2012年の読書生活

2012年の読書量は170冊。

冊数だけでみれば、この5年間の中では一番量が少ない結果に。年初に、2012年濫読プロジェクト終了宣言してみた のですが、読書習慣に大きな変化無し。

特に目標に引きずられるわけでもなく、ただ読みたいから読むとこのぐらいの数で落ち着く模様。ドラクエ10の累計プレイ時間が100時間だったので、この100時間=30冊未読という可能性も。。可処分時間の使い道という観点では。

ただ、読書環境は年々悪化しており、家族行動の際に本を読む姿には妻からNG出されまくり。妻の立場で考えると、もっと娘や私をケアしなさいというごもっともな指摘ゆえ不満も言えず。

ということで、おとーさんが気兼ねなく読書が出来る時間は最近では通勤時間のみ。最寄り駅ホームで切りの良いところまで読書しているのはここだけの秘密。

今年の読書を振り返ると・・・・

1. 獣の奏者シリーズ4冊が最高だった!
2. 北方水滸伝19冊が泣けた!
3. 有川浩に出あって過去著作一気読み

などなどの事件がありましたが、ベストワンを選ぶならこの一冊ですね。

美味礼讃 (文春文庫)/文藝春秋
¥740
Amazon.co.jp

未読の方には、是非ご一読をお勧めします。その他にも、ワイルドスワンや下町ロケット、ロスジェネなんかは相当面白かったです。おっと、2012年のラスト5冊はコチラ。

なぜマッキンゼーの人は年俸1億円でも辞めるのか?/東洋経済新報社
¥1,575
Amazon.co.jp

すっかり自分はサラリーマン志向で思考だなぁとしみじみ思う。せめてビジネスマンにならないと。。

モンスター (幻冬舎文庫)/幻冬舎
¥760
Amazon.co.jp

美しいってことはナンなのかと考えるのに良い一冊。整形もありかも。

SOSの猿 (中公文庫)/中央公論新社
¥660
Amazon.co.jp

あるキング系。不思議な読後感、でもまた手が伸びてしまう気がする伊坂作品。

クアトロ・ラガッツィ (上) 天正少年使節と世界帝国 (集英社文庫)/集英社
¥980
Amazon.co.jp
クアトロ・ラガッツィ 下―天正少年使節と世界帝国 (2) (集英社文庫 わ 13-2)/集英社
¥900
Amazon.co.jp

読み物ととしてはイマイチな気がしますが、歴史考察が好きな方には良い一冊なんでしょう。2013年はもう少し歴史モノを増やしてこちらの器を鍛えなくてはと思いました。

それにしても読書とはなんてお手軽な娯楽なんでしょう。
娘には是非伝えたいです「読書習慣」スキル。

■ 170冊 (2012年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です