お江戸本

2013年、最初に手に取った小説が「菜の花の沖」。
全6冊、存分に楽しませて頂きました。

菜の花の沖〈5〉 (文春文庫)/文藝春秋
¥660
Amazon.co.jp
菜の花の沖〈6〉 (文春文庫)/文藝春秋
¥660
Amazon.co.jp

終盤のロシアのリコルド船長との親交、心の交流は読み応えあります。それにしても嘉兵衛は大したオトコです。 感動。

読み進める中で、江戸の身分制度や、町人の暮らしなどに興味増大。そこで続いて江戸人情系を手にとってみました。

損料屋喜八郎始末控え (文春文庫)/文藝春秋
¥610
Amazon.co.jp
赤絵の桜―損料屋喜八郎始末控え (文春文庫)/文藝春秋
¥530
Amazon.co.jp
粗茶を一服―損料屋喜八郎始末控え (文春文庫)/文藝春秋
¥530
Amazon.co.jp

さすが山本一力先生。市井でまっとうに生きる人達を活き活きと描き、粋な生き方というものを考えさせてくれます。

粋な男になりたい。

■ 14冊 (2013年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です