最近の読書

職場のデスクのはじに「お勧めビジネス書コーナー」を新設。ビジネス書を常時20冊ぐらい、毎月4冊ぐらいを入れ替えつつのイメージで。

とりあえず最近読了した中でよかった新刊を中心に、それだけでは足りず本棚からド定番も含め少しずつ職場に運んでます、1、2冊ずつ。(ついでに読み返したりしながら)

読書習慣など、人様に強いるものではありませんので、押し付けすることはなく、ただ1冊1500円ナリにまだ抵抗がある若手への啓蒙がてら。そういう自分がここのところビジネス書読んでませんけど。

ぼくはお金を使わずに生きることにした/紀伊國屋書店
¥1,785
Amazon.co.jp
松浦弥太郎の新しいお金術/集英社
¥1,260
Amazon.co.jp
フリーター、家を買う。 (幻冬舎文庫)/幻冬舎
¥680
Amazon.co.jp
永遠の0 (講談社文庫)/講談社
¥920
Amazon.co.jp
プラチナデータ/幻冬舎
¥1,680
Amazon.co.jp
あるキング (徳間文庫)/徳間書店
¥620
Amazon.co.jp

生き方やお金への向き合い方のヒントを探してみたり、定番作家の皆様の文庫化作品をチェックしたり。なかでも「永遠のゼロ」は、米国出張中に読んだので世界に入り込む気持ちもひとしお。

圧倒的な米国との物量の差を前にしながら、非資源国のニッポンが兵士達の命を使い捨てした矛盾。どのような国を目指すかをあらためえて考えるべき今だからこそ思うものがあります。

■ 119冊 (2012年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です