趣味は読書なのか

趣味は読書とこたえるのに抵抗を感じるときがあります。だって食事をしたり、歯を磨いたりするのは趣味じゃないですよね。

水滸伝 15 折戟の章(集英社文庫 き 3-58)/集英社
¥630
Amazon.co.jp
水滸伝 16 馳驟の章 (集英社文庫 き 3-59)/集英社
¥630
Amazon.co.jp
水滸伝 17 朱雀の章 (集英社文庫 き 3-60)/集英社
¥630
Amazon.co.jp
水滸伝 18 乾坤の章 (集英社文庫)/集英社
¥630
Amazon.co.jp
水滸伝 (19) 旌旗の章 (集英社文庫)/集英社
¥630
Amazon.co.jp

かれこれこの2ヶ月間、どっぷりと漬からせて頂きました北方水滸の世界。何を志に掲げて、人はどう生きて、どう死ぬか、そんなことを考えつつ貪るように読みました。

最終19巻をどう読んでも、続き読めとしか思えない終わり方にはやや疑問を感じつつ、2ヶ月ほど手を止める事に。 (偏り過ぎないように)

死神の精度 (文春文庫)/文藝春秋
¥570
Amazon.co.jp
陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)/祥伝社
¥660
Amazon.co.jp
陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫)/祥伝社
¥690
Amazon.co.jp

伊坂幸太郎さんの著作も文庫になったものはほぼ読んでいます。毎度ながら、独特の世界観とオーケストラを思わせる緻密な構成がたまりません。

風俗行ったら人生変わったwww/小学館
¥1,365
Amazon.co.jp

電車男のようにはさすがにブレイクしないかなぁ。晋作君は本当に実在するのだろうか、そこが一番気になりました。

なまら北海道だべさ!! (双葉文庫)/双葉社
¥600
Amazon.co.jp

普段はさほど強く意識しませんが、完全に自分は道産子のようです。

■ 96冊 (2012年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です