ラノベ三昧

ライトノベルの定義というのは明確ではないようですが、若年層を対象にした娯楽小説、、

という感じでしょうか。 自分も中学~高校生あたりで沢山読んでおりました。

三匹のおっさん (文春文庫)/有川 浩
¥730
Amazon.co.jp

店頭で気になったので思わず手に取ったこちらの文庫。 (おっさんの言葉に惹かれたのかも)

著者の有川さんはライトノベルご出身だそうですが、いやはや見事な大人の読み物ですよ、これは!! 久しぶりに著者縛りの大人買いからの一気読みが発動開始。

この数年でも、垣根涼介さんや真山仁さん、海堂尊さんの作品は出会ってから一気読みの過去。

阪急電車 (幻冬舎文庫)/有川 浩
¥560
Amazon.co.jp
レインツリーの国 (新潮文庫)/有川 浩
¥420
Amazon.co.jp

この2冊を読んだところで、やはり執筆順に読みたくなり、自衛隊三部作に着手。

塩の街 (角川文庫)/有川 浩
¥700
Amazon.co.jp
空の中 (角川文庫)/有川 浩
¥740
Amazon.co.jp
海の底 (角川文庫)/有川 浩
¥740
Amazon.co.jp

有川作品、萌えます、しびれます。

図書館戦争シリーズも既に購入済みで読み出すのが今から楽しみ。現在までの自分ランク1位は「空の中」。 (どれもそれぞれに面白いけど)

■ 52冊 (2012年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です