パーティーシーズンでの気づき

12月はパーティーシーズン。NYとヒューストンの職場のホリデーパーティーはどちらもブラックスーツに蝶ネクタイで参加。

この時は昨年妻にプレゼントしてもらったシルバーのもの。

以前は単純な黒の蝶ネクタイだけですと給仕の方と間違われるという事態が頻発したため(日本でですが)、最近は少しだけ変化をいれるようにしています。

今回もシャツを買い足す時に、ちょっと風合いの違う黒の蝶ネクタイや、ラペルピンを週末に時間があったので買い足してみました。(使う機会は年に一度ぐらいしかありませんが・・)

妻のドレスの赤に合わせてラペルピンを。これいいかも。(娘達はご近所の友人に預けて夫婦でパーティーへ・・・)

それにしても僕の一張羅達のタキシードもブラックスーツも(最近試していなけどきっと燕尾服も)全て中身パンパン。これ以上1cmの成長(膨張)も許されない感じです。

毎年パーティーシーズンになると体感する貴重な気づき。

自分に服のサイズを合わせるのではなく、服のサイズに自分を調整していかなくては・・・

次回計測・・・年末のクルーズ中での正装機会。そこまでに少しでも腹やらなにやらを引っ込めないと・・・(顔も最近パンパンですし・・・)

それにしても〆ラーメン記事に続くと、因果関係が明白。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。