ジャック・ライアン〜海外ドラマ視聴メモ

ずいぶんと久しぶりの海外ドラマ。

日本で暮らしていた頃はTSUTAYAで海外ドラマを借りて妻と観ておりましたが、なぜか海外(米国)で暮らすようになって4年半、ドラマは殆ど観ておりませんでした。ここが本場なのに。

これはテレビが娘達のYoutube再生機になったから、というのが大きな理由だと思います。自分、TVはこちらの生活ではほぼ観ておりませんし、最近は映画も出張時の機内か映画館で見る程度。

それがAmazonからのオススメPrime Videoのメールを眺めていて懐かしいジャック・ライアンの名前を発見、思わず鑑賞しはじめて久しぶりにドラマの魅力を再確認。そう、すぐに終わりが来ない、続きのある楽しみ。(なかなかに時間食い虫ではありますが)

本作ジャック・ライアンはAmazon Videoが製作したオリジナルドラマ。Amazonの独自コンテンツを観たのはこれが初めてですが、しっかりとした出来で驚きました。

トム・クランシーが書いた一連のジャック・ライアンシリーズの基本的な設定をもとに、時代は現代に移した本作。CIA分析官として働く若き日のジャックの活躍が、原作の小説ファンにはたまりません。知性溢れる一方、かなりマッチョに描かれているのもイイですね。

原作となる小説は、日米開戦から合衆国崩壊あたりのジャックが大統領に就任したとこで読む手が止まっておりました。調べると、その後も数作品が刊行され、さらにトム・クランシーご自身が2013年に亡くなられた後は共著者に引き継がれてまだ続いているのだとか。

あの分厚い本を英語版で読む気にはなりませんが、また手に取ってみようかなぁ。。(それまで購入していた本は2011年に捨ててますが→片付けはトキメキが大事

そう、そして海外ドラマ。英語字幕で観ると、やはり英語の訓練としては有用な気がします。海外ドラマで英語耳・・などと言いながら以前はもっぱら海外ドラマを日本語字幕で観ていた気がしますので、英語をキャッチする耳の力が上がったのかもしれません。(上がっていないと困りますが)

ちょっとあらためてスタートしてみようかしら、海外ドラマを英語字幕で観ようプロジェクト。英語学習を楽しみながらやろう、のコンセプトで。(単にあなたの娯楽目的でしょという妻のツッコミが入りそうですが)

ジャック・ライアン、海外ドラマ視聴再開を決めるのにふさわしい作品でした。これはオススメです。

■ 海外ドラマを英語字幕で観よう・・0008/1000

・ジャック・ライアン シーズン1 全8話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。