は前菜以外にはメインが4択、これはフィレ)

そういえば前回クルーズでは何を血迷ったのかクルーズ中に糖質制限にチャレンジしたのですが(〜クルーズ中に糖質制限)、今回は自由に食事。体重は乗船時と下船時でトントンという結果でした。ほぼ毎食デザートに手を出していた割には悪くない。

(アップルタルトがやみつきに・・)

まぁ乗船時に既に人生最高体重だったから、というのが大きな理由なんですが。(人は急には太れないし・・急には痩せれない)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。