読まない、読めない? 日々

米国生活1ヶ月、恐るべきことに読んだ本はわずか2冊!
これって人生最高(最小?)記録かも。(除く乳児期)

これはブログの看板から「よく読む」を下げないと嘘になっちゃうなぁ。

民王 (文春文庫)/文藝春秋
¥670
Amazon.co.jp
「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー (新潮文庫)/新潮社
¥529
Amazon.co.jp

もう5冊ほど手荷物&航空貨物で届いた本があるのですが、なんか勿体無くて。船便でダンボール2箱分届くので、その頃には少し気持ちに余裕がでるかも。

調達した本をまとめて輸送できる最後の機会は妻子の渡航時の船便。この本を読みきった後は・・・ヒューストン日本人会の図書館で借りるか、、NYの本屋で数倍の値段で買うか、、いずれにせよ本の虫には厳しい世界に。

正直、イマイチKindleは好きになれません、活字を追うのは一緒なんですが。紙の手触りがないと物足りないというか・・・やっぱり英語の活字を読めるようにならないとまずいのか。。。
するとHOBBYの域を超えてしまうような。。

とりあえず、NY出張の機中用のご褒美に2冊ほど文庫本をもっていきます。米国の国内便のつまらなさといったら、自分が貨物な感じがするぐらい底辺なので。

■ 33冊 (2014年)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です