日本のごく日常レベルの海鮮力が半端ない

先日の一時帰国中の画像を整理していると、日本のごく日常レベルの海鮮力が半端ないことが再確認できました。米国で見るから尚更・・いうことかもしれませんけども・・

でも・・・

到着日に妻の実家で、ママが用意してくれた得意のちらし寿司。

持ち帰り寿司(美登利寿司系)なんですけど、何このクオリティ・・

ヒルトン小田原の朝食ブッフェですら、海鮮ミニ丼製作可能。

そして帰国前夜の家ごはん。留守番の我が夫婦にて近所のスーパーで買った海鮮食材で自家製刺身てんこ盛り。

(この品のない盛り付けぶりが魚介への渇望を表してますね)

これでもかと各種類を大人買いましたが5千円弱かなぁ、庶民のスーパーオオゼキですし。マグロ二種類(中トロ刺身盛りと赤身切り落とし)、マグロ中落ち、鯵にハマチ、エンガワにサーモン、ツブ貝に青柳。

イメージしたのは札幌のてっちゃんの舟盛り(→てっちゃん〜驚異の舟盛り)。全然このレベルには達してませんけど。

米国に戻ってからのこの2週間ほどで一度も生の海鮮なんて食べておりませんし。もういまから次回の日本帰国が楽しみです・・(と妄想)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。