FEヒーローズ

2017年2月の月次目標は一ヶ月間PS4禁止でした。(→大人にゲーム習慣は不要?

さすがにいい大人ですのでさほど苦も無く目標を達成。・・・しかし、少々後ろめたいのはPS4禁止=ゲーム習慣を完全に抑制とはならなかったこと。

我らが任天堂のスマホゲーム第二弾、ファイアーエンブレムヒーローズが2月2日にリリースされました。そりゃ、ダウンロードしますよね。。

昨年12月にリリースしたスマホゲーム本格参入第一弾となるスーパーマリオランが無料お試し&1回だけの買い切りゲーム(1,200円ぽっきり)だったのに比べ、本作は初の「ガチャ課金」ゲームだったので、どのようにゲームバランスが設定され、運用されるのかに興味が集まりました。

*ガチャ課金とはお金を払ってゲームを進めるのに有利なキャラやアイテムをランダムに入手していく仕組みで、殆どのスマホゲームで採用されている一方、一部の人達が物凄くお金をつぎ込むことが社会問題となったりもしています。(射幸性を煽るという批判が・・)

例えるなら、キラキラのビックリマンチョコシールが欲しいあまりチョコを箱買いしちゃう人が出ちゃう状況で、昔から決して珍しいことではないと思います。問題は子供・・というより、箱を買えちゃう大人がはまってしまうことだとも。(子供よりタチが悪い)

オリジナルのファイアーエムブレムシリーズといえば、大事に育ててきたキャラが死ぬと、はい、それまーでーよーというシビアな設定だったため(少なくとも初期のシリーズ作品は)、あと少しでクリアという時に誰かが殺されては泣く泣くリセット・・を無限に繰り返した思い出があります。

今回はライトなスマホユーザー向けですので、画面は一画面で固定、一回のバトルで登場するキャラも4〜5体と少ないのでサクサク進むターン制の手頃なシュミレーションに仕上がっています。過去のシリーズのキャラが英雄として登場するので、コレクション要素もあって楽しい感じ。

しかし、ノーマルでストーリーモードを一巡し、ハードで9章まで進め、ルナティックで7章まで進め、一番レベルが上のキャラがLV35ぐらいになったところで行き詰りました。・・現在の手持ちキャラのメンツではこれ以上はクリアできない・・・やはり有力キャラの☆5つ(レア)が欲しい・・・・

新しいキャラを得るために召喚(ガチャ)を行うにはオーブというアイテムが必要で、これがまさに有料で売っている訳ですが、毎日2個ずつは今のところリリース記念という名目で配給されてます。10日貯めて20個にすれば5回召喚(ガチャ)を行うことが出来ます。他にもオーブをもらえるミッションがたまに公開されたりしますので、今のところはこれで何とか。

ただし、☆5つのレアキャラの出現率はわずか3%。(現在☆5つのキャラが2人います、多分40回引いて当たり2回のイメージ。まぁまぁか・・)

■ FEヒーローズへの課金禁止(切りがないから)

課金せずともそれなりに楽しめる設計&バランスとなっているのは、さすが子供の味方、任天堂です。しかし、果たして現在のオーブの値段設定は本当に子供に優しいのか?

ちなみにオーブを最大の140個まとめ買いした場合の値段は8,800円。これで35回召喚(ガチャ)が出来る訳ですが、3%の試行を35回したところでそう当たらない気がします。1人でも当たる確率は0.97の35乗を1から引くのだから65%。逆に言えば35%の確率で全部外れ。なんといっても毎試行ごとに確率3%ですからね。絶対当たりが含まれてそうなリアルガチャとは訳が違います。

救済策として5回連続で☆5つが出ないと0.5%ずつ確率は上昇していき、120回連続で☆5つキャラが出なかった場合は、5回連続で☆5つのキャラが出るそうです。・・・でも120回引くのに2万6千円とかかかる訳で、それなら普通にゲーム機の本体とか買うわ・・という話。

そんなことを考えながら寝る前にしばしFEヒーローズをプレイするのが習慣化してしまい、PS4禁止の目標は達成できたものの、少々後ろめたい訳です。

さて、オーブ20個貯まったから今週の運試し(5回召喚)しようっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です