家飲み71宴目〜ワイン会からの孤独

3連休となった週末の初日は恒例の家飲み。ご近所のY家とM家に顔合わせして頂こうという企画です。実は3家族で年末のディズニークルーズの日程が同じなのです。

>67宴目〜濃厚アクアパッツアと砂肝のしっとりコンフィ
>70宴目〜優雅に紅茶〆、実態は炉端焼き会

(本日の妻のテーブルセッティング)

(こんなものが前からあったのか・・)

家飲み当日朝に妻がFBを確認して、なんとY家のMちゃんが本日誕生日であることを発見しサプライズ企画スタート。プレゼント班とケーキ班に分かれ、いきなりお祝いさせて頂きました。

画像小さいですが・・Yさんお手製の素晴らしい手作りケーキ。びっくり&喜んでもらえて良かった〜。

本日の料理は各家庭で分担、なおかつ泡、白、赤をそれぞれ用意するというワイン会的な趣向。

我が妻のディップ3種、カポナータ、鶏ハムにはスペインのカバを併せました。ボトルの雰囲気だったらホストクラブでもキャバクラでも通用しそうな押し出しのきいたこちらの一本。

(ちょっと見た目が格好良くないですか!?)

続いてY家からは前回もご馳走頂いた濃厚アクアパッツァと烏賊料理一品。これに併せる白は、僕も大好きなプリズナーカンパニーの白ワインBlindfoldと、珍しいテキサスの白リースリング。

そして私が1.5キロほど久しぶりに揚げた北海道ザンギに併せ頂いたのは、M家渾身のフランスの赤はSaint-Julien 2008。こんな高級なワイン飲むのいつぶりかしら・・。(猫に小判、我が家に高級ワイン・・ですが)

他にも妻の熱々コーンスフレ。

M家のひつまぶしダシ茶漬け。

止めのティラミス・・・

飲んで食べてで大忙しの幸せな宴となりました。

皆で料理もお酒も持ち寄りというと呼吸が合わないとうまくいかないものですが、そこはメニューを事前に調査しバランスをみた上で泡白赤を割り振った妻の段取り力と、各家の持ち寄り料理のクオリティが上手く揃った結果なのではと思いました。

ついつい楽しくなって、秘蔵していた百年の孤独を食後酒として最後に開けました。百年どころか直ぐに空きました・・・(皆さんお酒強い・・・)

本日の酒量を見える化。泡2本、白2本、赤1本、そして百年の孤独1本。ビールもチェイサーで数本。締めの孤独にしてやられたのか久しぶりに翌日はほぼ終日の二日酔い。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。