ビジネスパーソンのコンシステンシー

ビジネスパーソンの端くれとして大事にしたいと以前より考えているキーワードの一つがコンシステンシー。コンクリートの特性、柔らかさを表す言葉でも使われるみたいですが、使いたいのはこちらの記事にもある「堅実さ」の語感で。

この記事では、長丁場のベースボールのシーズンで80点ぐらいの実力で出場を続けられる選手が監督には重宝されるとして、イチローがメジャーで尊敬される理由としても、その頑健さ、安定性ゆえ・・とコンシステンシーについて綴られてます。

これはベースボールに限らずビジネスの世界でも同じで、コンスタントに持てる能力を発揮し続けながら、ココロとカラダの体調を崩さず働き続けることが出来ることはビジネスパーソンの一つの強みと考えています。

肝心な時に、風邪だ熱だと体調を崩して休みがちでは安心して仕事をまかせることも出来ません。そもそもマネージャーならば自己管理こそしっかりすべき。

先回りしての体調管理はまさに自己管理の一丁目一番地。季節の変わり目、寒暖差、おまけに時差もある出張続きとなれば、放っておけば体調が悪くなるのも当たり前。こんなときこそ万全の体調管理を・・と思うわけですが、キタ・・・風邪の前兆。やや微熱があるような感じがして、喉が痛いのが今週前半。

おまけに前週末に一緒に過ごしたメンバーのうち、すでに2人が週末にインフルエンザを発症。風邪のみならず、インフル罹患の疑惑ですと・・。

インフルエンザは前回発症が2009年1月と大分と前。体調(免疫機能)さえ良ければ、少々のウィルスごときにはやられない・・というのが持論ですが、風邪ぎみな状態でウィルスに晒されたとなると、これは自分もやられたか・・・。

2日間ほど不安な日々を過ごしましたが、とにかく栄養補給と睡眠確保を優先した結果、風邪の発熱もなく、インフルエンザ発症の兆候もなく無事に乗り切ることが出来ました。今回も有言実行で行けてよかった・・・(結構あぶないところでした)。

ただ、風邪気味だったのは間違いなかったようで、家族にはしっかり風邪菌をうつしてしまい、バイキン扱い。この風邪はどこでもらってきたのかなぁ、東京かなぁ、NYかなぁ、、すみませんでした。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。